【特攻の拓のバイク】浅川拓の愛車ゼファー400エディ・ローソン号

この記事は4分で読めます

【特攻の拓のバイク】浅川拓の愛車ゼファー400エディ・ローソン号

あわせて読みたい記事:【佐田正樹】愛車カワサキZ750FXフェックス佐田ビルダーズ仕様

あわせて読みたい記事:【ゆきぽよ/木村有希】彼氏や愛車、実は努力家のすっぴん画像も綺麗

あわせて読みたい記事:【東京リベンジャーズ】キャラクター愛車バイク一覧と仕様スペック

ヤンキー漫画の金字塔とも言われる「疾風伝説 特攻の拓(かぜでんせつ ぶっこみのたく)」。この漫画でバイク好きになったり、旧車や名車、改造パーツやメーカーなど、あらゆるバイク知識に興味も持つようになった方も多いのではないでしょうか。また、仲間の絆についても考えさせられる漫画です。その「疾風伝説 特攻の拓(かぜでんせつ ぶっこみのたく)」から登場するキャラクターと愛車に注目してみたいと思います。今回は、主人公の「浅川拓(あさかわ たく)」の愛車「カワサキ・ゼファー400(エディ・ローソン号)」に注目です。


「疾風伝説・特攻の拓」:あらすじ

あわせて読みたい記事:【ヤンキー漫画映像化ランキング】ドラマ化、映画化して欲しい作品がズラリ

主人公は、県内で中の上の私立横浜港ヶ丘高校に通う1年生の浅川拓。彼は、学校では典型的ないじめられっ子のポジションを確立していました。その為、学校はただの辛い場所だと日々思っていました。ところが3学期のある日、後の拓の人生を変える転機が訪れます。それは、転校生の鳴神秀人との出会いでした。そこからその後、内部抗争が絶えない不良のふきだまりの私立聖蘭高校、通称「乱校」の1年D組に転校することとなる。話の流れで「爆音小僧」のメンバーとなります。最初の愛車は1980年代のバイクレーサーでありキングケニーとしてロードレース界で有名だったケニー・ロバーツからケニー・ロバーツ号こと「ヤマハ・FZR250R」でした。その愛車は乗り換えていき、ミラクルのバイクテクニックとケンカや友情で高校生活が大きく変わるという流れ。


「浅川 拓(あさかわ たく)」

あわせて読みたい記事:【特攻の拓のバイク】浅川拓の愛車ヤマハFZR250Rケニー・ロバーツ号

「特攻の拓」の主人公。私立横浜港ヶ丘高校に通い、“マジメ”こいて“いじめられっ子”だった生徒。愛称は「アサカー」「拓」「拓ちゃん」。「外道」の「鳴神秀人」と出会い、「強くなりたい」という気持ちが芽生えた事から、相手に立ち向かう勇気を少しずつ持つようになる。その後、内部抗争が絶えない不良のふきだまりの私立聖蘭高校、通称「乱校」の1年D組に転校することとなる(本人は進学校の県立聖蘭高校への編入と勘違いしていた)。話の流れで「爆音小僧」のメンバーとなるが、「外道」の「鳴神秀人」、元獏羅天のヒロシ&キヨシ&天羽、美麗の大珠、初代極悪蝶の来栖など、族の垣根を越えて仲良くなるため、常に厄介な位置にいる。故人である「半村誠」の面影をもち、それに気づいた一部の人間(特にマー坊)からは一目おかれている。愛車はケニー・ロバーツ号と名付けた「ヤマハ・FZR250R」。その後、エディ・ローソン号と名付けた「カワサキ・ゼファー400」、爆音ドラックスペシャルGPZ2856F、爆音Coolストリートスペシャル「ホンダ・CBX1000」、天羽時貞の悪魔の鉄槌(ルシファーズ・ハンマー)である「ヤマハ・SR400」。この他に半村晶の「ホンダ・CB350FOUR(バケヨン)」も一時借りていた。さらに横浜港ヶ丘高校時代には通学用にスクーターを所有し、かなりの所有台数となっています。


