【BHオークション】 トヨタ2000GT後期型モデルのスペック

この記事は3分で読めます

【BHオークション】 トヨタ2000GT後期型モデルのスペック

あわせて読みたい記事:【BHオークション】希少510ブルSSSのケンカワイパーモデル

あわせて読みたい記事:【ワイルドスピードMEGAMAX】劇中車ハコスカは本物GTR?

あわせて読みたい記事:【湾岸ミッドナイト】S30悪魔のZの仕様・ベースモデルS130
世界的な名車や旧車が出品されることで有名なBHオークション。今回も注目の名車が登場。その価値は1億円とも言われる希少かつ日本の国産名車「トヨタ2000GT」の後期型モデルです。


「トヨタ2000GT」:概要

あわせて読みたい記事:【トヨタ 2000GT スピードトライアル】世界記録樹立の軌跡

日本が世界に誇る名車「トヨタ・2000GT」のデビューは、1967年5月16日でトヨタとヤマハとの共同開発で誕生したモデルでした。DOHC化された直列6気筒エンジン、日本初の4輪ディスクブレーキなどの先進的装備に国産車離れした流麗なスタイルをまとって鮮烈に登場しました。ポテンシャルも最高時速:220km/hと当時としては世界トップレベルであり、スピードトライアルでは世界記録と国際記録を樹立しています。

  • (出典:bingosports.co.jp)

販売価格は、238万円で当時のカローラ約6台分と純国産のスーパーカーと言える存在でした。ちなみに1965年10月の東京モーターショーで、プロトタイプが披露され、翌66年5月には第3回日本グランプリに出場しています。同年7月の鈴鹿1000kmレースでは1-2フィニッシュで優勝するなど、デビュー前からクルマ好きの注目を集めていました。なかでも上記にある通り、1966年10月に谷田部で開催されたFIA公認スピードトライアルにおける3つの世界記録達成という偉業は、発売前にして国際的な評価をも高めていました。


「トヨタ・2000GT」:スペック・経緯

  • 【スペック】:ベースモデル
  • 年式:1967年
  • 型式:MF10
  • 全長 × 全幅 × 全高:4,175mm × 1,600mm × 1,160mm
  • ホイールベース:2,330mm
  • トレッド(F/R):1,300mm / 1,300mm
  • 車両重量:1,120kg
  • サスペンションシステム(F/R):ダブルウィッシュボーン
  • ブレーキシステム(F/R):ディスク
  • タイヤ(F/R):165HR15
  • エンジン:3M型 水冷式直列6気筒 DOHC ソレックス型キャブレター ×3
  • ボア × ストローク:75.0mm × 75.0mm
  • 排気量:1,988cc
  • 圧縮比:8.4
  • 最大出力:150ps / 6,600rpm
  • 最大トルク:18.0kgm / 5.000rpm
  • トランスミッション:フロア式5速マニュアル
  • 駆動方式:FR
  • 最高速度:220km/h
  • 0-400m加速:15,9秒
  • 0-100加速:8,6秒

「BHオークション・トヨタ2000GT」:スペック

あわせて読みたい記事:【BHオークション東京】生産9台のトヨタ2000GTのスペック

  • 2ℓ 直列6気筒DOHC。150馬力
  • 外装色はシルバーの流麗なボディライン
  • フォグランプ周りのデザインが改められた後期モデル

流麗なロングノーズ&ショートデッキという伝統的なスポーツカーのスタイリングを纏い、リトラクタブル式ヘッドライトを持ったトヨタ2000GTは、国産車初の本格的GTカーとして1967年に登場。

搭載されるエンジンは、ヤマハ発動機が開発に深く携わった2ℓ 直列6気筒DOHCで、当時の国産車では最強スペックとなる150馬力を発揮した。また、4輪ダブルウィッシュボーン式サスペンションに4輪ディスクブレーキ、ラック&ピニオン式ステアリングなど、当時の最新メカニズムが惜しみなく投入されるなど、名実ともに日本を代表するGTカーとして、今なお高い人気を誇る。

当個体は、フォグランプ周りのデザインが改められた後期モデルである。外装色はシルバーで流麗なボディラインをひと際美しく引き立たせる。

ダッシュボードやセンターコンソールを始め、日本楽器の木工技術を大いに活かした、良質な木材からなる高品質かつ高精度な内装の仕立ては、国産初の本格的GTカーの名に恥じないもの。

その誕生から半世紀近くが経つが、思わず目を奪われるほどの美しさを誇る。

良質な2000GTと巡り会うチャンスは年々減る一方であるが、こうしてコレクターの元で長年大切に扱われてきた個体となれば、それはなおさらと言えるだろう。オリジナル度の高い1台である点も見逃せないポイントである。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

芸能人

特集・まとめ

ランキング記事

管理人:CIMASHIMA

管理人:CIMASHIMA

今となっては思い出となる旧車やカスタムマシンなど、今も気になるマシンは数知れず。そんな世界の名車やカスタムマシンたちの情報をお届けするブログです。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。