【特攻の拓のバイク】 滝沢ジュンジのホンダCBX400Fの仕様

この記事は5分で読めます

【特攻の拓のバイク】 滝沢ジュンジのホンダCBX400Fの仕様

あわせて読みたい記事:【中尾明慶】 愛車の1980年式カワサキZ750FXのスペック

あわせて読みたい記事:【佐田正樹】愛車XJ400佐田ビルダーズ/福岡連合デメキン仕様

あわせて読みたい記事:【東京リベンジャーズ】キャラクター愛車バイク一覧と仕様スペック

ヤンキー漫画の金字塔とも言われる「疾風伝説 特攻の拓(かぜでんせつ ぶっこみのたく)」。この漫画でバイク好きになったり、旧車や名車、改造パーツやメーカーなど、あらゆるバイク知識に興味も持つようになった方も多いのではないでしょうか。また、仲間の絆についても考えさせられる漫画です。その「疾風伝説 特攻の拓(かぜでんせつ ぶっこみのたく)」から登場するキャラクターと愛車に注目してみたいと思います。今回は、「爆音小僧」の7代目の「滝沢ジュンジ」の愛車「ホンダ・CBX400F」に注目です。


「疾風伝説・特攻の拓」:あらすじ

あわせて読みたい記事:【ヤンキー漫画映像化ランキング】ドラマ化、映画化して欲しい作品がズラリ

主人公は、県内で中の上の私立横浜港ヶ丘高校に通う1年生の浅川拓。彼は、学校では典型的ないじめられっ子のポジションを確立していました。その為、学校はただの辛い場所だと日々思っていました。ところが3学期のある日、後の拓の人生を変える転機が訪れます。それは、転校生の鳴神秀人との出会いでした。そこからその後、内部抗争が絶えない不良のふきだまりの私立聖蘭高校、通称「乱校」の1年D組に転校することとなる。話の流れで「爆音小僧」のメンバーとなります。最初の愛車は1980年代のバイクレーサーでありキングケニーとしてロードレース界で有名だったケニー・ロバーツからケニー・ロバーツ号こと「ヤマハ・FZR250R」でした。その愛車は乗り換えていき、ミラクルのバイクテクニックとケンカや友情で高校生活が大きく変わるという流れ。


「滝沢 ジュンジ(たきざわ ジュンジ)」

あわせて読みたい記事:【特攻の拓のバイク】 カズ(今川一成)のFZR400RRの仕様

「爆音小僧」の旗持ち。湘南から通学している。聖蘭高校1年D組。連載当初は本人所有の単車がない為、よく「今川一成(カズ)」の後ろに乗っていたが、後に免許を取得し、自ら単車に乗るようになった。元々、操縦技術は高く、ジャックナイフが得意。また、湘南の“悪霊の壁”チキンレースにおいては、「浅川拓」に破られるまでNo.1の記録を持っていた。同じ鵠沼南台中(初期設定は西浜中)出身の「那智」とは旧友で、かつては、「透」、「奈良原」の4人でよくつるんでいた。親友である「那智」が極悪蝶のメンバーであることを爆音の仲間に告げられず、葛藤する場面が多く、結局、「那智」との関係は、物語が終わるまで「浅川拓」以外の爆音のメンバーに明かすことはなかった。「今川一成(カズ)」同様爆音内では穏健派で、「浅川拓」とも気安く会話をするが、入学式では散々ちょっかいをかけられた「姫小路 良(リョー)」にブチ切れて大乱闘を起こし、式が滅茶苦茶になるきっかけを作った。
愛車は、「ホンダ・CBR400F」のREVを組んだ4バルブエンジン、左出しの直管仕様(後に規制前のRPM管に変えた)の「ホンダ・CBX400F」。


