【横山剣CKB】愛車の旧車カワサキZ1クレイジーケンバンド仕様

この記事は4分で読めます

【横山剣CKB】愛車の旧車カワサキZ1クレイジーケンバンド仕様

あわせて読みたい記事:【佐田正樹】愛車カワサキZ750FXフェックス佐田ビルダーズ仕様

あわせて読みたい記事:【大島由香里】愛車のカワサキ・ゼファー1100のスペックと価格

あわせて読みたい記事:【特攻の拓のバイク】音速の四天王の人物と愛車スペックと中古車価格

アーティスト「CKB」、「イーネッ!」、「タイガー&ドラゴン」で有名な「クレイジーケンバンド/横山剣」さん。根っからのバイク、車好きは有名でアルバムの曲や作詞、ジャケットに登場することもあります。今回は、「横山剣」さんの愛車である「カワサキ・900SuperFour(Z1)」に注目です。


「横山剣さんのプロフィール」

  • 名前:横山 剣(よこやま けん、本名:横山 正佳(よこやま まさよし)
  • 生年月日:1960年7月7日 (本当の誕生日は7月6日)
  • 職業:日本の歌手、作曲家、プロデューサー。クレイジーケンバンドのボーカルであり、レコード会社「ダブルジョイレコーズ」の代表取締役。自称東洋一のサウンドクリエイター、通称“crazyken”。
  • 出身地:横浜市出身・在住
  • 血液型:B型
  • 身長:175cm
  • クレイジーケンバンドにおける経歴:1997年にクレイジーケンバンド(略称CKB)を結成。
  • 1998年にアルバム「PUNCH!PUNCH!PUNCH!」でデビュー。テレビやライブ活動を通じて徐々に全国的な人気を博す。
  • 歌の途中で入れる「イーネッ!」という独特のフレーズを持っている。このフレーズは、横山が幼少時によく遊びにいった、彼の叔父の得意なフレーズを元にしている。
  • 横浜市中区出身で、現在も本牧に住み、地元に密着した音楽活動を行っている。横浜市資源循環局のプロジェクト「ヨコハマはG30」(平成22年度のゴミ排出量を平成13年度比30%減を目標にするプロジェクト)のテーマソング「いいね!横浜G30」の作曲を担当(作詞は一般人)。また横浜市立みなと総合高等学校の校歌の作曲を担当(作詞は同校の生徒)、SMAP・TOKIO・ジェロ・和田アキ子・松崎しげるらに楽曲を提供するなど音楽活動に精を出す一方で、雑誌連載などの執筆活動、ラジオDJなども並行して行っている。
  • 基本的に楽曲提供は作詞・作曲ともに行われる(そのバックの演奏をCKBが務める場合も多い)が、1990年代に職業作家としての活動を志向していた時期には作曲のみ提供することが多かった(友人でもある作詞家・山田ひろしとのコンビ作が目立つ。2008年発表のCKBのアルバム「ZERO」収録の「Lookin’ your eyes」は、この時期に2人で作っていた作品)。珍しいケースとして、高橋克典に提供した「男の美学」(テレビ朝日系ドラマ『特命係長 只野仁』挿入歌)は作詞のみ(作曲は小久保淳平)である。
  • また、NHK教育テレビの幼児向け番組・ピタゴラスイッチの「おとうさんスイッチ2」というコーナーに娘とともに出演したことがある。その際、本名の横山正佳でクレジットされた。
  • 2005年「タイガー&ドラゴン」で紅白歌合戦出場を打診されたが辞退している。

「横山剣さんの愛車カワサキZ1」

あわせて読みたい記事:【中尾明慶】 愛車の1980年式カワサキZ750FXのスペック

クレイジーケンバンドの「横山剣」さんの愛車のバイクは「カワサキ・Z1(900 Super Four)」です。外装はカスタムペイント、エンジンは1015ccボアアップ、ピストンはワイセコ製、KIJIMA製エンジンカバー、ヨシムラVM29キャブレター、BRC製集合管マフラー、モリワキ製スイングアーム、CIBIE製ライト、KONI製サスペンション…etc。


