【ブガッティ・ディーボ】加速+ハンドリング重視マシンでデビュー

この記事は2分で読めます

【ブガッティ・ディーボ】加速+ハンドリング重視マシンでデビュー

あわせて読みたい記事:【0-100km/h最速 ランキング】FRで加速最速ベスト10

あわせて読みたい記事:【ニュルブルクリンク最速ランキング】2017年ベストバージョン

あわせて読みたい記事:【Alieno Arcanum】5,221psのEVマシン登場

世界最高速のスーパースポーツマシンとして有名な「ブガッティ」社のマシンは、先日「ブガッティ・シロン・スポーツ」を発表しました。しかし「ブガッティ」は、さらにハードコアな「ブガッティ・シロン」を発売する、とのことで注目されています。「ブガッティ・シロン・スポーツ」は、出力の変更はないものの、軽量ホイールや軽量カーボンパーツの採用(ワイパーアームなどカーボン製となっている)で18lgの軽量化を達成し、さらに強化サスペンションやショックアブソーバーの設定変更(10%レートが高い)、ステアリングラックの強化、デフやトルクベクタリングの設定がスポーツ寄りになるというセッティングが施されており、ハンドリング重視のセッティングとなっています。そして、価格は通常の「ブガッティ・シロン」に比較して2,000万円ほど高い「3億7,000万円」ということです。

それでも今回の発表によってさらなる驚きの内容となっているようです。このニューモデルともいえる「ブガッティ・シロン」の概要はロサンゼルスにて開催された極めて限定的なブガッティ開催のイベントで公開されたとしており、それによると「レーシングカー由来のトランスミッション(しかし街乗り性能も損なわない)」採用などが伝えられています。なお、参加者は「内容を語らないという」誓約書にサインしているので詳細が漏れるようなことはなさそうです。同様にニューヨークで開催された限定イベントの参加者によると、その名称は「Divo(ディーボ)」となり、生産台数は100台以下で、そしてもちろん「完売」している、とのことです。詳細としては、2018年8月24日にアメリカのカリフォルニア州で開催されるイベントで初公開となっており、世界限定40台、販売価格:6億5,000万円ということです。

さらに「ブガッティ・ディーヴォ」は標準の「ブガッティ・シロン」が「最高速420km/h(理論値)」を誇るのに対して385km/hにとどまるとされ、エアロダイナミクスも「385km/hまでで走ること」を前提とされているようです。

こうしたスペックからも理解できますが超高速域を捨てることでサーキットで使用する領域のダウンフォースを強化しているということになります。それでも、0-100km/hを含む加速は現行の「ブガッティ・シロン」よりもかなり速くなっている、とされています。そのほか「ブガッティ・シロン・スポーツ」よりもさらに軽量化がなされていると言われるものの、現時点ではなにかもが推測の領域からは出ていないとのことです。価格についても「6億5,000万円」、つまり標準のシロンに比較しても倍近い価格となるとされているのです。ということになると、その価格差を納得させることができるだけのまだまだ話題に登っていないシークレットがあると考えられます。なお、現代の「ブガッティ」は「ブガッティ・ヴェイロン」にて「1000馬力オーバー」「最高速度400km/hオーバー」を掲げて登場したものの、その後は「ヘネシー」社や「ケーニグセグ」社に「最高速記録」を奪われた状態です。「ブガッティ・シロン」においても樹立した加速~減速記録をあっさり「ケーニグセグ・アゲーラ」に破られ、「もはや馬力や最高速はその性能の証明にならない」と考えたのかもしれません。もしかすると今後ニュルブルクリンクへの挑戦も考えられ、そうなると「ポルシェ・911GT2RS」をも凌駕するタイムを記録するのでは、と考えられています。

Related Post


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

管理人:CIMASHIMA

管理人:CIMASHIMA

幼い頃に近所にあったDR30スカイラインのスーパーシルエット仕様に衝撃を受けて、車の魅力に取りつかれる。その後、行きつけの駄菓子屋のオバちゃんが910ブルーバードnismoバージョンを購入し車好きが加速。そして、憧れだったDR30を免許取得後に購入し、イジって乗り回すもエンジンブローで最期を迎えてしまう。今となっては思い出となるも旧車やカスタムマシンなど、今も気になるマシンは数知れず。そんな世界の名車やカスタムマシンたちの情報をお届けするブログです。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。