【BMW2002グルッペ5モータースポーツ】 レストモッド仕様

この記事は2分で読めます

【BMW2002グルッペ5モータースポーツ】 レストモッド仕様

あわせて読みたい記事:【BMW・M1 PROCAR】 グループ5仕様のスペックと軌跡

あわせて読みたい記事:【セリカLBターボ グループ5】伝説のシュニッツァー仕様の軌跡

あわせて読みたい記事:【湾岸ミッドナイト】S30悪魔のZの仕様・ベースモデルS130

レストモッドプロジェクトの中でも注目されているのがチューニングカンパニー、「グルッペ5モータースポーツ(Gruppe5 Motorsport)」が発表した名車である「BMW2002」をカスタムする計画です。

このプロジェクトは、1968-1975年に製造された「BMW2002」を対象にしており、顧客が車両を持ち込むことを前提にカスタムを行うもので、レストアを含む大規模な改造ということです。

そのレストモッドメニューとしては「完全分解」にはじまり、重量軽減と強度とのバランスを考えてスチールとカーボンファイバーとを組み合わせた補強を行い、結果的に「公道走行可能なモンスター」を作り出す、というものです。

現時点では完成車はないため、そのプロジェクトを視覚化したCGのみの公開されている状態です。しかし、完成CGにおいては前後オーバーフェンダーは1990年代風のちょっとレトロなDTM風デザインです。もしくはグループ5(スーパーシルエットフォーミュラ)仕様ともいうべきエクステリアデザインです。シャシーの安全性についてはFIAの定める基準に沿った改造がなされる、と発表されています。なお、このプロジェクトの最大の注目は「E60型」世代の「BMW M5」に搭載されていた、排気量:5リッターのV型10気筒エンジンを搭載することにあります。

このエンジンは「BMW」が当時参戦していたF1の技術を応用したもので10連スロットルを持ち、その出力はノーマルで507馬力(あとにも先にも、V10エンジンを積むM5はこのE60型しかないといわれています)。「グルッペ5モータースポーツ(Gruppe5 Motorsport)」では、この5リッターV10を5.8リッターにまで拡大して出力を744馬力にまで向上させ、それでも不足があれば5.9リッター/803馬力バージョンも選択可能ということです。

ベースモデルの「BMW 2002」は、もともと2リッター直列4気筒(最高出力:100-170馬力)を搭載し、車体重量は999-1100kg程度なので、これだけの出力を発生するV10エンジンを積むというのはチャレンジングであり、文字通りの「モンスター」へと変身することになりそうです。

なお、2リッター直列4気筒から5.8/5.9リッターV10へと換装するにもかかわらず車体重量は998キロに収まるとしており、発生するダウンフォースはなんと1088キロを発生させるということです。実は、このスペックというのは「マクラーレン・セナ」の800キロを超える数字ではありますが、この重量とパワーとのバランスを見るに、これくらいのダウンフォースが必要。

現時点でこの「モンスター2002」のコンバージョン費用は明かされておらず、しかし限定台数は300台(200台が744馬力、100台が803馬力バージョン)ろなっています。

内装のCGを見るに非常に簡素ではあるものの現代風装備が与えられ、かつ「レーシングカーライク」でもあります。すでに「グルッペ5モータースポーツ(Gruppe5 Motorsport)」はオーダーを受付開始しており、生産は今年の夏からはじめる、とのことです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

特集・まとめ

ランキング記事

エンターテイメント

カテゴリー

管理人:CIMASHIMA

管理人:CIMASHIMA

幼い頃に近所にあったDR30スカイラインのスーパーシルエット仕様に衝撃を受けて、車の魅力に取りつかれる。その後、行きつけの駄菓子屋のオバちゃんが910ブルーバードnismoバージョンを購入し車好きが加速。そして、憧れだったDR30を免許取得後に購入し、イジって乗り回すもエンジンブローで最期を迎えてしまう。今となっては思い出となるも旧車やカスタムマシンなど、今も気になるマシンは数知れず。そんな世界の名車やカスタムマシンたちの情報をお届けするブログです。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。