「爆音小僧(ばくおんこぞう)」

あわせて読みたい記事:【特攻の拓のバイク】真嶋夏生のホンダCB1100R爆音スペシャル

横浜の暴走族で通称「ムッチャクチャの爆音」と言われている。現在は七代目で、メンバーは聖蘭高校1年D組の生徒だけで構成。先代である六代目の頭は「真嶋秋男(アキオ/アッちゃん)」の兄の「真嶋夏生」で、当時は「榊龍也(朧童幽霊:ロードスペクター)」や「那森須王」もメンバーに擁していたが、「暴走りの特攻:半村誠」の死により解散。その後、「マー坊」と「アキオ」を中心に再結成され、七代目として現在のチームになっています。チームのルールとしてアンパンは厳禁。また、”殺す気の殴り込み”の時には、紫色の襷とハチマキを巻く、という初代からの伝統。背中の看板は「天下無敵」「暴走天使」。主な敵対族は「魍魎」「朧童幽霊」。主な集合場所は「真嶋商会」「D突」「柿の木公園」。


「カワサキ・ゼファー400」:概要

あわせて読みたい記事:【特攻の拓のバイク】 進藤貴則のカワサキKH400ケッチA7型

1988年にデビューを果たしたKAWASAKI ゼファー400。バイク全盛期の時代に発売されたKAWASAKIを代表するネイキッドであり、非常に高いパワーを誇る名車です。最終型は1995年モデル。
空冷4気筒のエンジンは最高出力46馬力、最大トルク3.1kgf/mを誇り、当時の若者にとって憧れともいえる存在でした。時代の流行に媚びない尖ったスタイルと、カスタム性の高さは多くのライダーを虜にし、現在でも中古バイクとして根強い人気を誇る1台です。
当時は400ccネイキッドの戦国時代ともいえるほどの過熱ぶりで、ホンダCB400SFなども同時期に高い人気を誇りました。HONDAは幅広い世代にとって乗りやすいバイク作りが得意であったのに対し、KAWASAKIはストイックなまでにバイクのあるべき姿を追求してきました。結果としてKAWASAKIには非常にコアなファンが定着し、今もなおKAWASAKIというブランドに魅せられているユーザーも多く存在します。
そのような時代を象徴するバイクこそがゼファー400でもあるのです。初代モデルの登場から30年が経過した現在、ゼファー400は旧車の部類に入る存在となり、状態の良い中古バイクの中には驚くべきプレミア価格として取引されているものも存在します。一方で、カスタムを楽しむユーザーも多かったことから給排気系や外装、エンジンに至るまで様々な改造が施されたものも多く、ゼファー400を購入する際にはエンジンをはじめ、給排気系などのパーツに異常がないかを入念に確認しておく必要があります。


「カワサキ・ゼファー400」:スペック

  • エンジン型式:空冷4ストローク4気筒DOHC2バルブ
  • 総排気量(内径×行程):399cc(55×42mm)
  • 最高出力︰46ps/11000rpm
  • 最大トルク︰3.1kg-m/10500rpm
  • 圧縮比︰9.7︰1
  • 変速機:6速リターン
  • 全長×全幅×全高︰2100×755×1095mm
  • 軸距離︰1440mm
  • 乾燥重量︰177kg
  • 燃料タンク容量︰15ℓ
  • タイヤ前・後︰110/80-17 57H・140/70-18 66H

「浅川拓の愛車ゼファー400エディ・ローソン号」

あわせて読みたい記事:【特攻の拓のバイク】半村誠のホンダCB350FOUR(バケヨン)

「疾風伝説 特攻の拓」の「爆音小僧」の「浅川拓(あさかわ たく)」の愛車は、「カワサキ・ゼファー400」で「エディ・ローソン号」と名付けている。この愛車は「ヤマハ・FZR250R(ケニー・ロバーツ号)」の次に登場。

フルノーマルから後に真島商会でFⅡ仕様にフルカスタムされ「カワサキ・ゼファーFⅡ仕様フルチューン2秒しかもたなかったぜ!真島商会スペシアル!!」になり、最高出力は70PSオーバーとなっていました。しかし、始動後2秒で壁に激突。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

カテゴリー

芸能人

特集・まとめ

ランキング記事

管理人:CIMASHIMA

管理人:CIMASHIMA

今となっては思い出となる旧車やカスタムマシンなど、今も気になるマシンは数知れず。そんな世界の名車やカスタムマシンたちの情報をお届けするブログです。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。