【特攻の拓の愛車】鰐淵春樹の愛車S130フェアレディZ夜叉神仕様

この記事は3分で読めます

【特攻の拓の愛車】鰐淵春樹の愛車S130フェアレディZ夜叉神仕様

あわせて読みたい記事:【東京リベンジャーズ】キャラクター愛車バイク一覧と仕様スペック

あわせて読みたい記事:【佐田正樹】愛車XJ400佐田ビルダーズ/福岡連合デメキン仕様

あわせて読みたい記事:【寛一郎】 湘南純愛組!の愛車カワサキ・ゼファー400鬼爆仕様

ヤンキー漫画の金字塔とも言われる「疾風伝説 特攻の拓(かぜでんせつ ぶっこみのたく)」。この漫画でバイク好きになったり、旧車や名車、改造パーツやメーカーなど、あらゆるバイク知識に興味も持つようになった方も多いのではないでしょうか。また、仲間の絆についても考えさせられる漫画です。その「疾風伝説 特攻の拓(かぜでんせつ ぶっこみのたく)」から登場するキャラクターと愛車に注目してみたいと思います。今回は、横浜の暴走族「夜叉神」の総会長である「鰐淵 春樹(わにぶち はるき)」の愛車「カワサキ・Z1000J(ジェイソン)」に注目です。


「疾風伝説・特攻の拓」:あらすじ

あわせて読みたい記事:【湾岸ミッドナイト】S30悪魔のZの仕様・ベースモデルS130

主人公は、県内で中の上の私立横浜港ヶ丘高校に通う1年生の浅川拓。彼は、学校では典型的ないじめられっ子のポジションを確立していました。その為、学校はただの辛い場所だと日々思っていました。ところが3学期のある日、後の拓の人生を変える転機が訪れます。それは、転校生の鳴神秀人との出会いでした。そこからその後、内部抗争が絶えない不良のふきだまりの私立聖蘭高校、通称「乱校」の1年D組に転校することとなる。話の流れで「爆音小僧」のメンバーとなります。最初の愛車は1980年代のバイクレーサーでありキングケニーとしてロードレース界で有名だったケニー・ロバーツからケニー・ロバーツ号こと「ヤマハ・FZR250R」でした。その愛車は乗り換えていき、ミラクルのバイクテクニックとケンカや友情で高校生活が大きく変わるという流れ。


「夜叉神(やしゃがみ)」

あわせて読みたい記事:【特攻の拓のバイク】鎖島直の愛車ホンダCBR400F夜叉神仕様

横浜の暴走族。通称「組織力の夜叉神」。現在、第19期。構成人数1000人を超える単体では県下最大数の族。「本郷支部」「山の手台支部」など横浜中に各支部を持ちながら、各支部が本部を名乗り一向に纏まらなかった族であるが、それを初めて纏め上げたのが鰐淵である。しかし、未だ各支部同士が友好的な訳ではなく、小競り合いがある様子。親衛隊は「狂音烈士隊」と呼ばれる。乱校では1年と3年が主要メンバー。背中の看板は「天衣無縫羅刹」。


「鰐淵 春樹(わにぶち はるき)」

あわせて読みたい記事:【特攻の拓のバイク】音速の四天王の人物と愛車スペックと中古車価格

「夜叉神」第19期総会長。乱校3年D組。そして「音速の四天王」の一人を担っています。1000人を超える族の総会長であり、他の族にも強い影響力を持つ。「半村誠追悼集会」や「増天寺ライブ」等の主催者にもなった。18歳と思えぬ貫禄に加え、自制心も持ち合わせており、彼はあくまでもチームを”走り屋”でありたいと考えているようです。事情あってタイマンを張る事になった「浅川拓」は、その拳を「今までの誰よりも痛い」と表現している。その容貌はいつも薄いサングラスをかけており、萌子とお揃いで左耳に3連ピアスをつけている。最終回の全面戦争には参加しなかった人物。愛車はブルーメタリックの「日産・フェアレディ280Z(S130型)」と、「カワサキ・Z1000J」のカウルなしローソンレプリカ仕様(通称「ジェイソン」)。


「日産:フェアレディZ(S130)」:概要

あわせて読みたい記事:【フェアレディZ・S30/S31】悪魔のZのベースは初代モデル

1978年8月にデビューした2代目フェアレディZ(S130系)は、北米で爆発的ヒットとなった初代モデルの「S30型:フェアレディZ」のスタイリングコンセプトを受け継ぎ、より車格が高められたモデルです。先代のロングノーズ・ショートデッキスタイルを継承しながら、2代目はややワイドサイズとなり、エンジンも2.0Lの「200Z」と2.8Lの「280Z」の2つのL型エンジンを設定していました。先代を正常進化させたスタイルであったものの、リアサスペンションがセミトレーリングアームに変更された影響で、燃料タンクとスペアタイヤ収納部がより後方へ移動し、リアオーバーハングが拡大しています。大型化や装備の充実により車重は増したものの、エンジンをL型のターボモデルや大排気量モデルが設定されることにより走行性能の向上も図られたモデルでもありました。S130型が活躍していた当時の最新装備として注目を集めたのがターボモデルでしたが、まだそのノウハウも普及しておらず純正ですらドッカンフィールだったため、チューニングシーンではやはりL型3L、3.1LといったNAチューンが主流でした。また当時、多くのチューナーが排気量アップ+大型タービン仕様などにも挑んだものの、制御系パーツが未熟な時代だったためにターボラグが大きく、全域で実用的な性能を備えたチューニングカーは多くなかった時代でもありました。実際、ターボチューンが完全に安定したのは1990年代からでしょう。


「日産:フェアレディ 280Z-L」:スペック

  • 型式:HS130
  • 全長 × 全幅 × 全高:4,620mm × 1,690mm × 1,305mm
  • ホイールベース:2,520mm
  • トレッド(F/R):1,385mm / 1,380mm
  • エンジン形式:L28E
  • 排気量:2,753cc
  • ボア × ストローク:66.0mm × 79.0mm
  • 圧縮比:8.3
  • 最高出力:155ps / 5,200rpm
  • 最大トルク:23.5kgm / 4,000rpm
  • トランスミッション:5速MT
  • 駆動方式:FR
  • サスペンションシステム(F/R):ストラット / セミトレーリングアーム
  • ブレーキシステム(F/R):ベンチレーテッドディスク / ディスク
  • 車体重量:1,330kg
  • 最高速度:194km/h
  • 0-400m加速:16.64秒

「鰐淵 春樹(わにぶち はるき)のS130型日産フェアレディZ」

あわせて読みたい記事:【中尾明慶】愛車の1971年式のプリムス・バラクーダのスペック

「疾風伝説 特攻の拓(かぜでんせつ ぶっこみのたく)」から登場するキャラクターとして貫禄ある人物、横浜の暴走族「夜叉神」の総会長である「鰐淵 春樹(わにぶち はるき)」の愛車は「日産・フェアレディZ」。

2代目モデルのS130型。グレードは280Z。ボディカラーはブルーメタリック。ヒロレーシングのフルエアロ、輸出用ミラー、L28改フルチューンエンジン。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

カテゴリー

芸能人

特集・まとめ

ランキング記事

管理人:CIMASHIMA

管理人:CIMASHIMA

今となっては思い出となる旧車やカスタムマシンなど、今も気になるマシンは数知れず。そんな世界の名車やカスタムマシンたちの情報をお届けするブログです。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。