【特攻の拓のバイク】ミツオのCB400Tホーク2(バブツー)

この記事は5分で読めます

【特攻の拓のバイク】ミツオのCB400Tホーク2(バブツー)

あわせて読みたい記事:【湘南純愛組!】登場車種ー嘉手納南風の紫のケンメリスカイライン

あわせて読みたい記事:【佐田正樹】愛車XJ400佐田ビルダーズ/福岡連合デメキン仕様

あわせて読みたい記事:【東京リベンジャーズ】キャラクター愛車バイク一覧と仕様スペック

ヤンキー漫画の金字塔とも言われる「疾風伝説 特攻の拓(かぜでんせつ ぶっこみのたく)」。この漫画でバイク好きになったり、旧車や名車、改造パーツやメーカーなど、あらゆるバイク知識に興味も持つようになった方も多いのではないでしょうか。また、仲間の絆についても考えさせられる漫画です。その「疾風伝説 特攻の拓(かぜでんせつ ぶっこみのたく)」から登場するキャラクターと愛車に注目してみたいと思います。今回は、「爆音小僧」の7代目の「ミツオ」の愛車「ホンダ・CB400Tホーク2(バブツー)」に注目です。


「疾風伝説・特攻の拓」:あらすじ

あわせて読みたい記事:【ヤンキー漫画映像化ランキング】ドラマ化、映画化して欲しい作品がズラリ

主人公は、県内で中の上の私立横浜港ヶ丘高校に通う1年生の浅川拓。彼は、学校では典型的ないじめられっ子のポジションを確立していました。その為、学校はただの辛い場所だと日々思っていました。ところが3学期のある日、後の拓の人生を変える転機が訪れます。それは、転校生の鳴神秀人との出会いでした。そこからその後、内部抗争が絶えない不良のふきだまりの私立聖蘭高校、通称「乱校」の1年D組に転校することとなる。話の流れで「爆音小僧」のメンバーとなります。最初の愛車は1980年代のバイクレーサーでありキングケニーとしてロードレース界で有名だったケニー・ロバーツからケニー・ロバーツ号こと「ヤマハ・FZR250R」でした。その愛車は乗り換えていき、ミラクルのバイクテクニックとケンカや友情で高校生活が大きく変わるという流れ。


「爆音小僧のミツオ」

あわせて読みたい記事:【特攻の拓のバイク】姫小路良のGS400Eリーゼントスペシャル
「爆音小僧」のメンバー。聖蘭高校1年D組。シンナー中毒者であり、前歯が欠けている為、常にマスクをしている。爆音小僧がシンナー厳禁であるにも関わらず、隠れてシンナーを吸引していたことが「マー坊(鮎川真里)」にばれ、厳しい制裁を受けたこともある。「港葉中」出身で、「姫小路 良(リョー)」とは中学時代からコンビを組んでいる。入学初日に「真島秋生(アキオ)」の愛車である「カワサキ・KH400」を傷物にしたことで彼の怒りを買い、乱校で初めて「ワンパンのアキオ」の拳の味わう羽目になった。爆音の準レギュラーの1人だがやられる場面が多い。愛車は「CB400TホークII(バブツー)」です。


「爆音小僧(ばくおんこぞう)」

あわせて読みたい記事:【特攻の拓のバイク】鮎川真里(マー坊)のCB400FOURヨンフォア

横浜の暴走族で通称「ムッチャクチャの爆音」と言われている。現在は七代目で、メンバーは聖蘭高校1年D組の生徒だけで構成。先代である六代目の頭は「真嶋秋男(アキオ/アッちゃん)」の兄の「真嶋夏生」で、当時は「榊龍也(朧童幽霊:ロードスペクター)」や「那森須王」もメンバーに擁していたが、「暴走りの特攻:半村誠」の死により解散。その後、「マー坊」と「アキオ」を中心に再結成され、七代目として現在のチームになっています。チームのルールとしてアンパンは厳禁。また、”殺す気の殴り込み”の時には、紫色の襷とハチマキを巻く、という初代からの伝統。背中の看板は「天下無敵」「暴走天使」。主な敵対族は「魍魎」「朧童幽霊」。主な集合場所は「真嶋商会」「D突」「柿の木公園」。


「ホンダ・CB400Tホーク2(バブツー)」:概要

あわせて読みたい記事:【東京リベンジャーズ】北村匠海(花垣武道)の愛車CB250Tバブ

「ホンダ・ホーク」シリーズが最初に発売されたのは、1977年5月25日。「ヨンフォア(ホンダCB400FOUR)」の後継車としてデビューしていました。実は当時、「ヨンフォア」はカフェレーサーを意識したスタイリッシュなデザインに、当時としては珍しかった中型の空冷4気筒車で免許制度の改正により生産終了となってもなお、中古車市場でも新車に近い価格で取引され、プレミア売買の元祖のような存在だったようです。一方、「ホーク(バブ)」は「中型なら2気筒の方が速いだろう」という理由で、4気筒から軽量2気筒になったマシンでコストカットで誕生したモデル。デザインもスタイリッシュとは言い難く、座布団のようだと言われた分厚いシートにアップハン、「やかん」と揶揄された丸いタンクなど、完成度については疑問を唱える声もあったものの、売れ行きは悪くなく乗り心地にコストダウンの影響を感じさせず、その乗りやすさから、多くの教習所で教習車に採用されたほど。

