【特攻の拓のバイク】浅川拓のホンダCBX1000爆音スペシャル

この記事は4分で読めます

【特攻の拓のバイク】浅川拓のホンダCBX1000爆音スペシャル

あわせて読みたい記事:【佐田正樹】愛車カワサキZ750FXフェックス佐田ビルダーズ仕様

あわせて読みたい記事:【中尾明慶】愛車の1971年式のプリムス・バラクーダのスペック

あわせて読みたい記事:【ホットロード】バイク車種と春山(登坂広臣)のヨンフォアとCBR

ヤンキー漫画の金字塔とも言われる「疾風伝説 特攻の拓(かぜでんせつ ぶっこみのたく)」。この漫画でバイク好きになったり、旧車や名車、改造パーツやメーカーなど、あらゆるバイク知識に興味も持つようになった方も多いのではないでしょうか。また、仲間の絆についても考えさせられる漫画です。その「疾風伝説 特攻の拓(かぜでんせつ ぶっこみのたく)」から登場するキャラクターと愛車に注目してみたいと思います。今回は、主人公の「浅川拓(あさかわ たく)」の愛車「ホンダ・CBX1000爆音Coolストリートスペシャル」に注目です。


「疾風伝説・特攻の拓」:あらすじ

あわせて読みたい記事:【東京リベンジャーズ】キャラクター愛車バイク一覧と仕様スペック

主人公は、県内で中の上の私立横浜港ヶ丘高校に通う1年生の浅川拓。彼は、学校では典型的ないじめられっ子のポジションを確立していました。その為、学校はただの辛い場所だと日々思っていました。ところが3学期のある日、後の拓の人生を変える転機が訪れます。それは、転校生の鳴神秀人との出会いでした。そこからその後、内部抗争が絶えない不良のふきだまりの私立聖蘭高校、通称「乱校」の1年D組に転校することとなる。話の流れで「爆音小僧」のメンバーとなります。最初の愛車は1980年代のバイクレーサーでありキングケニーとしてロードレース界で有名だったケニー・ロバーツからケニー・ロバーツ号こと「ヤマハ・FZR250R」でした。その愛車は乗り換えていき、ミラクルのバイクテクニックとケンカや友情で高校生活が大きく変わるという流れ。


「浅川 拓(あさかわ たく)」

あわせて読みたい記事:【特攻の拓のバイク】浅川拓の愛車SR400ルシファーズハンマー

「特攻の拓」の主人公。私立横浜港ヶ丘高校に通い、“マジメ”こいて“いじめられっ子”だった生徒。愛称は「アサカー」「拓」「拓ちゃん」。「外道」の「鳴神秀人」と出会い、「強くなりたい」という気持ちが芽生えた事から、相手に立ち向かう勇気を少しずつ持つようになる。その後、内部抗争が絶えない不良のふきだまりの私立聖蘭高校、通称「乱校」の1年D組に転校することとなる(本人は進学校の県立聖蘭高校への編入と勘違いしていた)。話の流れで「爆音小僧」のメンバーとなるが、「外道」の「鳴神秀人」、元獏羅天のヒロシ&キヨシ&天羽、美麗の大珠、初代極悪蝶の来栖など、族の垣根を越えて仲良くなるため、常に厄介な位置にいる。故人である「半村誠」の面影をもち、それに気づいた一部の人間(特にマー坊)からは一目おかれている。愛車はケニー・ロバーツ号と名付けた「ヤマハ・FZR250R」。その後、エディ・ローソン号と名付けた「カワサキ・ゼファー400」、爆音ドラックスペシャルGPZ2856F、爆音Coolストリートスペシャル「ホンダ・CBX1000」、天羽時貞の悪魔の鉄槌(ルシファーズ・ハンマー)である「ヤマハ・SR400」。この他に半村晶の「ホンダ・CB350FOUR(バケヨン)」も一時借りていた。さらに横浜港ヶ丘高校時代には通学用にスクーターを所有し、かなりの所有台数となっています。


「爆音小僧(ばくおんこぞう)」

あわせて読みたい記事:【特攻の拓のバイク】鮎川真里(マー坊)のCB400FOURヨンフォア

横浜の暴走族で通称「ムッチャクチャの爆音」と言われている。現在は七代目で、メンバーは聖蘭高校1年D組の生徒だけで構成。先代である六代目の頭は「真嶋秋男(アキオ/アッちゃん)」の兄の「真嶋夏生」で、当時は「榊龍也(朧童幽霊:ロードスペクター)」や「那森須王」もメンバーに擁していたが、「暴走りの特攻:半村誠」の死により解散。その後、「マー坊」と「アキオ」を中心に再結成され、七代目として現在のチームになっています。チームのルールとしてアンパンは厳禁。また、”殺す気の殴り込み”の時には、紫色の襷とハチマキを巻く、という初代からの伝統。背中の看板は「天下無敵」「暴走天使」。主な敵対族は「魍魎」「朧童幽霊」。主な集合場所は「真嶋商会」「D突」「柿の木公園」。


