【千原ジュニア】 愛車バイクのカワサキH2型750SSマッハⅣ

この記事は3分で読めます

【千原ジュニア】 愛車バイクのカワサキH2型750SSマッハⅣ

あわせて読みたい記事:【竹野内豊】愛車の旧車カワサキZ1Rと歴代彼女、結婚しない理由

あわせて読みたい記事:【特攻の拓のバイク】音速の四天王の人物と愛車スペックと中古車価格

あわせて読みたい記事:【東京リベンジャーズ】キャラクター愛車バイク一覧と仕様スペック

多くのファンを持つ、お笑い芸人の「千原ジュニア」さん。車やバイク好き、しかも旧車ということでも有名です。これまで「グロリア・スーパー6」や「フィアット」など紹介されています。今回は、「千原ジュニア」さんの愛車、日本の旧車バイクの名車「カワサキ・750SSマッハⅣ」に注目です。


「千原ジュニアさんのプロフィール」

  • 名前:千原ちはら ジュニア、Junior Chihara
  • 本名:千原 浩史
  • ニックネーム:ジュニア、J(ジェイ)
  • 生年月日:1974年3月30日
  • 出身地:京都府福知山市
  • 血液型:O型
  • 身長:180cm
  • 最終学歴:京都共栄学園高等学校高校1年次に中退
  • 出身:NSC大阪校8期
  • コンビ名:千原兄弟
  • 相方:千原せいじ
  • 事務所:吉本興業
  • 活動時期:1989年 –
  • 同期:FUJIWARA、バッファロー吾郎、なだぎ武
  • 愛車遍歴:2012年に「カワサキ・Z1」を購入したことで再びバイクに乗り始めた。愛車は「日産・セドリック(330型)」のハードトップモデルであったが2020年9月に同車を手放し、新たに「プリンス・グロリア(S40型)」を購入している。
  • 経歴:芸人としてデビュー後、暫くは本名で活動していたが、2005年に現在の芸名である「千原ジュニア」へ改名。この「ジュニア」という芸名は、漫画「キャプテン」に登場するキャラクター・イガラシ(五十嵐)の弟・慎二が作中でチームメイトから「ジュニア」と呼ばれており、それと同じように当時兄のせいじが務めていたバイト先の店長から「ジュニア」と呼ばれていた事が由来となっている。そのことから、改名以前から芸人仲間からは「ジュニア」と呼ばれていた。

「カワサキ・750SSマッハⅣ(H2型)」:概要

あわせて読みたい記事:【岩井勇気】愛車のカワサキ500ssカミナリマッパハライチ仕様

世界一をかけてしのぎを削って開発競争が激化していた日本のバイクメーカー。「カワサキ・500SS」による世界一は、「ホンダ・ドリームCB750FOUR」によって塗り替えられ、時代は2サイクルエンジンから環境や騒音、燃費などからマイルドなエンジンが求められつつあった。その中にあってカワサキは、「カワサキ・500SS」で培われていたノウハウを十分に考慮し開発しデビューさせたモデルが「カワサキ・750SS」。「カワサキ・500SS」から比較すると一気に14psも最高出力をアップ。そして最高出力を向上させたことに伴いギヤボックス内を強化し、ギヤ比も細く改良を加えてエンジン特性を扱いやすくしています。また「カワサキ・500SS」から点火方式はCDI点火が採用されたが、「カワサキ・750SS」ではさらにACジェネレーター内蔵のCDIを装着。始動性が格段に向上、車体まわりも剛性を高められているのです。一般的には単なる「カワサキ・500SS」のボアアップ版や「ホンダ・CB750FOUR」に対抗するための最新機種を待つ間のつなぎ的存在に見られることのある「カワサキ・750SS」ですが、実際はこのように、細部にわたり磨き上げられたモデルなのです。また、サーキットではH1Rのフレームに750cc2ストトリプルのユニットを搭載したH2Rが登場し、大活躍をみせた。そのことからも一級品のエンジンだったことをうかがい知ることができます。呼び名は国内では750SSで、海外ではマッハⅣ。SSの意味はスーパースポーツで、サイドカバーのⅢは3気筒を表している。さらに「カワサキ・750SS」は単に排気量が増しただけではなく、「カワサキ・500SS」よりも低中速が扱いやすく、コントロールしやすい性能になっていたといわれています。しかし、それはあくまでもマッハシリーズとしての話であり、やはりカワサキの空冷2ストローク3発は、レーシーなモンスターであり、万人受けするには遠い存在。そして1970年代、時代は4ストロークを求めた。乗りやすく、排気音が静かで環境にも見合ったマイルドなマシンに主流は移り、マッハの栄光はやがて消え去っていくことになります。しかし、当時、マッハのロケットスタートと、わき上がるバイブレーションに魅せられマッハを操ったライダーたちこそ“カワサキ乗り”であり、現在あたり前のように使われるこの言葉は、マッハ乗りと、日本車史上もっとも個性的なこのバイクによって誕生したといっても過言ではないとされています。


「カワサキ・750SSマッハⅣ(H2型)」:スペック

  • 全長×全幅×全高:2,150×860×1,180(mm)
  • 軸間距離:1,410mm
  • エンジン形式:空冷2ストローク ピストンバルブ3気筒
  • エンジン排気量:748cc
  • ボア×ストローク:71.0×63.0(mm)
  • 圧縮比:7.0
  • 最高出力:71ps/6,800rpm
  • 最大トルク:7.9kg-m/6,500rpm
  • 変速機型式:5段リターン
  • 潤滑方式:自動分離給油
  • オイルタンク容量:2.0L
  • タイヤサイズ:(F)3.25-19 (R)4.00-18
  • 燃料タンク容量:17L
  • カタログ最高速度:203km/h
  • 定地燃費:30km/L(50km/h測定)
  • 登坂能力:27度
  • 最小回転半径:2.40m
  • 中古車価格:250万円~ASK
  • 平均相場:400万円前後

「千原ジュニアの愛車カワサキ750SSマッハⅣ(H2型)」

あわせて読みたい記事:【千原ジュニア】愛車バイクのホンダCB750FOUR改K0仕様

お笑い芸人の「千原ジュニア」さんの愛車は、当時、世界最速マシンとして世界に名を刻んだ名車「カワサキ・750SSマッハⅣ」です。ボディカラーはキャンディーオレンジにレインボーライン。フルオリジナルの極上コンディション。中古車相場価格は、250万円~ASK。平均相場は、400万円前後。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

カテゴリー

芸能人

特集・まとめ

ランキング記事

管理人:CIMASHIMA

管理人:CIMASHIMA

今となっては思い出となる旧車やカスタムマシンなど、今も気になるマシンは数知れず。そんな世界の名車やカスタムマシンたちの情報をお届けするブログです。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。