【シビック・タイプR】シルバーストーンで最速タイム更新FF最強

この記事は2分で読めます

【シビック・タイプR】シルバーストーンで最速タイム更新FF最強

あわせて読みたい記事:【シビック・タイプR】ピックアップトラック仕様がホンダで公開に

あわせて読みたい記事:【ニュルブルクリンク最速ランキング】2017年ベストバージョン

あわせて読みたい記事:【0-100km/h最速 ランキング】FRで加速最速ベスト10

「ホンダ」の「シビック・タイプR」が、またまた「FF車の持つ」コースレコードを塗り替えたということが公表されています。これまでもフランスのマニ・クール・サーキット、ベルギーのスパ・フランコルシャンサーキットにて記録を樹立して来ましたが、今回、イギリスのシルバーストーン・サーキットでの記録達成となっています。実に新型の「ホンダ・シビックタイプR」は、2017年4月、ドイツ・ニュルブルクリンク北コースで、市販FF車最速の7分43秒8のラップタイムを記録し、「タイプRチャレンジ2018」は、このニュルでの挑戦にインスパイアされ、欧州の有名サーキットにおいてタイムアタックを行うものです。ドライバーには、元F1チャンピオンで、『NSX』でスーパーGTに参戦する「ジェンソン・バトン」選手をはじめ、新たな世界ツーリングカー選手権、「WTCR」ドライバーの「ティアゴ・モンテイロ」選手、「ベルトラン・バゲット」選手らを起用しています。ドライブトレインは、新開発の2.0リットル直列4気筒ガソリンターボエンジンを搭載し、最大出力は320ps、最大トルクは40.8kgmを発生しています。0~100km/hを5.7秒で駆け抜け、最高速は272km/hに到達するポテンシャルを備えています。

なお今回のドライバーは3度のBTCC(ブリティッシュ・ツーリングカー選手権)王者に輝く「マット・ニール」選手です。今回、新型「ホンダ・シビック・タイプR」は、2017年4月に新型「シビック・タイプRの開発用車両」が記録したタイムを更新して2:31.32を記録して見事「FF最速」となっています。ちなみに「FF」というくくりを外して「レーシングカー含む全てのクルマ」でのコースレコードだと2004年に「キミ・ライコネン」が記録した1:18.233です。F1マシンの速さにも驚かされますが、シビック・タイプRはロードカーであること、その価格帯を考慮するとむしろ「かなりいい成績」だと言えそうです。なおコースレコードを記録した「マット・ニール」選手によると「シビック・タイプRの本領は高速コーナーだ。エアロパッケージ、新しいサスペンションが効いていて、コプス (Copse、超高速コーナー)、 ストウ (Stowe) のように高速で突入するカーブでは大きなアドバンテージがある」とのことです。

これまでの「ホンダ・シビック・タイプR」というとタイトなコーナーに強いというイメージがあったものの、新型ではそれに加え、高速コーナーでのスタビリティがずいぶん向上していると言えそうです。

Related Post


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

管理人:CIMASHIMA

管理人:CIMASHIMA

幼い頃に近所にあったDR30スカイラインのスーパーシルエット仕様に衝撃を受けて、車の魅力に取りつかれる。その後、行きつけの駄菓子屋のオバちゃんが910ブルーバードnismoバージョンを購入し車好きが加速。そして、憧れだったDR30を免許取得後に購入し、イジって乗り回すもエンジンブローで最期を迎えてしまう。今となっては思い出となるも旧車やカスタムマシンなど、今も気になるマシンは数知れず。そんな世界の名車やカスタムマシンたちの情報をお届けするブログです。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。