【特攻の拓のバイク】姫小路良のGS400Eリーゼントスペシャル

この記事は4分で読めます

【特攻の拓のバイク】姫小路良のGS400Eリーゼントスペシャル

あわせて読みたい記事:【藤森慎吾】愛車のバイクのホンダ・ヨンフォア購入理由やスペック

あわせて読みたい記事:【佐田正樹】愛車XJ400佐田ビルダーズ/福岡連合デメキン仕様

あわせて読みたい記事:【東京リベンジャーズ】キャラクター愛車バイク一覧と仕様スペック

ヤンキー漫画の金字塔とも言われる「疾風伝説 特攻の拓(かぜでんせつ ぶっこみのたく)」。この漫画でバイク好きになったり、旧車や名車、改造パーツやメーカーなど、あらゆるバイク知識に興味も持つようになった方も多いのではないでしょうか。また、仲間の絆についても考えさせられる漫画です。その「疾風伝説 特攻の拓(かぜでんせつ ぶっこみのたく)」から登場するキャラクターと愛車に注目してみたいと思います。今回は、「爆音小僧」の7代目の「姫小路 良(ひめのこうじ りょう)」の愛車「スズキ・GS400Eに注目です。


「疾風伝説・特攻の拓」:あらすじ

あわせて読みたい記事:【ヤンキー漫画映像化ランキング】ドラマ化、映画化して欲しい作品がズラリ

主人公は、県内で中の上の私立横浜港ヶ丘高校に通う1年生の浅川拓。彼は、学校では典型的ないじめられっ子のポジションを確立していました。その為、学校はただの辛い場所だと日々思っていました。ところが3学期のある日、後の拓の人生を変える転機が訪れます。それは、転校生の鳴神秀人との出会いでした。そこからその後、内部抗争が絶えない不良のふきだまりの私立聖蘭高校、通称「乱校」の1年D組に転校することとなる。話の流れで「爆音小僧」のメンバーとなります。最初の愛車は1980年代のバイクレーサーでありキングケニーとしてロードレース界で有名だったケニー・ロバーツからケニー・ロバーツ号こと「ヤマハ・FZR250R」でした。その愛車は乗り換えていき、ミラクルのバイクテクニックとケンカや友情で高校生活が大きく変わるという流れ。


「姫小路 良(ひめのこうじ りょう)」

あわせて読みたい記事:【佐田正樹】愛車カワサキZ750FXフェックス佐田ビルダーズ仕様

「爆音小僧」のメンバー。聖蘭高校1年D組。中学時代から「“地獄”のリョー」を自称し、中学では2年ですでに学校の頂点に立っていた実力者。爆音メンバーの中では喧嘩の腕はアキオに次ぐ実力者だが、龍也等の頭クラスには敵わず、「浅川拓」のマブダチのヒロシとキヨシを見つけた際にはトイレの窓から逃げ出した事もある。転校直後は「浅川拓」を一方的に目の敵にしていたが、自分を助ける為に、ケージと単車で勝負したことから和解し、高く評価するようになった。好戦的で直情径行型の性格に加え、やや思慮に欠ける面があり、他チーム絡みのトラブルを呼び込む原因となる性格。敵対チームメンバーの中でも特に龍也への敵対心を剥き出しにしている。ミツオとは中学生時代からのマブダチ。転校初日の「タイマンボクシング」で「浅川拓」をかばった「カズ」を殴り倒すが、事が済んだ後は不貞腐れている「カズ」に彼なりのフォローをしたり、その後の爆音小僧の集会では走りで競い合ったり、普段の関係は悪くない。「港葉中」出身。実家は姫政寿司という寿司屋。「浅川拓」の自宅に電話をかけた時は礼儀正しい言葉遣いを見せたギャップの持ち主。ギター演奏を趣味としており、自分より優れた奏者である桜宮を一方的にライバル視している。”上等文句”は「死ぬまでやってやる!」。
愛車はリーゼント風防仕様の「スズキ・GS400E」。


「爆音小僧(ばくおんこぞう)」

あわせて読みたい記事:【特攻の拓のバイク】鮎川真里(マー坊)のCB400FOURヨンフォア

横浜の暴走族で通称「ムッチャクチャの爆音」と言われている。現在は七代目で、メンバーは聖蘭高校1年D組の生徒だけで構成。先代である六代目の頭は「真嶋秋男(アキオ/アッちゃん)」の兄の「真嶋夏生」で、当時は「榊龍也(朧童幽霊:ロードスペクター)」や「那森須王」もメンバーに擁していたが、「暴走りの特攻:半村誠」の死により解散。その後、「マー坊」と「アキオ」を中心に再結成され、七代目として現在のチームになっています。チームのルールとしてアンパンは厳禁。また、”殺す気の殴り込み”の時には、紫色の襷とハチマキを巻く、という初代からの伝統。背中の看板は「天下無敵」「暴走天使」。主な敵対族は「魍魎」「朧童幽霊」。主な集合場所は「真嶋商会」「D突」「柿の木公園」。


