【オートモビルカウンシル】日産の出展一覧にフォーミュラEや旧車

この記事は3分で読めます

【オートモビルカウンシル】日産の出展一覧にフォーミュラEや旧車

あわせて読みたい記事:【オートモビルカウンシル】マツダ出展リスト・323ラリー登場

あわせて読みたい記事:【日産・サニーエクセレントクーペ】B110ロータリーコンセプト

あわせて読みたい記事:【インプレッサ 22B STi】伝説の限定マシンのスペックとは

「オートモビル カウンシル 2018」は、「クラシック・ミーツ・モダン」をテーマに 日本車メーカー5社、 輸入車メーカー1社、 ヘリテージカー販売店31社が一堂に会し、100台を超える往年の名車を最新型車とともに展示・紹介・販売する「名車」イベントです。今年は2018年8月3日(金)から5日(日)まで、幕張メッセの4、5、6ホールで開催されます。開場時間は 9:00~18:00ですが、最終日のみ17:00まで、4日(金)の9:00~12:00は プレスタイムのため一般入場不可となっています。今回の「日産自動車」のブースでは、初の国際ラリー競技へ挑戦してから60年の節目を迎えることにちなみ「60 years of performance」というテーマを掲げています。それで、今回「日産自動車」が出展するモデルが下記の通りとなっています。


「ダットサン 1000セダン 富士号」

(出典:carview.yahoo.co.jp)

1958年8月~9月にかけて、苛酷な豪州一周ラリーでクラス優勝を飾った記念すべきマシンとして「ダットサン 1000セダン 富士号」が出展される予定です。このマシンは、好評を博した「ダットサン(110系)」の後継モデルとして、1957年(昭和32年)11月に登場した「ダットサン1000セダン(210型)」のラリーマシンです。ベースモデルは、日産初となるOHV動弁機構を採用した直列4気筒988cc、34馬力の新エンジンを搭載していました。海外への輸出も意識し、フロントウインドウにカーブしたガラスを採用、高速走行にも対応させていました。その耐久性をテストするため、1958年(昭和33年)8月20日~9月7日に開催された、オーストラリア一周ラリー「モービルガス・トライアル」に、2台の210型が挑みました。日産はこのラリーが国際競技への初挑戦でしたが、この富士号は19日間・1万6000kmを走破し、1000cc以下のエンジン搭載車の「Aクラス」で優勝、総合でも完走34台中25位となり、結果としてダットサンの優秀性を世界へアピールすることになりました。


「スカイライン 2000 GT-R」

  • (出典:carview.yahoo.co.jp)

ツーリングカーレースで前人未到の通算50勝を達成したマシンとして有名な伝説の「スカイライン 2000GT-R」は、プリンス自工との合併を経た1969年(昭和44年)2月、日産の技術の粋を集めて誕生しました。ツーリングカーレースを闘うために生まれたこの「GT-R」は、おとなしい外観のセダンボディに、打倒ポルシェを期して開発されたプロトタイプレーシングカー「R380」のノウハウを満載した、当時の常識を超えた高性能車でした。特にそのエンジンには、R380用エンジンを市販車用に再設計した、量産車として世界初の4バルブDOHC機構が採用されていました。 実戦では、発売から3ヶ月後の5月、「JAFグランプリ」にてデビューウィンを飾っています。その後も、熟成開発を重ねながら台頭してくるライバルたちを抑え続け、ついに1972年(昭和47年)3月、前人未踏の累計50勝を達成しました。同年10月のワークス活動休止までに通算52勝、うち49勝は連勝という大記録を打ち立てたのです。1970年秋からは2ドアハードトップボディ専用となりました。


「ニッサン MID 4 (II型)」

  • (出典:carview.yahoo.co.jp)

モーターショーでセンセーションを巻き起こしたスーパースポーツカー「ニッサン MID 4 (II型)」が展示される予定です。この「MID4(ミッド・フォー)」は、技術の研究・開発の成果を、モーターショーを通じて発表することも目的とした実験車両です。エンジンをミッド部(車体中央)に搭載し、駆動方式を4輪(4WD)としたスーパースポーツカーに由来して、車名が「MID4」と名付けられました。この車両は、1987年(昭和62年)に開催された東京モーターショー出展車で、エンジンは最高出力330馬力のV型6気筒DOHCツインターボ、インタークーラー付、「VG30DETT」型エンジンを搭載していました。サスペンションはフロントにダブルウイッシュボーン式、リヤに「HICAS(ハイキャス)」という操舵機構を採用したマルチリンク式を採用していました。残念ながら、市販には至りませんでしたが、その技術の多くは、1989年(平成元年)に発売された4代目モデルとなる「フェアレディZ(Z32型)」や、3代目モデルの「スカイラインGT-R(R32型)」などに応用されています。


「NISSAN Formula E」

(出典:carview.yahoo.co.jp)

日系の自動車メーカーとして初めて参戦が予定されている電気自動車フォーミュラカーレース「FIAフォーミュラE選手権」で登場予定の「NISSAN Formula E」マシンが配置されます。


日産のモータースポーツにおける長い成功の歴史だけでなく、「クルマがエネルギーをどのように使い」、「どのように走り」、「そして社会とどのようにつながっていくのか」という3つの柱からなる同社の「ニッサン・インテリジェント・モビリティ」のメッセージを伝えたいとしています。また、「日産自動車」のブースでは、主に日産自動車開発部門OBで構成される「日産アーカイブズ」のメンバーが車両説明員を務め、来場者が会話を楽しめるとのことです。

Related Post


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

管理人:CIMASHIMA

管理人:CIMASHIMA

幼い頃に近所にあったDR30スカイラインのスーパーシルエット仕様に衝撃を受けて、車の魅力に取りつかれる。その後、行きつけの駄菓子屋のオバちゃんが910ブルーバードnismoバージョンを購入し車好きが加速。そして、憧れだったDR30を免許取得後に購入し、イジって乗り回すもエンジンブローで最期を迎えてしまう。今となっては思い出となるも旧車やカスタムマシンなど、今も気になるマシンは数知れず。そんな世界の名車やカスタムマシンたちの情報をお届けするブログです。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。