【C2】ガヤルドベースのスーパースポーツを元マツダの社員が開発

この記事は2分で読めます

【C2】ガヤルドベースのスーパースポーツを元マツダの社員が開発

あわせて読みたい記事:【アヴェンタドール SVJ】スペシャルマシン63などのスペック

あわせて読みたい記事:【フェラーリ・275P】ル・マンで優勝2回の唯一のマシンの価値

あわせて読みたい記事:【マツダ・RX-7】SA~FDまで!デビュー40周年を振り返る

「ペブルビーチ・コンコールソ・デレガンス2018」において、謎のスーパースポーツモデルが発表されることがわかりました。なんと、この個体の開発を進めるのは、「カルロス・サラフ」と呼ばれる人物で、過去10年間マツダに勤務し、「ロードスター/MX-5」や「マツダ3/アクセラ」、そして「Nagare/Furai」といったコンセプトモデルを多く手掛けたスペシャルリストのようです。

以前には「マツダ・風籟(フーライ)」のデザインに携わったています。

そして、「マツダ」の技術を熟知した人物が同社を去り、自身が立ち上げたスーパーカー製造メーカを立ち上げる準備を進めている中ではあるものの、既に一台のスーパーカーの開発を進めていることが明らかになりました。この個体は、現在「C2」と呼ばれるもので、イタリアのスーパーカーメーカーである、「ランボルギーニ・ガヤルド」をベースモデルにした、とてもユニークなデザインとなっています。エクステリアデザインが直線的なものとなっており「Ken Okuyama」氏がデザインした「Kode0」のようなものとなっています。

今回、開発される「C2」は、多くのカーボンファイバアクセントを持ち、更には特徴的なフロントデザイン、新しいドア開閉(多分シザードアの可能性が高い)、そして軽量化を施したアルミホイールを装着します。スタイリングについては、空力ミラーサポートとカスタムリヤエンドが含まれ、特にカスタムリヤエンドにはハニカムアクセントが加えられ、リヤディフューザーやカーボンファイバパーツが多く流用されています。


「パワーユニットとなるエンジン:「ガヤルド・V10」

そして、パワートレインとなるのは、現段階では「ランボルギーニ・ガヤルド/ウラカン」に搭載されているV型10気筒自然吸気エンジン(最高出力:449kW[610ps] / 8,250rpm・最大トルク:560N・m[57.1kgf-m] / 6,500rpm)を搭載する可能性が高いようです。そして、リタニングされたサスペンションと新しいスロットルボディが搭載されることが期待されています。トランスミッションは、未だ確定ではないもののゲート型シフター変換を開発中とのことで、全く新しくもトラクションコントロール性能を向上させる機能性を持つといわれています。

なお、「C2」は限られた数量のみ製造されるとのことですが、価格の方は未定ということです。この個体をオーダーする際は、カーボンファイバもしくはアルミニウムといった材料のオプションから設定が可能とのことです。いずれにしても、今後、どのように開発が進められていくのか楽しみです。

Related Post


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

管理人:CIMASHIMA

管理人:CIMASHIMA

幼い頃に近所にあったDR30スカイラインのスーパーシルエット仕様に衝撃を受けて、車の魅力に取りつかれる。その後、行きつけの駄菓子屋のオバちゃんが910ブルーバードnismoバージョンを購入し車好きが加速。そして、憧れだったDR30を免許取得後に購入し、イジって乗り回すもエンジンブローで最期を迎えてしまう。今となっては思い出となるも旧車やカスタムマシンなど、今も気になるマシンは数知れず。そんな世界の名車やカスタムマシンたちの情報をお届けするブログです。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。