「スズキ・GS400」シリーズ:概要

あわせて読みたい記事:【東京リベンジャーズ】松野千冬の愛車スズキGSX250E(ゴキ)

GS400-1(初期型):1976年に、スズキで初めて400cc4ストロークDOHC直列2気筒エンジンを搭載したのが「GS400」。流麗なタンクからテールカウルまでのデザイン、スポークホイールが特徴。車体番号の打刻形式はGS400-10001~。

GS400-2:輸出仕様とのパーツ共有のため「GS400E」に取って代わられたシリーズ。エンジンなどは初期型よりもむしろEとの共通点が多いことが特徴。車体番号の打刻形式はGS400-42205~。

GS400E:エンジンの形式などは「GS400-2」と似通った部分も多い。最大の特徴が星型のキャストホイール。2本線でタンクの外周をなぞった塗装は「Eライン」と呼ばれています。車体番号の打刻形式はGS400-52482~。

GS400E2:フレームの細部に補強が入ったり、引きキャブ(チョーク部分のレバーが黒丸でレバーを引っ張ってチョーク作動を採用したりと、様々なマイナーチェンジが加えられたシリーズ。先端がカールした「E2ライン」は外装カスタムペイントの定番。車体番号の打刻形式はGS400-63122~。

GS400L:GS400Eとまったく同じエンジンを使用しているアメリカンタイプがGS400Lです。ノーマル状態の形状はかなり違うもののパーツ類に流用できるものも多く、敢えてGS400Lに乗るファンも多いようです。


「スズキ・GS400」:スペック・価格

  • 型式:GS400
  • 全長×全幅×全高 (mm) :2080×835×1125
  • ホイールベース (mm) :1385
  • 最低地上高(mm):160
  • 車両重量 (kg) :185
  • 最小回転半径(m):2.3
  • 乗車定員(名):2
  • 原動機型式:GS400
  • エンジン形式:4ストローク空冷並列2気筒DOHC
  • 排気量 (cc):398
  • ボア×ストローク(mm):65×60
  • 圧縮比:9:1
  • 最高出力:37ps/9000rpm
  • 最大トルク:3.3kgf・m/7500rpm
  • 燃料供給方式:キャブレター
  • 燃料タンク容量 (L):14
  • エンジン始動方式:セルフ・キック 併用式
  • バッテリー容量:12V-10Ah
  • エンジンオイル容量※全容量 (L):2.6
  • クラッチ形式:湿式・多板
  • 変速機形式:リターン式・6段変速
  • 変速比:1速 2.460/2速 1.776/3速 1.379/4速 1.125/5速 0.961/6速 0.851
  • フレーム型式:ダブルクレードル
  • キャスター角:28°00′
  • トレール量 (mm):94
  • ブレーキ形式(前):油圧式ディスク
  • ブレーキ形式(後):機械式リーディングトレーリング
  • サスペンション:(前) テレスコピックフォーク(後) スイングアーム式
  • タイヤ(F/R): 3.00-18/3.50-18
  • 新車価格:35万円
  • 中古車価格:100万〜250万円

「姫小路 良(リョー)のジーエス(GS400E)」:スペック/価格

あわせて読みたい記事:【特攻の拓のバイク】真島秋生のKH400ケッチレインボースペシャル

  • 「疾風伝説 特攻の拓」の「爆音小僧」の「姫小路 良(リョー)」の愛車は、吸込みコール発祥名車の「スズキ・GS400」の「E」型です。「姫小路 良(リョー)」のジーエスちゃんのカスタム内容は、純正アップハン(GS400L用?)、ヨーロピアンウインカー、風防(リーゼント風防仕様)、ショート3段シートエナメル張り、タンデムバー、Z2テールカウル跳ね上げ加工、集合管マフラーハス切り仕様、旗坊。
  • 最高出力:37ps/9000rpm
  • 最大トルク:3.3kgm/7500rpm
  • 最高速度:170km/h
  • 中古車価格:100万円〜250万円

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

芸能人

特集・まとめ

ランキング記事

管理人:CIMASHIMA

管理人:CIMASHIMA

今となっては思い出となる旧車やカスタムマシンなど、今も気になるマシンは数知れず。そんな世界の名車やカスタムマシンたちの情報をお届けするブログです。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。