【千原せいじ】愛車のCB400FOURヨンフォアカスタムが渋い

この記事は3分で読めます

【千原せいじ】愛車のCB400FOURヨンフォアカスタムが渋い

あわせて読みたい記事:【藤森慎吾】愛車のバイクのホンダ・ヨンフォア購入理由やスペック

あわせて読みたい記事:【特攻の拓のバイク】鮎川真里(マー坊)のCB400FOURヨンフォア

あわせて読みたい記事:【ホットロード】バイク車種と春山(登坂広臣)のヨンフォアとCBR

お笑いコンビ「千原兄弟」の「千原せいじ」さんが2021年4月12日に自身のインスタグラムを更新し話題となっています。というのも名車「ホンダ・CB400FOUR」との写真を公開しているのです。旧車好きには堪らない車種です。


「ホンダ・ドリームCB400FOUR(ヨンフォア)」:概要

あわせて読みたい記事:【特攻の拓のバイク】半村誠のホンダCB350FOUR(バケヨン)

1972年に登場したCB350 Fourの後継車種として1974年にデビュー。中型クラス唯一の4気筒モデルとして注目を集めた。発表当初は408㏄の排気量だったが、1975年の運転免許改正により、中型限定自動二輪免許でも乗れるように、エンジンをショートストローク化し、398㏄とした。4本のエキゾーストパイプが斜めに配置されるデザインが当時としては斬新だった。搭載された408cc空冷4気筒OHCエンジンは、6速ミッションを装備し、最高出力37psを発生、市街地走行や長距離走行でも安定した性能を発揮しました。車体は、エンジンを囲むように上下にフレームを配するセミダブルクレードルフレームに低いハンドルとシート、適切なステップ位置により操従安定性の高いライディングポジションが得られています。


「ホンダ・DREAM CB400FOUR」:系譜

あわせて読みたい記事:【磯村勇斗】歴代彼女や愛車のホンダCBX400Fや大河ドラマ情報

1974 DREAM CB400FOUR
350FOURエンジンのボアを4mm広げて51mmとして、排気量を408ccに拡大。集合マフラーやむき出しのインナーチューブ、低めのコンチハンドルなど、メーカー純正カフェレーサースタイルでデビューした。

1976 DREAM CB400FOUR-Ⅰ
中型二輪免許制度新設に合わせて排気量を10cc下げられた398cc車が追加された。タンデムステップ、燃料コック、ブレーキペダル形状、ホーンなどなど細かな部分に変更を受ける。

1976 DREAM CB400FOUR-Ⅱ
サイドカバーがブラックになった76年以降のヨンフォアには、従来通り低めのハンドルの「Ⅰ」とアップハンドル装着車「Ⅱ」の2モデルが設定された。当時の新車価格は32万7,000円。


「千原せいじさんのプロフィール」

  • 名前:千原 せいじ(ちはら せいじ)
  • 本名:千原 靖史(ちはら せいじ)
  • 生年月日:1970年(昭和45年)1月25日
  • 身長:181cm
  • 体重:75kg
  • 出身地:京都府福知山市出身
  • 職業:日本のお笑いタレント、実業家、ーお笑いコンビ千原兄弟のツッコミを担当
  • 所属事務所:吉本興業所属
  • 同期:FUJIWARA、バッファロー吾郎、なだぎ武など
  • 経歴:福知山商業高等学校(現・福知山成美高等学校)卒業。NSC8期生。NSC入学後、当時引きこもりだった弟の千原浩史(千原ジュニア)を誘い、お笑いコンビ・千原兄弟を結成。2007年、芸名を千原せいじに正式に改名。2002年6月に宮古島の教会で挙式した既婚者。その妻はせいじのファンで結婚した。デリカシーがないが、その反面社交的で、人間とも動物とも打ち解けるという。世界的に有名なフィリピンのプロボクサーマニー・パッキャオが好き過ぎて、マカオでの試合後のパッキャオをホテルに押し掛けて起こし、ツーショットで写真撮影をした。また、一時期Facebookをやっていたが、すぐに「友だち」が上限に到達してしまい、その後Facebookを閉鎖した。近年では飲食店を経営したり、ダンススクールを主宰するなど活動の場を広げている。2015年、プライベートでキックボードをしたさいに、右手甲を骨折したのに加え、あばら骨を負傷し、左手を捻挫の負傷。レギュラー時代の世界の村で発見!こんなところに日本人のコーナー「千原せいじがアフリカ54ヵ国に住む日本人全員に会いに行きます!」は2008年からコーナーがあり。現在2019年3月26日放送時点32ヵ国である。プロ野球は阪神タイガースのファン。

「千原せいじさんのCB400FOURヨンフォア」

あわせて読みたい記事:【佐田正樹】愛車XJ400佐田ビルダーズ/福岡連合デメキン仕様

「千原せいじ」さんがInstagramで公開したバイクは名車「ホンダ・CB400FOUR」。通称ヨンフォアと呼ばれている中型クラスの旧車では王道の存在。「千原せいじ」さんは、「旧車に跨ってみた」とつづり、1枚の写真をアップされています。青のボディ、白のシートの中型バイクにまたがり、笑みを浮かべています。ハッシュタグでは「#千原せいじ#旧車#CB400FOUR」と記されています。バイクにまたがる姿に、ファンからは「イケてる」「似合いすぎ」「FOURかっけ~」「ツーリングが気持ち季節がやってきましたね」「ヤンキー族ハンドル」「バイクは詳しくないけど、なんか似合ってるネ」などの声が寄せられているようです。カスタムとしては、かなり手が加えられているようで、アップハンドルの絞り、Z IIミラー、白アンコ抜きシート、ポイントカバー、オイルクーラー、集合管マフラー、メッシュホース、足回りはトリプルディスク化…etc。

 

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

カテゴリー

芸能人

特集・まとめ

ランキング記事

管理人:CIMASHIMA

管理人:CIMASHIMA

今となっては思い出となる旧車やカスタムマシンなど、今も気になるマシンは数知れず。そんな世界の名車やカスタムマシンたちの情報をお届けするブログです。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。