【特攻の拓のバイク】吾代礼のRZ350ナナハンキラーAJS仕様

この記事は4分で読めます

【特攻の拓のバイク】吾代礼のRZ350ナナハンキラーAJS仕様

あわせて読みたい記事:【山谷花純】湘南純愛組!の愛車エリミネーター750夜叉/渚仕様

あわせて読みたい記事:【竹内力】湘南爆走族に登場する愛車のカワサキZ400FXの仕様

あわせて読みたい記事:【東京リベンジャーズ】キャラクター愛車バイク一覧と仕様スペック

ヤンキー漫画の金字塔とも言われる「疾風伝説 特攻の拓(かぜでんせつ ぶっこみのたく)」。この漫画でバイク好きになったり、旧車や名車、改造パーツやメーカーなど、あらゆるバイク知識に興味も持つようになった方も多いのではないでしょうか。また、仲間の絆についても考えさせられる漫画です。その「疾風伝説 特攻の拓(かぜでんせつ ぶっこみのたく)」から登場するキャラクターと愛車に注目してみたいと思います。今回は、「吾代 礼(ごだい れい)」の愛車の「ヤマハ・RZ350(ナナハンキラー)」に注目です。


「疾風伝説・特攻の拓」:あらすじ

あわせて読みたい記事:【佐田正樹】愛車XJ400佐田ビルダーズ/福岡連合デメキン仕様

主人公は、県内で中の上の私立横浜港ヶ丘高校に通う1年生の浅川拓。彼は、学校では典型的ないじめられっ子のポジションを確立していました。その為、学校はただの辛い場所だと日々思っていました。ところが3学期のある日、後の拓の人生を変える転機が訪れます。それは、転校生の鳴神秀人との出会いでした。そこからその後、内部抗争が絶えない不良のふきだまりの私立聖蘭高校、通称「乱校」の1年D組に転校することとなる。話の流れで「爆音小僧」のメンバーとなります。最初の愛車は1980年代のバイクレーサーでありキングケニーとしてロードレース界で有名だったケニー・ロバーツからケニー・ロバーツ号こと「ヤマハ・FZR250R」でした。その愛車は乗り換えていき、ミラクルのバイクテクニックとケンカや友情で高校生活が大きく変わるという流れ。


「吾代 礼(ごだい れい)」

あわせて読みたい記事:【特攻の拓のバイク】八尋渉のCB400FOURヨンフォアAJS仕様

「妖艶童子」の十二代目頭で「相州聖龍連盟會(AJS)」の副會長。愛称は「礼ちゃん」。ヘビー級の体格で80kgある。魍魎の武丸に二度返り討ちに遭った責任を追及され八尋にシメられてしまう。単行本最終巻ではB突の乱闘において八尋を裏切り、不意打ちとはいえ鉄パイプで殴り倒す(その瞬間の八尋は、両鼻から鼻血を噴出するかなり衝撃的な描写だった)も、直後に乱入してきた「鳴神秀人」に瞬殺されてしまった。結局この行動が直接の原因で聖龍連は解散してしまう。愛車はカウルとシングルシートの「ヤマハ・RZ350」。


「妖艶童子(セクシー)」

あわせて読みたい記事:【特攻の拓のバイク】柾那智のホンダCBX400Fの極悪蝶仕様

湘南の暴走族。現在、十二代目。「AJS」の”S”。聖龍連の”特攻(イケイケ)”的存在。湘南の”お祭り”全盛期には、地方ナンバーの単車や車を片っ端から的にかけていたらしい。背中の看板は「MID NIGHT SEXY」。主な敵対族は「極悪蝶」「魍魎」。


「ヤマハ・RZ350」:概要

あわせて読みたい記事:【黒瀬純】愛車カワサキZ750GPパンクブーブー仕様のスペック

1970年代、北米を中心に自動車排出ガス規制が強化され、2ストロークエンジンの使用が厳しくなってゆく中、最後の2ストロークスポーツモデルを作るという思想から誕生。ヤマハはあえて「正真正銘、最後の2ストロークスポーツ」を開発するという決断。2ストならではのシンプルなメカニズムで、2ストでなくては実現できない走りの爽快感、胸のすくような加速フィーリングを実現する。そんな2スト復権の切り札として開発されたピュアスポーツが1980年に登場した「ヤマハ・RZ250」でした。

