【特攻の拓のバイク】八尋渉のCB400FOURヨンフォアAJS仕様

この記事は3分で読めます

【特攻の拓のバイク】八尋渉のCB400FOURヨンフォアAJS仕様

あわせて読みたい記事:【江口洋介】湘南爆走族に登場する愛車のスズキGS400湘爆仕様

あわせて読みたい記事:【東京リベンジャーズ】キャラクター愛車バイク一覧と仕様スペック

あわせて読みたい記事:【黒瀬純】愛車カワサキZ750GPパンクブーブー仕様のスペック

ヤンキー漫画の金字塔とも言われる「疾風伝説 特攻の拓(かぜでんせつ ぶっこみのたく)」。この漫画でバイク好きになったり、旧車や名車、改造パーツやメーカーなど、あらゆるバイク知識に興味も持つようになった方も多いのではないでしょうか。また、仲間の絆についても考えさせられる漫画です。その「疾風伝説 特攻の拓(かぜでんせつ ぶっこみのたく)」から登場するキャラクターと愛車に注目してみたいと思います。今回は、「阿修羅王」の八代目総長で「相州聖龍連盟會(AJS)」の會長の「八尋 渉(やひろ わたる)」の愛車「ホンダ・CB400FOUR」に注目です。


「疾風伝説・特攻の拓」:あらすじ

あわせて読みたい記事:【特攻の拓のバイク】音速の四天王の人物と愛車スペックと中古車価格

主人公は、県内で中の上の私立横浜港ヶ丘高校に通う1年生の浅川拓。彼は、学校では典型的ないじめられっ子のポジションを確立していました。その為、学校はただの辛い場所だと日々思っていました。ところが3学期のある日、後の拓の人生を変える転機が訪れます。それは、転校生の鳴神秀人との出会いでした。そこからその後、内部抗争が絶えない不良のふきだまりの私立聖蘭高校、通称「乱校」の1年D組に転校することとなる。話の流れで「爆音小僧」のメンバーとなります。最初の愛車は1980年代のバイクレーサーでありキングケニーとしてロードレース界で有名だったケニー・ロバーツからケニー・ロバーツ号こと「ヤマハ・FZR250R」でした。その愛車は乗り換えていき、ミラクルのバイクテクニックとケンカや友情で高校生活が大きく変わるという流れ。


「八尋 渉(やひろ わたる)」

あわせて読みたい記事:【特攻の拓のバイク】柾那智のホンダCBX400Fの極悪蝶仕様

「八尋渉」の通称「血みどろ八尋」。「阿修羅王」の八代目総長で「相州聖龍連盟會(AJS)」の會長。胸に大きな刃物の傷がある。「どれだけデカい組織でも、喧嘩はタイマンで勝てばいい」という信条で、1500人を越す連合チームのトップでありながら、千冬と2人での単独行動をとることが多い。「爆音小僧」の「鮎川真里(マー坊)」と出会った時には「同じ速度域に棲んでいる」と言われていたが、単車の速さに関して特筆すべき描写は最後までなかった。愛車は、ブルーの「ホンダ・CB400FOUR」、ヨンフォア。


「相州聖龍連盟會(そうしゅうせいりゅうれんめいかい)」

あわせて読みたい記事:【特攻の拓のバイク】緋咲薫の愛車カワサキZ400FX麓沙亜鵺仕様

「相州聖龍連盟會」は、湘南の「阿修羅王」「邪神」「妖艶童子(セクシー)」の3チームからなる連合チームで、それぞれの頭文字をとって「AJS」とも呼ばれている連合チーム。実際には「紫蛍会」等、数多くの傘下の族があると見られ、総数は「夜叉神」をも上回る1000〜1500人。このような大規模連合が成立した背景として、過去に湘南が近隣の族のメッカになっていた”お祭り”の時期があり、それ以来警察の取り締まりが非常に厳しくなったため、地元の族が団結したという経緯がある。そのためAJSは統制がよくとれており「単車の134号単独流しは厳禁」というルールがある。同じ湘南の「極悪蝶」とは非常に仲が悪く、特攻服に「打倒黒揚羽」の刺繍を刻むほど敵対。


「阿修羅王(あしゅらおう)」

あわせて読みたい記事:【湘南純愛組!】金子大地の愛車バイクCBX400F弾間龍二仕様

湘南の暴走族。現在、八代目。「AJS」の”A”。元々、連合結成以前から湘南で有名な喧嘩族。親衛隊は「曼呪沙華」という独自の名前があり、普段は翼を持つ女性の特攻服姿だが、喧嘩の時は獅子の頭になるという。背中の看板は「涅槃大帝」。主な敵対族は「極悪蝶」。


「ホンダ・DREAM CB400FOUR」:系譜

あわせて読みたい記事:【磯村勇斗】歴代彼女や愛車のホンダCBX400Fや大河ドラマ情報

1974 DREAM CB400FOUR
350FOURエンジンのボアを4mm広げて51mmとして、排気量を408ccに拡大。集合マフラーやむき出しのインナーチューブ、低めのコンチハンドルなど、メーカー純正カフェレーサースタイルでデビューした。

1976 DREAM CB400FOUR-Ⅰ
中型二輪免許制度新設に合わせて排気量を10cc下げられた398cc車が追加された。タンデムステップ、燃料コック、ブレーキペダル形状、ホーンなどなど細かな部分に変更を受ける。

1976 DREAM CB400FOUR-Ⅱ
サイドカバーがブラックになった76年以降のヨンフォアには、従来通り低めのハンドルの「Ⅰ」とアップハンドル装着車「Ⅱ」の2モデルが設定された。当時の新車価格は32万7,000円。


「八尋渉の愛車ホンダCB400FOUR」

あわせて読みたい記事:【特攻の拓のバイク】鮎川真里(マー坊)のCB400FOURヨンフォア

「阿修羅王」の八代目総長で「相州聖龍連盟會(AJS)」の會長の「八尋渉」の愛車は、「ホンダCB400FOUR」。名車のヨンフォアは、紺色のボディカラー。集合管ショートへの変更ほどで作中では、喧嘩チームゆえに速さへの描写もなく大人しい仕様。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

カテゴリー

芸能人

特集・まとめ

ランキング記事

管理人:CIMASHIMA

管理人:CIMASHIMA

今となっては思い出となる旧車やカスタムマシンなど、今も気になるマシンは数知れず。そんな世界の名車やカスタムマシンたちの情報をお届けするブログです。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。