「ホンダ・CBX1000」:概要

あわせて読みたい記事:【特攻の拓のバイク】 滝沢ジュンジのホンダCBX400Fの仕様

「CBX1000」は、ホンダから1978年12月9日に発表され欧米向けの輸出車として登場したモデル。

エンジンは排気量1,047ccの直列6気筒エンジンを搭載。ダイヤモンド型フレームに搭載されたCB1E型6気筒エンジンは燃料供給に28mm径CV型キャブレターを6基装着し最高出力105ps/9,000rpm・最大トルク8.6kg-m/8,000rpmのスペックを誇り、最高速度225km/h・0-400m加速11.65秒は当時の世界最速記録。幅を詰める目的からクランクケース両端を切り落とすなどしたほか、ハンドル・ステップ・ブレーキペダルチェンジペダルには量産車では初となるジュラルミン鍛造とした。しかし、「CB750F/900F」と共通のフロントサスペンションやダイヤモンドフレームの強度などの問題から、本来の開発コンセプトであるスーパースポーツとしてのポテンシャルを発揮できない状態。一方で「CB750F/900F」の大ヒットにより本モデルは1981年モデルよりフルカウル装備の高速ツアラーへと大幅なモデルチェンジを実施した。


「ホンダ・CBX1000」:モデル一覧

  • ※ハイフン以降のアルファベッドはモデルイヤーコード。
    1979年モデル:CBX-Z
    型式名CB1。1978年発売の1979年モデル。
  • 1980年モデル:CBX-A
    型式名SC03。1979年発売の1980年モデル。デュアルピストンキャリパー・ブラックコムスターホイール・セミエア式フロントサスペンションを装着。オイルクーラーの大型化を実施した反面でカムシャフト・キャブの変更により最高出力がダウン。
  • 1981年モデル:CBX-B
    型式名SC06。1980年発売の1981年モデル。フルカウリング装着やリヤサスペンションをプロリンクサス式に変更するなど大幅なモデルチェンジを実施。
  • 1982年モデル:CBX-C
    1981年発売の1982年モデル。シート後部にグラブバーを装備。

「ホンダ・CBX1000」:スペック/価格

  • 全長/幅/高:2220/885/1495mm
  • シート高:780mm
  • 車軸距離:1440mm
  • 車体重量:249kg(乾)
  • 燃料消費率:40.0km/L ※定地走行テスト値
  • 燃料容量:20L
  • エンジン:空冷4サイクルDOHC六気筒
  • 総排気量:1047cc
  • 最高出力:105ps/9000rpm
  • 最高トルク:8.6kg-m/8000rpm
  • 変速機:常時噛合式6速リターン
  • タイヤサイズ:前100/90-19(57S) 後130/90-16(67S)
  • バッテリー:FB12AL-A
  • プラグ:X22ES-U/X24ES-U(標準)/X27ES-UまたはD7EA/D8EA(標準)/D9EA
  • 推奨オイル:ウルトラ-U(10W-40)
  • オイル容量:全容量5.5L
  • スプロケ:前15|後35 [前18|後42]
  • チェーン:サイズ630|リンク86 [サイズ530|リンク108]
  • 車体価格:920,000円(税別)
  • 中古車相場:200万円〜ASK
  • ※国内正規販売なしのため
  • ※[]内は80年以降モデル

「浅川拓の愛車ホンダCBX1000爆音Coolストリートスペシャル」

あわせて読みたい記事:【特攻の拓のバイク】音速の四天王の人物と愛車スペックと中古車価格

「特攻の拓」に登場する「浅川拓」の愛車の一台、「ホンダCBX1000」。「爆音Coolストリートスペシャル」というネーミングから当時でいう「スカチューン」仕様、CBX1000をオフロードの足回りを入れて作中の「浅川拓」の会話でサスストロークが長くシート高は90mm上がっています。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

カテゴリー

芸能人

特集・まとめ

ランキング記事

管理人:CIMASHIMA

管理人:CIMASHIMA

今となっては思い出となる旧車やカスタムマシンなど、今も気になるマシンは数知れず。そんな世界の名車やカスタムマシンたちの情報をお届けするブログです。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。