ちなみにネーミングの由来の「RZ」の「R」は元来はヤマハ社内で350ccを意味している記号、「Z」は水冷を意味。他にアルファベット最後の文字から転じて、最後の、究極のといった意味も込めているということです。世界中のサーキットで絶大な支持を集めていた2スト市販レーサー・TZ250の技術をダイレクトに取り入れ、エンジンの水冷化によってハイパワーと排ガス規制を両立させると共に、徹底的な軽量化も追求。RDまでの長い歴史で培った優れたハンドリング、GKインダストリアルの手になるレーシーで美しいスタイルとも合わせて、究極の2ストと呼ぶにふさわしい高性能を実現。1979年の秋に9月のパリショー初公開されるや全世界で大きな反響を呼び、同年の東京モーターショーでも注目度ナンバー1。国内発売は1980年の8月から。さらに翌年には排気量を拡大した「ヤマハ・RZ350」が追加され、ハイパワーな「ナナハンキラー」としてRZ人気がさらに加熱。消滅の危機に貧していたヤマハ2ストスポーツどころか、他メーカーの2ストスポーツの息をも吹き返させ、後のレーサーレプリカブームのきっかけにもなった「ヤマハ・RZ250」。

まさに歴史的な名車と呼ぶべき存在。そして、「ヤマハ・RZ350」については、250ccの「RZ250(4L3型)」の登場から1年後の1981年に登場。一般には、おおむねエンジンの排気量と、ダブルディスク化されて制動力を強化した程度の認識ですが、100ccの違いから生まれるエンジンの素性は、パワー・バンドを過ぎた後のオーバーラン特性にも優れ、250ccよりも高速回転域が伸びやかなフィーリング。走行性能を大きく左右するパワーウェイトレシオの数値も250の3.97kg/psから3.17kg/psへ引上げられています。これは当時の750ccクラスと肩を並べる数値であったため、「ナナハンキラー(北米では「ポケットロケット」)」の異名を持つまでの存在となったのです。「ヤマハ・RZ250」との主な違いは、排気量(ボア・ストローク=54mm×54mm 247cc⇒64x54mm 347cc)の他、フロントブレーキのダブルディスク化(マスターシリンダーも変更)、オイルポンプ駆動用ウォームギアの変更による吐出量増加、キャブレタージェット類の変更、トップブリッジのハンドルマウントのラバーマウント化、二次減速比変更に伴ってドライブ・スプロケット、ドリブン・スプロケットの歯数変更、リアホイールに内蔵するハブ・ダンパーの大型化(250の丸形ラバー・ブッシュタイプから、チーズダンパーへ変更)など多くのパーツが変更されています。


「ヤマハ・RZ250」:スペック

  • エンジン型式:水冷2ストローク・ピストンリードバルブ並列2気筒
  • 総排気量:247㏄
  • 内径╳工程:54.0╳54.0㎜
  • 圧縮比:6.2
  • 最高出力:35PS/8500rpm
  • 最大トルク:3.0㎏-m/8000rpm
  • 燃料供給方式:キャブレター
  • 変速機型式:常時噛み合い式6速リターン
  • 全長:2080㎜
  • 全幅:740㎜
  • 全高:1085㎜
  • 軸間距離:1355㎜
  • シート高:790㎜
  • 乾燥重量:139㎏
  • キャスター:26°50′
  • トレール:101㎜
  • 燃料タンク容量:16.5L
  • タイヤサイズ(前):3.00S18
  • タイヤサイズ(後):3.50S18

「吾代礼のヤマハRZ350AJS仕様」

あわせて読みたい記事:【岩井勇気】愛車のカワサキ500ssカミナリマッパハライチ仕様

「特攻の拓」に登場する「吾代礼(ごだい れい)」の愛車は、ナナハンキラーと呼ばれた名車「ヤマハ・RZ350」。アッパーカウル、シングルシート、チャンバー…etc。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

カテゴリー

芸能人

特集・まとめ

ランキング記事

管理人:CIMASHIMA

管理人:CIMASHIMA

今となっては思い出となる旧車やカスタムマシンなど、今も気になるマシンは数知れず。そんな世界の名車やカスタムマシンたちの情報をお届けするブログです。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。