【BHオークション】KP47ワークス137E搭載のクワハラ仕様

この記事は3分で読めます

【BHオークション】KP47ワークス137E搭載のクワハラ仕様

あわせて読みたい記事:【ワイルドスピードMEGAMAX】劇中車ハコスカは本物GTR?

あわせて読みたい記事:【BHオークション】ハコスカGT-Rレーシングのスペック・価値

あわせて読みたい記事:【セリカLBターボ グループ5】伝説のシュニッツァー仕様の軌跡

日本国産の希少な旧車や名車が登場し注目される「BHオークション」。今回もスペシャルマシンが多く出品されるということです。今回の注目は、生産台数2台のワークスマシンです。「トヨタ・スターレット(KP47型)」のワークスマシン。


「KP47型スターレット」:概要

あわせて読みたい記事:【KP47:スターレットTS仕様】DOHC137E搭載スペック

サーキットレースをはじめ、ラリー、ジムカーナ、ダートトライアルなど活躍した「トヨタ:パブリカ・スターレット(KP47型)」は、特に富士スピードウェイのマイナーツーリングレース(TSレース)で「日産:サニー(B110型)」、「ホンダ:シビック(SB1型)」との熾烈なバトルが印象に残る走り屋マシンです。その市販モデルの登場は、1973年(昭和48年)4月で2代目モデルの「パブリカ」のスポーティーな上級シリーズとして、「パブリカ・スターレット」の名でデビューしています。搭載エンジンは、パブリカと共通の2K型エンジンで1,000cc(KP45型)と3K型エンジンは、1,200cc(KP47型)の2種で、1,200ccはシングルキャブ(68馬力)とツインキャブ(74馬力)の2種が用意されていました。


「トヨタ:パブリカ・スターレット」:スペック

  • 型式:KP47
  • 全長 × 全幅 × 全高:3,790mm × 1,530mm × 1,310mm
  • ホイールベース:2,265mm
  • 車両重量:755kg
  • エンジン:3K型 水冷式直列4気筒 OHV ツインキャブレター
  • ボア × ストローク:75.0mm × 66.0mm
  • 排気量:1,166cc
  • 圧縮比:9.0
  • 最大出力:68ps / 6,000rpm
  • 最大トルク:9.5kg·m/3,800rpm
  • トランスミッション:フロア式5速マニュアル
  • 駆動方式:FR

「トヨタ:パブリカ・スターレット TS仕様(KP47改)」:モータースポーツ

あわせて読みたい記事:【B110型:サニー】 TOMEIレーシングTS仕様のスペック

そして、この「トヨタ:パブリカ・スターレット」は、スポーティさをウリにするため、当時人気の高かったマイナーツーリングレース(TSレース)にデビューすることになりました。市販モデルに搭載されていたOHVの3K型エンジンをベースに、ボアを4mm広げて79.0mmとし、ストロークは66.0mmのままで排気量を1166ccから1293ccにアップさせたチューニングでした。

そして、そのブロックにヤマハ発動機が専用開発した4バルブDOHCヘッドを載せた「3K-R(137Eとも呼ばれる)」エンジンで必勝を期したのでした。日本電装製のインジェクションやドライサンプ方式、そして各部にマグネシウム素材も採用していましたが、これらのパーツは、当時は50台生産すればオプション部品として公認されたのでした。また当初の最高出力は180馬力でしたが、のちに205馬力までパワーアップさせています。

このDOHCスターレットはトヨタワークスの再来といえ、73年11月の富士ビクトリー200kmレースに参戦。3位以下に20秒以上もの大差をつけて1-2フィニッシュを遂げたという記録を残しています。


「トヨタ:パブリカ・スターレット TS仕様(KP47改)」:スペック

  • 形式:3K-R(137E)型
  • カムシャフトの位置及びバルブ数:DOHC 16バルブ
  • ボア×ストローク:79.0×66.0 mm
  • 排気量:1,293cc
  • オイル循環方式:ドライサンプ
  • 燃料供給方式:プランジャーポンプ式インジェクション(日本電装製)
  • スロットバルブ:4連独立スライド方式
  • エキゾーストシステム:専用エキマニ、専用マフラー
  • 最高出力:199.1 ps  / 11,000 rpm
  • 最大トルク:14.0 kg  / 7,000 rpm
  • エクステリア:ワークスフェンダー
  • インテリア:BRIDE(ブリッド)製VIOSⅢ、Defi製追加メーター
  • サスペンションシステム:TOM’S Advox(トムス アドヴォックス)
  • ブレーキシステム:ENDLESS(エンドレス)特注品
  • ホイール・タイヤ:特注ホイール・195-550R13

「KP47型スターレット・クワハラ仕様」:スペック

あわせて読みたい記事:【B310型サニークーペ】アドバンサニーTSレース仕様スペック

1970年代の日本のレースシーンで人気を博した“マイナーツーリング”シリーズに参戦した“クワハラ・スターレット”。

2台しか作られなかった“トヨタ・ワークス”の中の1台であり、当時のレース参戦時のメカニック兼チームオーナーだった桑原 彰 氏本人が長年秘蔵してきた非常に価値のある1台である。

190ps(9500〜10500rpm)を発生する4バルブヘッドの137Eエンジンをはじめ機関系は好調なコンディションを保っている。非常にコンパクトかつメカニカルな137Eエンジン。

剥き出しのファンネル仕様、複雑な曲線を描くタコ足がスペシャルエンジンであることを伺わせる。

トランクを開くとリアに移設されたバッテリー。レース仕様には必須の安全タンク。

室内はバケットシート、変更されたメーター類、スイッチが目につく。

13,000rpmまで刻まれたタコメーター。

エンジン作動系のスイッチ類。

ロールケージ。そしてリアシートは取り外されパネルがはめ込まれている。

マフラーはサイド出し。前後TS仕様のワークスエアロにワークス専用マグネシウムホイール。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

特集・まとめ

ランキング記事

エンターテイメント

カテゴリー

管理人:CIMASHIMA

管理人:CIMASHIMA

今となっては思い出となる旧車やカスタムマシンなど、今も気になるマシンは数知れず。そんな世界の名車やカスタムマシンたちの情報をお届けするブログです。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。