【BMW・M1 PROCAR】 グループ5仕様のスペックと軌跡

この記事は2分で読めます

【BMW・M1 PROCAR】 グループ5仕様のスペックと軌跡

あわせて読みたい記事:【BMW M1】限定10台の希少モデルが存在で販売中!価格は?

あわせて読みたい記事:【ポルシェ・935】 シルエットフォーミュラで無敵だったマシン

あわせて読みたい記事:【WRC 名車列伝】初期のラリーで活躍したFR・FFモデルたち

「BMW M1」は生産期間わずか3年(1978-1981)であり、477台のみが製造された希少モデルです。しかも、「ミドシップレイアウト」を持つスーパーカーとしてデビューしました。実は、このモデルは車体の設計は「ランボルギーニ」社が担当していましたが、後に1978年4月に提携解消しています。また、デザインはジョルジエット・ジウジアーロが担当しているクルマで、「BMW」は「M1」開発のために大変、手をかけたモデルだったのです。

  • (出典:www.thedrive.com)

そのヒストリーとしては、1976年に「BMWモータースポーツ(現BMW M)」が、当時「ポルシェ・934」や「ポルシェ・935」の独擅場だったグループ4およびグループ5シルエットフォーミュラを制するため「E-26」の開発を始めました。当初想定されていた自社製のV型12気筒4.5 リッターエンジンは、大きく重いだけでなく、オイルショックの時期が重なっており採用が見送られることとなりました。

  • (出典:periodismodelmotor.com)

代わりにヨーロッパツーリングカー選手権用に開発された「M-88」型の排気量:3,453 cc直列6気筒DOHCエンジンが「クーゲルフィッシャー」社製の機械式インジェクションと組み合わせ採用されました。このユニットは長大でありその結果ホイールベースの延長という弊害をもたらしたものの、潤滑系統にドライサンプ方式を採用することによりエンジンの搭載位置を大幅に下げ、重心を低くすることを可能としました。そのためクランクシャフトの中心は地上から185 mmに設定されています。圧縮比:9.0で最高出力:277ps / 6,500 rpmの公道仕様、圧縮比:11.5で最高出力:470ps / 9,000 rpmのグループ4仕様、排気量を3,153 ccに縮小し、「KKK」社製ターボを装備した最高出力:850ps / 9,000 rpmのグループ5仕様が用意されました。

  • (出典:periodismodelmotor.com)

しかし、ミッドシップの駆動方式は全く未経験であったため、「BMW」は「ランボルギーニ」に開発とシャシー関連の製造を委託することとなりました。開発は、レーシングカー関連の設計を手がけ、後にレーシングカーのシャシ製作会社を興した「ジャンパオロ・ダラーラ」が担当しています。シャシーは角形鋼管で形成されたマルケージ製セミスペースフレームを採用し、全ての応力を強靭なフレームのみで受け止める構造となっており、応力のかからない外板は全てFRP製で、ボルトオンと接着を併用して取り付けられています。


「BMW M1」:スペック

  • エンジン形式:直列6気筒
  • 排気量:3.453cc(グループ5:3.153cc)
  • 圧縮比:9.0(グループ4:11.5)
  • 最高出力:277ps / 6,500 rpm(ベースモデル)
  • 最高出力:470ps / 9,000 rpm(グループ4仕様)
  • 最高出力:850ps / 9,000 rpm(グループ5仕様)
  • 駆動方式:MR
  • トランスミッション:5MT
  • サスペンションシステム:ダブルウィッシュボーン
  • 全長 × 全幅 × 全高:4.300mm × 1.824mm × 1.140mm
  • ホイールベース:2,560mm
  • 車両重量:1,300kg

「BMW M1 PROCAR シルエット・フォーミュラ(グループ5)仕様」:ヒストリー

  • (出典:periodismodelmotor.com)

排気量を3,153 ccに縮小し、「KKK」社製ターボを装備した最高出力:850ps / 9,000 rpmのグループ5仕様が用意されました。シャシーはランボルギーニに開発から生産までが委託され、ジャンパオロ・ダラーラがデザインしたが生産計画が遅れに遅れ、外注先を変更したものの400台を生産して公認されたのは1980年の暮れとなりました。翌1981年からの参戦が可能となったもののシルエットフォーミュラ(Gr.5)自体が衰退し、期待された活躍もできないまま悲運の名車となったというヒストリーがあります。

Related Post


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

管理人:CIMASHIMA

管理人:CIMASHIMA

幼い頃に近所にあったDR30スカイラインのスーパーシルエット仕様に衝撃を受けて、車の魅力に取りつかれる。その後、行きつけの駄菓子屋のオバちゃんが910ブルーバードnismoバージョンを購入し車好きが加速。そして、憧れだったDR30を免許取得後に購入し、イジって乗り回すもエンジンブローで最期を迎えてしまう。今となっては思い出となるも旧車やカスタムマシンなど、今も気になるマシンは数知れず。そんな世界の名車やカスタムマシンたちの情報をお届けするブログです。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。