【イェンコ・カマロ】アップデート2019年仕様のスペックと価格

この記事は3分で読めます

【イェンコ・カマロ】アップデート2019年仕様のスペックと価格

あわせて読みたい記事:【SEMAショー2018】「カマロSSショックコンセプト」登場

あわせて読みたい記事:【SEMAショー2018】シボレーのラグナ、C10、K10登場

あわせて読みたい記事:【SEMAショー2018】チャレンジャーSpeedKore仕様

「シボレー」社は、2019年型、の同社スポーティモデル「カマロ」の新たなノーズやカラーを2018年の10月30日から11月2日までラスベガスで開催される「SEMAショー2018」において公開することになっていますが、カリフォルニア州のチューナー、「スペシャルティ・ヴィークル・エンジニアリング(SVE)」社は、そのアップデートモデルとなる「シボレー・カマロ」向けとなる独自の高性能パッケージについて発表しました。オリジナルモデルの「シボレー・カマロ」にも、もちろんハイスペックグレードが設定されているものの、「SVE」社が発表するカスタムマシンの最も注目すべきは、新デザインのフロント・フェイスとなった最高出力1,000ps仕様の2019年型モデルの「イェンコ/SC ステージII カマロ」です。

「SVE」社は、2つのパッケージを用意しており、そのどちらも25台の限定モデルとなるということです。ちなみに「ステージI」モデルは、2018年モデルの825hpから835hpにアップしましたが、「ステージII」モデルはこれまで通りの最高出力:1,000hp仕様となっています。

今回発表された「イェンコ/SC ステージII カマロ」は、「1LE」パッケージを追加した「カマロSS」をベースに、「416キュービック・インチ(約6.82リッター)」に排気量を拡大したアルミブロックのV型8気筒「LT1」型エンジンを搭載しています。このエンジンには鍛造スチール製クランクシャフトとHビーム・ロッド、鍛造アルミ製ピストン、CNCポート加工されたシリンダーヘッド、そして改良された燃料システムとインジェクターが組み込まれており、さらにステンレス製のロングチューブ・ヘッダーとエキゾースト・システム、ハイフロー触媒コンバーター、そして特注スーパーチャージャーを組み合わせることで、ノーマルの「シボレー・カマロ」とは別次元の最高出力1,000hpと最大トルク約120.6kgmを発揮するポテンシャルを備えているのです。このパワーを路面に伝えるためにクラシックな5スポーク・ホイールに装着されたミシュラン「パイロット・スポーツ 4S」タイヤが装着されています。

またフロントセクションでは、スクープの開いたカーボンファイバー製ボンネット、そして他のパーツではリアデッキ・スポイラーを別にすれば、空力性能や冷却性能のアップグレード、サスペンションとブレーキの改良、軽量化については言及されていません。しかし、「シボレー」社がオプション・パッケージとして用意している「1LE」仕様には、マグネティック・ライド・コントロールと「FE3」パフォーマンス・サスペンション、電子制御リミテッド・スリップ・ディファレンシャルが装備され、冷却性能も高められています。

「SVE」社が発表の中で他に触れているのは、エクステリアでした。このアップグレードを受けた「シボレー・カマロ」は、「イェンコ」のバッジが至る所に付けられ、「sYc」のグラフィックや、ボンネットのストライプ、そしてサイド・ストライプが施されています。さらにブランドのロゴがヘッドレスト、フロアマット、ドアシル・プレート、ブレーキ・キャリパーに入る。スーパーチャージャーのカバーやブレーキ・キャリパーの色など、様々なカスタマイズも可能となっているようです。

このクルマは厳密に言えば「シボレー」社の工場で製造された車両ではないモデルとなります。それでも、「ゼネラルモーターズ(GM)」の正規ディーラーを通してオーダーが可能で、3年または「3万6,000マイル(約5万8,000km)」までの保証も付いています。価格はベース車両別で、「ステージI」が「4万6,995ドル(約526万円)」、「ステージII」は、「6万6,995ドル(750万円)」となっています。2019年型の「シボレー・カマロ SS 1LE」の車両価格は4万4,995ドル(約503万円)からとなっているために、計算する1台の「シボレー・カマロ」に「11万1,990ドル(約1,253万円)」という価格となります。

ちなみに新型の「シボレー・カマロ・」がベースの「イェンコ」なんて本物の「イェンコ・カマロ」じゃないと鼻で笑う伝統主義者の方には、オクラホマ州の「ブランド・ニュー・マッスル・カー・カンパニー」という会社が正式な許可を得て、1968年型の「イェンコ・カマロ」の復刻生産を計画しているということです。

Related Post


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

管理人:CIMASHIMA

管理人:CIMASHIMA

幼い頃に近所にあったDR30スカイラインのスーパーシルエット仕様に衝撃を受けて、車の魅力に取りつかれる。その後、行きつけの駄菓子屋のオバちゃんが910ブルーバードnismoバージョンを購入し車好きが加速。そして、憧れだったDR30を免許取得後に購入し、イジって乗り回すもエンジンブローで最期を迎えてしまう。今となっては思い出となるも旧車やカスタムマシンなど、今も気になるマシンは数知れず。そんな世界の名車やカスタムマシンたちの情報をお届けするブログです。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。