「爆音小僧(ばくおんこぞう)」

あわせて読みたい記事:【佐田正樹】愛車カワサキZ750FXフェックス佐田ビルダーズ仕様

横浜の暴走族で通称「ムッチャクチャの爆音」と言われている。現在は七代目で、メンバーは聖蘭高校1年D組の生徒だけで構成。先代である六代目の頭は「真嶋秋男(アキオ/アッちゃん)」の兄の「真嶋夏生」で、当時は「榊龍也(朧童幽霊:ロードスペクター)」や「那森須王」もメンバーに擁していたが、「暴走りの特攻:半村誠」の死により解散。その後、「マー坊」と「アキオ」を中心に再結成され、七代目として現在のチームになっています。チームのルールとしてアンパンは厳禁。また、”殺す気の殴り込み”の時には、紫色の襷とハチマキを巻く、という初代からの伝統。背中の看板は「天下無敵」「暴走天使」。主な敵対族は「魍魎」「朧童幽霊」。主な集合場所は「真嶋商会」「D突」「柿の木公園」。


「ホンダ・CBX400F」:概要

あわせて読みたい記事:【特攻の拓のバイク】ミツオのCB400Tホーク2(バブツー)

1981年登場の「ホンダ・CBX400F」は、今や伝説的な存在。販売期間も非常に珍しい経緯を持っており1981年 – 1983年の短い期間の前期型(1型)に加えて、後継モデルの「ホンダ・CBR400F」が登場したのちも多くのファンの要望により1984年に再発売、いわゆる後期モデル(2型)が販売されたモデルです。エクステリアデザインもカラーリングもテールランプ、Xエキゾーストなど多くのファンを魅了しました。また「ホンダ・CBX」のポイントは、サスペンションもプロリンク、アルミ製スイングアーム、セパレートハンドル、インボードディスクなども大きな特徴。こうした惹きつけるモデルは、その後もCBXカラーとかCBXテール、CBXホイールなど様々な社外パーツが誕生しヒットしました。しかし、中でも注目は、空冷DOHC4ストローク4気筒エンジンです。本田技研工業の400ccクラスとしては1977年に生産中止となったドリームCB400FOUR以来の4気筒エンジン搭載しています。「ホンダ・CBX400F」は逆回転クランクになっています。

これは逆回転にする事が狙いだったわけではなくエンジンをコンパクトにするためギアではなくチェーン(でミッションを回す形)にしたということ。そしてそのプライマリーチェーンもこれまたピッチを少しでも縮める為にカムチェーンの横ではなく3番と4番の間に配置されてる。つまり「ホンダ・CBX400F」のエンジンはXマフラーだけでなく中身も左右非対称のバラバラなエンジンという非常に珍しいメカニズムなのです。そしてコンパクト化に注力しつつもトップパフォーマンスを発揮し、ジャイロを打ち消す逆回転クランクでコーナリングもスムーズという本当に凄いエンジンなのです。またシート高も抑えるためにオイルパンも削ったのですが、容量が足りないという事からサブタンクをエンジン前方に増設。オイルクーラーにしか見えず実際に冷却効果もあるものの「ホンダ」は、あくまでもリザーブタンクろ豪語したそうです。何故なら当時はオイルクーラーが認可されなかったからっていうことです。

1982年には日本で初めてフェアリング(カウル)を装備したインテグラも発売されました。そして、「ホンダ・CBX400F」の登場で400クラス熱は更に高まり『鈴鹿四耐』と言われる鈴鹿8耐の400cc版レースが開催される事になりました。このレースが起点となりレーサーレプリカブームが巻き起こったのでした。


「ホンダ・CBX400F」:1型と2型の違い

あわせて読みたい記事:【特攻の拓のバイク】姫小路良のGS400Eリーゼントスペシャル

1型(前期型):1981年10月27日発表、同年11月17日発売。車体番号NC07-100**** – 105****ならびにモデルイヤーコードFC。カラーバリエーションは、レッド単色・レッド&ホワイト ツートン・ブルー&ホワイト ツートンの3種類で、価格はレッド単色が470,000円、ツートン2車種が485,000円。1983年生産終了。