パワートレインは、吸気2・排気1の3バルブ配置とした」CB400TE型」の空冷4ストローク2気筒SOHCエンジン。そして、エンジンはバランサーを内蔵する内径x行程=70.5×50.6(mm)の超ショートストローク設計でした。電気進角式CDI点火を採用する上で、圧縮比を9.3に設定。排気量395ccから最高出力40ps/9,500rpm・最大トルク3.2kgf・m/8.000rpmのスペックをマーク。変速機は左足動式5段マニュアルトランスミッションを搭載。2気筒エンジンを採用した理由は、ミドルクラスなら4気筒より2気筒のほうが速く効率がよいとの理論に基づいており、最高出力は「ホンダ・CB400FOUR」の最高出力37ps(408ccモデル)・最高出力36ps(398ccモデル)に対して「ホンダ・CB400Tホーク2」は最高出力40psと10%程向上。また、燃料は強制開閉式CV型キャブレター2基により供給。エキゾーストマニホールドならびにマフラーは排気脈動効果から2into1の集合チャンバーがついた左右2本出しメガホンタイプを装着。また鉄製のスポークプレートをリベット留めした組み立て式ホイールが採用。


「ホンダ・CB400Tホークシリーズの特徴や違い」

あわせて読みたい記事:【東京リベンジャーズ】吉沢亮(マイキー)のCB250Tバブの仕様・価格

初期型:「やかんタンク」と呼ばれた丸いタンクが一番の特徴です。さらに外観で一番分かりやすいのはフロントブレーキで、Tバブはシングルディスク。車体番号の打刻形式はCB400T1000001~。「ホンダ・CB400Tホーク2」の後に「ホンダ・CB250Tホーク」がデビューする。

 

 


「ホンダ・CB400Nホーク3(バブN/バブスリー)」

あわせて読みたい記事:【佐田正樹】愛車カワサキZ750FXフェックス佐田ビルダーズ仕様

外装は「ホンダ・CB900」、「ホンダ・750F」などにも似たヨーロピアンスタイルとなっています。ギアが5速から6速になり、フロントブレーキがシングルからダブルディスクに変更。車体番号の打刻形式はCB400N1000001~。

  • ハンドルをセミフラットタイプに変更。
  • ハンドル位置変更に併せてバックステップを採用。
  • トランスミッションを6速に変更。
  • 燃料タンクを14Lに増量。
  • フロントディスクブレーキをダブル化。
  • コムスターホイールをリム・スポークプレート・ハブともにすべてアルミニウム合金製に変更。

「ホンダ・CB400スーパーホーク3(バブスリー/Nバブ)」

あわせて読みたい記事:【藤森慎吾】愛車のバイクのホンダ・ヨンフォア購入理由やスペック

「ホンダ・ホーク」シリーズの上位車種として発売されたモデルで、外見上の「CB400Nホーク3(Nバブ)」との違いはリアがディスクブレーキでエンジンは黒塗り、キックがない。ただし逆輸入車はリアがドラムブレーキの車種もある。車体番号の打刻形式はNC04-1000019~。

  • ハンドルロックをイグニッションキー連動タイプに変更。
  • ハンドルをジュラルミン鍛造製セパレートハンドルに変更。
  • ブレーキペタル・チェンジペタルもジュラルミン鍛造製に変更。
  • ステップホルダー・ハンドルトップブリッジをアルミ合金製に変更。
  • バックミラーをブレの少ない防振タイプに変更。
  • リヤブレーキをドラムからディスクへの変更。
  • 2輪車では初となるデュアルピストンキャリパーを採用。
  • フロントサスペンションをセミエアサス化。
  • キックスターターを廃止。
  • エンジンを黒塗装。
  • コムスターホイール・フロントフォークボトムケース・リヤサスペンションスプリングをゴールドカラー化。
  • タイヤをチューブレス化。

「ミツオのバブツー(CB400Tホーク2)」:スペック/価格

あわせて読みたい記事:【特攻の拓のバイク】真島秋生のKH400ケッチレインボースペシャル

「疾風伝説 特攻の拓」の「爆音小僧」の「ミツオ」の「ホンダ・CB400Tホーク2(バブツー)」。「ミツオ」は、風防、オニハン、旭日章旗カラー、直管…etc。このモデル自体はカスタムの定番は、シートのアンコ抜きやケツ上げ、アップハンドル、風防など。マフラーはクロス集合管など。この集合管に付け替えた際の爆音が「ホークシリーズ」の「バブ」の愛称。

その理由は「バー」「ブー」という排気音がするため。またボアダウン版のホークが登場すると、250ccの登録でエンジンだけ400ccに載せかえるなどの「裏技」も広まっていたようです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

カテゴリー

芸能人

特集・まとめ

ランキング記事

管理人:CIMASHIMA

管理人:CIMASHIMA

今となっては思い出となる旧車やカスタムマシンなど、今も気になるマシンは数知れず。そんな世界の名車やカスタムマシンたちの情報をお届けするブログです。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。