【特攻の拓の愛車】阪田正道の愛車の旧車の日産シーマ九尾の猫仕様

この記事は3分で読めます

【特攻の拓の愛車】阪田正道の愛車の旧車の日産シーマ九尾の猫仕様

あわせて読みたい記事:【特攻の拓バイク一覧まとめ】国産海外の旧車・名車・希少車・族車

あわせて読みたい記事:【東京リベンジャーズ】キャラクター愛車バイク一覧と仕様スペック

あわせて読みたい記事:【ボーダーライン】藤田玲主演のBORDERLINE登場車種一覧

ヤンキー漫画の金字塔とも言われる「疾風伝説 特攻の拓(かぜでんせつ ぶっこみのたく)」。この漫画でバイク好きになったり、旧車や名車、改造パーツやメーカーなど、あらゆるバイク知識に興味も持つようになった方も多いのではないでしょうか。また、仲間の絆についても考えさせられる漫画です。その「疾風伝説 特攻の拓(かぜでんせつ ぶっこみのたく)」から登場するキャラクターと愛車に注目してみたいと思います。今回は、横浜の暴走族「九尾の猫」第16期総長である「阪田 正道(さかた まさみち)」の愛車「日産・シーマ」に注目です。


「疾風伝説・特攻の拓」:あらすじ

あわせて読みたい記事:【湘南純愛組!】登場車種の仲条國士の愛車のS30フェアレディZ

主人公は、県内で中の上の私立横浜港ヶ丘高校に通う1年生の浅川拓。彼は、学校では典型的ないじめられっ子のポジションを確立していました。その為、学校はただの辛い場所だと日々思っていました。ところが3学期のある日、後の拓の人生を変える転機が訪れます。それは、転校生の鳴神秀人との出会いでした。そこからその後、内部抗争が絶えない不良のふきだまりの私立聖蘭高校、通称「乱校」の1年D組に転校することとなる。話の流れで「爆音小僧」のメンバーとなります。最初の愛車は1980年代のバイクレーサーでありキングケニーとしてロードレース界で有名だったケニー・ロバーツからケニー・ロバーツ号こと「ヤマハ・FZR250R」でした。その愛車は乗り換えていき、ミラクルのバイクテクニックとケンカや友情で高校生活が大きく変わるという流れ。


「阪田 正道(さかた まさみち)」

あわせて読みたい記事:【特攻の拓のバイク】鳴神秀人の愛車カワサキZ400FX外道仕様

「九尾の猫」第16期総長。喧嘩は弱く、「外道」の「鳴神秀人」に何度か返り討ちにあう。一応「横浜を守る」という気概はある。アンパンと喧嘩のせいで前歯がない。愛車は「日産・シーマII」。


「九尾の猫(キャッツ)」

あわせて読みたい記事:【特攻の拓のバイク】一色大珠の愛車RD400デイトナスペシャル

横浜の暴走族。現在、第16期。「浅川拓」が港が丘高校時代に「横浜外道」の「鳴神秀人」と共に初めて戦った族。総長の「阪田」の実力不足のせいであまり目立たないが、一応、一般人や「魔覇裸邪」ぐらいには恐れられる武闘派の族。背中の看板は「Cat’s nine tails」。主な敵対族は「外道」「美麗」。


「日産・シーマ(初代モデル)」:概要

あわせて読みたい記事:【千原ジュニア】愛車プリンス・グロリアスーパー6のスペックと価格

初代日産シーマは1987年に開催された東京モーターショーに出品され、翌年の1988年1月に販売開始した3ナンバー専用のボディを採用した4ドアセダンです。それまでのフラッグシップセダンだった日産セドリック/グロリアはもちろん、トヨタクラウンも基本は5ナンバーサイズ。全長4890mm×全幅1770mm×全高1380mmというピラーレスハードトップのボディに、サスペンションはフロントがストラット式、リアは独立したセミトレーリングアームを採用。1990年に最高のクルマを作るという901運動の前のモデルなので、マルチリンクサスペンションは採用されていませんが、電子制御のエアサスペンションを搭載するなど、これまでの国産車とは一線を画した乗り味を実現しています。搭載するエンジンは、最高出力255ps、最大トルク35.0kg-mを発生するVG30DET型3L V6DOHCターボをはじめ、最高出力200psを発生するVG30DE型3LV6DOHCエンジンの2種類。ミッションは4速ATが組み合わされていました。


「日産・シーマ」:モデル一覧

あわせて読みたい記事:【小峠英二】愛車の日産グロリア・スーパーデラックス/旧車タテグロ

  • 1stモデル:1988-1991
  • これまでの高級車イメージを覆し、社会現象になった初代はスタイリッシュな3ナンバー専用モデルとしてデビュー。V6 3Lターボエンジンは当時の日産における最高出力255PSをマーク、圧倒的な走りを実現した。


  • 2ndモデル:1991-1996
  • 日産で最大の気筒数となるV8エンジンを搭載した2代目。ロングホイールベース化による大型化で高級車イメージをさらに醸成し、走りのダイナミズムと室内の快適性をハイレベルで両立させた。


  • 3rdモデル:1996-2001
  • 先進のテクノロジーが充実した3代目。国産車で初めてとなるSRSサイドエアバッグや油圧アクティブサスペンション、VDC(ビークルダイナミクスコントロール)を採用。頂点にふさわしい最新の装備を搭載した。


  • 4thモデル:2001-2010
  • 新世代プラットフォームを採用した4代目は、4.5L V8エンジンの傑出した走りに加え、レーンキープサポートシステムやマルチプロジェクターキセノンヘッドランプなど、最先端の安全技術を投入した。


「阪田 正道(さかた まさみち)の愛車シーマ」

あわせて読みたい記事:【黒瀬純】 日産グロリア/セドリックY30型ブロアムのスペック

「特攻の拓」に登場する暴走族チーム「九尾の猫(キャッツ)」の「阪田正道」の愛車は、「日産・シーマ」。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

カテゴリー

芸能人

特集・まとめ

ランキング記事

管理人:CIMASHIMA

管理人:CIMASHIMA

今となっては思い出となる旧車やカスタムマシンなど、今も気になるマシンは数知れず。そんな世界の名車やカスタムマシンたちの情報をお届けするブログです。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。