2型(後期型):「ホンダ・CBX400F 」は、1983年10月に後継のNC17型CBR400Fへモデルチェンジにより生産終了しました。1983年12月で販売終了となったものの、市場からの要望により1984年10月に車体番号NC07-106****ならびにモデルイヤーコードFFへ分類されるモデルの再生産が行われました。

1型と2型の違い:搭載されるエンジン型式こそNC07E型であるものの「ホンダ・CBR400F」用をベースエンジンとした2型(後期型)は、エンジン本体には8,500rpmを境に2バルブから4バルブに切り替える回転数応答型バルブ休止機構である「REV(Revolution- modulated Valve control)」を搭載するため設計変更なされています。実際にパーツの互換性は少ないのです。カラーバリエーションはレッド&ブラックとレッド&ホワイトとの2種類となり、グラフィックパターンもラインの配置の違いがあります。ほかにもホイールのブーメラン型コムスターが黒色という相違点がありました。

違い大きなポイント:エンジン本体、カラーバリエーション、前後のホイールなど。


「ホンダ・CBX400F」:スペック・価格

  • 全長/幅/高 2060/720/1080mm
  • シート高 775mm
  • 車軸距離 1380mm
  • 車体重量 189kg(装)
  • 燃料消費率 40.0km/L※定地走行テスト値
  • 燃料容量 17.0L
  • エンジン 空冷4サイクルDOHC4気筒
  • 排気量 399cc
  • 最高出力 48ps/11000rpm
  • 最高トルク 3.4kg-m/9000rpm
  • 変速機 常時噛合式6速リターン
  • タイヤサイズ 前3.60H18-4PR 後4.10H18-4PR
  • バッテリー FB12A-A
  • プラグ ※2つの場合は手前が、3つの場合は中央が標準熱価 DP8ZEA-9
  • 推奨オイル Honda純正ウルトラG1(10W-30)
  • オイル容量 ※ゲージ確認を忘れずに 全容量3.0L 交換時2.2L フィルター交換時2.5L
  • スプロケ 前15|後45
  • チェーン サイズ520|リンク104
  • 車体価格 470,000円(税別)

「滝沢ジュンジ(ジュンジ)のCBX400F」:スペック

あわせて読みたい記事:【特攻の拓のバイク】鮎川真里(マー坊)のCB400FOURヨンフォア

「爆音小僧」の「滝沢ジュンジ」が愛車としているのは、名車「ホンダ・CBX400F」。カスタム内容としては、CBR400FのREVエンジンに換装、リア足回りはプロアーム化、マフラーは左出しRPM製集合管マフラー、アンコ抜きシート…etc。

カスタムショップ「パワードショップカスタマーズ」が手掛けた「ホンダ・CBX400F」のプロアーム仕様。CBXエンジン、右出しマフラー、アンダーカウルなどの「爆音小僧」の「滝沢ジュンジ」とは若干異なるカスタムであるみのの、オリジナルのデザインを残したセンスの良いカスタムマシン。

  • カスタム内容:
  • エンジン総排気量:399cm3
  • キャブレター:ケーヒンFCRφ28mm
  • エキゾーストシステム:ヤマモトレーシング
  • サイレンサー:ZXR400SP用
  • 電装系:ASウオタニSPⅡ
  • オイルクーラー:アールズ
  • ホイール:(F)テクノマグネシオ 3.50-17/(R)マルケジーニ 5.50-17
  • タイヤ:ダンロップ α-14
  • Fブレーキ キャリパー:ブレンボ4ポット
  • ローター:NSR250R
  • マスター:VFR750R
  • Rブレーキ キャリパー:RVF400
  • ローター:RVF400
  • Fフォーク スプリング:オーリンズ
  • ブラケット:CB400SF
  • Rショック:オーリンズ
  • スイングアーム:RVF400
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

芸能人

特集・まとめ

ランキング記事

管理人:CIMASHIMA

管理人:CIMASHIMA

今となっては思い出となる旧車やカスタムマシンなど、今も気になるマシンは数知れず。そんな世界の名車やカスタムマシンたちの情報をお届けするブログです。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。