「カワサキ・900SUPERFOUR(Z1)」:概要

あわせて読みたい記事:【市原隼人】愛車のZ1・カワサキ900superfourの仕様

世界最速の座を4ストロークエンジンでも狙うべく、カワサキが進めていたプロジェクトから誕生したモデルが通称Z1。開発当初は排気量750ccだったものの、1968年のモーターショーで、ホンダが量産市販車初となる空冷4気筒モデル「ホンダ・CB750 Four」を発表し、それを超えるインパクトを市場に与えるため、新たに900ccエンジンへと仕切り直されたということです。そして1972年、前代未聞のビッグバイク「Kawasaki 900 SuperFour」通称“Z1”が登場したのでした。Z1という呼び名は、1973年に登場したZ2に対してつけられた呼称である。その車名に関された“Z”の由来は「最高にして最後のもの」という意味からアルファベットの最後の文字が与えられたことによる。また、当時カワサキでは新開発車にステーキ名を付けていたことからZ1はアメリカで「特大」を意味する「ニューヨークステーキ」の愛称が付けられていました。当時としては画期的なDOHCを採用し、排気量は世界最大の903ccとなり、82馬力のスペック。もちろん量産市販車として初の快挙であり、発売後間もなく、Z1は世界中で人気を博すモデルとなりました。スクエアのボアXストローク、ドーム型燃焼室、直押しタイプのバルブ、組み立て式クランクシャフト、1100ccまでのボアアップに耐えられるクランクケースなど、Z1はカワサキの技術の粋を集めて開発されたモデル。後に“火の玉”と呼ばれるカラーリングを採用したティアドロップタンクや、スタイリッシュかつ挑戦的なシルエットのテールカウル、4気筒を誇示する4本マフラー、砲弾型のメーターなど、細部にわたるデザインを見ても、非常に斬新なもの。また4ストローク、排気量903ccのDOHCエンジンを搭載し82ps/8500rpmをほこるパワーはゼロヨン12秒、最高速209km/h以上と、世界一のデータをたたき出すことに成功。速いだけではなく、何よりも乗りやすく、タンデムでも高速巡行が可能なマシンとしてカワサキの名車となっています。


「カワサキ900SUPERFOUR(Z1)」:スペック

  • エンジン形式:空冷4ストローク並列4気筒DOHC2バルブ
  • 内径×行程(総排気量):66.0×66.0㎜(903cc)
  • 最高出力:82PS/8500rpm
  • 最大トルク:7.5kg-m/7000rpm
  • ミッション:5速リターン
  • ブレーキ形式前・後:ディスク・ドラム
  • 全長×全幅×全高:2200×865×1170㎜
  • タイヤ前・後:3.25-19・4.00-18
  • 燃料タンク容量:18ℓ
  • ホイールベース:1490㎜
  • 乾燥重量:230kg

「カワサキ Z1」:モデル一覧

あわせて読みたい記事:【千原ジュニア】愛車バイクのホンダCB750FOUR改K0仕様

1972年モデル(Z1):カワサキが世界最速の威信をかけて生みだしたZ1のデビューモデル。スムーズかつパワフルなDOHCエンジンと美しいスタイルで市場を席巻した。この初期型でフレーム番号の若い車両はプレミア付きの高値となっている。現在では最初期モデルは1000万円オーバー。

1973年モデル(Z1):この年Z1の登場から遅れること1年で排気量を746ccとしたZ2の国内版亮が開始された。Z2同様シートベルトが装備された欧州仕様のイエローボールカラーのZ1。この年式までブラックペイントされたエンジンを搭載する。

1974年モデル(Z1A):前期モデルのカラーイメージを踏襲したオレンジとイエローの通称「タイガーカラー」にグラフィック変更を受ける他、エンジンがアルミ地肌のシルバーとなる。中古車相場ではこの年式を境に前期と後期で若干の価格差がある。

1975年モデル(Z1B):グラフィックはそのままに、マルーンとブルーの通称「玉虫カラー」へカラーチェンジされた他、サイドカバーエンブレムのデザイン変更を受ける。中古車市場で台数が多いZ1B。近年、特に青玉虫カラーが人気。

1976年モデル(KZ900):北米仕様のKZ900、欧州でZ900の名前で発表されたZ1からのマイナーチェンジモデル。Z1こ比べると中古車相場も安値であり、基本骨格やエンジンは同一であるためZ1仕様を作るのも良い。ただしタンクは外プレスタンクとなり、Z1と異なる。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

カテゴリー

芸能人

特集・まとめ

ランキング記事

管理人:CIMASHIMA

管理人:CIMASHIMA

今となっては思い出となる旧車やカスタムマシンなど、今も気になるマシンは数知れず。そんな世界の名車やカスタムマシンたちの情報をお届けするブログです。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。