【BHオークション】NSXの限定スペシャルモデル2台のスペック

この記事は3分で読めます

【BHオークション】NSXの限定スペシャルモデル2台のスペック

あわせて読みたい記事:【ニスモ GT-R LM】ルマン公認のため唯一製作されたR33

あわせて読みたい記事:【湾岸ミッドナイト】S30悪魔のZの仕様・ベースモデルS130

あわせて読みたい記事:【BHオークション】 AE86レビン2ドアクーペGT-APEX

世界的な名車や旧車が出品されることで有名な「BHオークション」に注目のホンダ車が登場。そのモデルとは、「ホンダ」の超希少なスーパースポーツモデルである「NSXタイプR(NSX TypeR)/NSX-R」のことです。どのような個体なのか、そして初代モデルの「ホンダ・NSX」とは、どのようなモデルだったのか見てみましょう。


「ホンダ:NSX」:概要

あわせて読みたい記事:【ワイルドスピード】劇中車両のインテグラGSRのスペック・価格

日本の名車の一台として挙げられる「ホンダ:NSX」は、「ホンダ」社の新しいスポーツカー、「ニュー」「スポーツカー」と未知数を表す「X」を合成させた「New SportsCar X」の略名でデビューしました。初代のキャッチコピーは『our dreams come true』、『緊張ではない、解放するスポーツだ』というものでした。初代モデルは、もともと第2期F1参戦を機に「世界に通用するHondaの顔を持ちたい」との願いから開発された車であり、バブル景気絶頂期の1989年に発表、翌1990年9月14日の販売開始から2006年1月末までの16年間の長きにわたってフルモデルチェンジを行うことなく製造され、(フルモデルチェンジに相当する内容の改良は幾度となく行われた)2005年12月まで販売がなされました。当時市販自動車として類を見ない世界初の「オールアルミモノコック・ボディー」を採用していました。その特殊性から、大工場での産業用ロボットによる流れ作業製作ではなく、エンジン同様、生産は手作業で行っていたゆえに、日本車で唯一のスーパーカーとも評されたモデルです。


「ホンダ・NSX」:スペック

  • 年式:1995年モデル
  • 型式:E-NA1型
  • 全長 × 全幅 × 全高:4,430mm × 1,810mm × 1,170mm
  • ホイールベース:2,530mm
  • トレッド(F/R):1,510mm / 1,530mm
  • 車両重量:1,350kg
  • エンジン型式:C30A
  • エンジン形式:水冷V型6気筒DOHC24バルブ
  • 排気量:2,977cc
  • ボア×ストローク:90.0mm×78.0mm
  • 圧縮比:10.2
  • 最高出力:280ps(206kW)/ 7,300rpm
  • 最大トルク:30.0kg・m(294.2N・m)/ 5,400rpm
  • 駆動方式:MR
  • トランスミッション:5MT
  • サスペンション(F/R):ダブルウィッシュボーン
  • ブレーキ(F/R):ベンチレーテッドディスク
  • タイヤ(F/R):205/50ZR15 / 225/50ZR16

「BHオークション・ホンダNSX-R」:スペック

あわせて読みたい記事:【BHオークション】限定希少車ホンダNSX-Rのスペック・価格

  • 生産台数はトータルで464台、1995年生産分は157台
  • 初代ホンダ NSX( 初期型/ NA1)のスペシャルモデルとして 1992 年 11 月にデビュー
  • V 型6 気筒3.0ℓ DOHC VTEC(C30A 型)を搭載
  • 数十項目に及ぶ軽量化を図ることで、ベースグレード比で約120kg という軽量化を実現

初代ホンダ NSX( 初期型/ NA1)のスペシャルモデルとして 1992 年 11 月にデビューした“Type-R”。

通称“92R” と呼ばれるこの和製リアルスポーツには、ベースグレードのNSX と同じV 型6 気筒3.0ℓ DOHC VTEC(C30A 型)が搭載されるが、クランクシャフトやピストン、コネクティングロッドの重量やバランス精度を手作業で高めるなど、レーシングエンジンと同等の精密な組み立て工法が用いられている。

またボディへのこだわりも特別で、もともと軽量なNSX のアルミボディに対して、バンパーおよびドアビームのアルミ化、エンジンメンテナンスリッドのアルミメッシュ化、レカロ製のフルバケットシート、MOMO 製ステアリング、チタン製シフトノブ、遮音材の削減など、数十項目に及ぶ軽量化を図ることで、ベースグレード比で約120kg という軽量化を実現している。

当個体は1995 年式のNSX Type-R(通称:92R)で、車体番号はNA1-1300098、ボディカラーは「R 専用色」のチャンピオンシップホワイト(NH0)、シートカラーはレッドとなる。


「BHオークション・ホンダNSXタイプS zero」:スペック

あわせて読みたい記事:【ワイルドスピード9】ホンダNSX、最速ジャガーなどの登場車種

  • エアコン、オーディオなどの装備の非装着や遮音シートの軽減による軽量化
  • ハードセッティングのサスペンションを採用
  • エンジンはV6 DOHC VTEC 3.2ℓ(C32B 型)を採用し、ミッションは6 速化

初期型NSX(NA1)の“92R” の生産終了から7 年が経過した2002 年5 月にリリースされた、後期型NSX(NA2)のスペシャルモデルが“02R” ことNSX-R である。その7 年間の間NSXには“R” の名が使用されなかった。当モデルは“R” こそついてはいないが、サーキット走行を主眼とした“R” 同格のポテンシャルを持つモデルとして発売された“Type-S zero” となる。

エアコン、オーディオなどの装備の非装着や遮音シートを軽減するなど96kg の軽量化(NSXクーペのパワーステアリング装着車比)を達成。さらにハードセッティングのサスペンションを採用した。

エンジンはV6 DOHC VTEC 3.2ℓ(C32B 型)を搭載し、ミッションは6 速化。MOMO 製本革巻きステアリング、レカロ製フルバケットシート、チタン削り出しシフトノブなどが採用されるなど、フラッグシップモデルとしての風格は十二分に併せ持つ。

当個体の外装色はインディイエローパール(Y52P)、内装もイエローとなる。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

芸能人

特集・まとめ

ランキング記事

管理人:CIMASHIMA

管理人:CIMASHIMA

今となっては思い出となる旧車やカスタムマシンなど、今も気になるマシンは数知れず。そんな世界の名車やカスタムマシンたちの情報をお届けするブログです。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。