【オートモビルカウンシル2019】日産はハコスカとS30Z展示

この記事は5分で読めます

【オートモビルカウンシル2019】日産はハコスカとS30Z展示

あわせて読みたい記事:【日本の旧車・スーパーカー】市販間近だったコンセプトモデルたち

あわせて読みたい記事:【ランキング】1980年代:人気の国産名車・旧車ーBEST10

あわせて読みたい記事:【日産:240RS】S110シルビアにFJ24・スペックと価格

2019年4月5日(金)~7日(日)の3日間、千葉県・幕張メッセで開催される「AUTOMOBILE COUNCIL 2019」において、「日産自動車」は「R35型:GT-R」と、「PGC10型:スカイラインGT-R(ハコスカGT-R)」、そして、「S30型:フェアレディZ」を出展することを発表しました。カーイベントの一つである「AUTOMOBILE COUNCIL」とは、「クラシック ミーツ モダン」をコンセプトに、ヘリテージカーショップやパーツショップ、自動車メーカーが参画する「名車」イベントです。2016年にスタートし、今年で4回目の開催となります。そして、日産ブーステーマは、1969年に誕生した「GT-R」と「Z(日本名フェアレディZ)」が、ともに50年目の節目を迎えることを記念し「GT-R & Z 50th Anniversary」としています。そのゆえに「日産」の代表的なスポーツカーとして世界中でファンに愛され続けている、この2モデルの初代モデルの「ハコスカGT-R」と「R35型:GT-R」のテスト車両を展示する予定です。では、それぞれの展示車のヒストリーとはどのようなものでしょうか。


「レーシングカーR380のDNAを継承するハコスカGT-R」

あわせて読みたい記事:【日産・スカイラインGT-R】ハコスカから始まったRの連勝伝説

初代モデルのGT-Rは3代目モデルとなる「スカイライン(通称ハコスカ・C10型)」に設定されたグレードでした。登場は1969年となりますが、1968年に発表した排気量:2.000ccで直列6気筒SOHCエンジンである「L20」型エンジンを搭載した「スカイライン2000GT(GC10型)」から約半年遅れでデビューしています。「PCG10型:スカイラインGT-R」は、ベースとなったスカイラインの4ドアセダンに、日産と合併したプリンス自動車のレーシングカー『R380』のエンジンを市販仕様にディチューンした「S20」型エンジン(排気量:2,000ccで直列6気筒DOHC24バルブ)を搭載しました。

「C10型:スカイライン」のリヤフェンダーには、5代目モデルの「C210型:スカイライン(ジャパン)」まで継承されたサーフィンラインと称されたプレスラインが採用されていました。しかし、「ハコスカGT-R」はレース用タイヤを装着できるように、サーフィンラインを大胆にカットしてリヤフェンダーの開口部を大型化しているのが特徴です。

1970年にはマイナーチェンジでホイールベースを70mm短縮した2ドアハードトップモデルが登場しました。これを機にGT-Rも4ドアボディから2ドアハードトップとなり、モータースポーツでの戦闘力をアップしました。なお、型式には2ドアモデルを表す「K」が付くため、GT-Rの型式は「KPGC10」となります。


「スカイライン 2000 4ドア GT-R(PGC10:ハコスカ)」:スペック

  • 年式:1969年
  • 型式:PGC10
  • 全長:4,395mm
  • 全幅:1,610mm
  • 全高:1,385mm
  • ホイールベース:2,640mm
  • 車両重量:1,120kg
  • エンジン型式:S20
  • エンジン形式:直列6気筒 DOHC 24バルブ
  • 排気量:1,989cc
  • ボア × ストローク:82.0mm × 62.8mm
  • 圧縮比:9.5
  • 最高出力:160ps / 7,000rpm
  • 最大トルク:18.0kgf-m / 5,600rpm
  • 燃料供給装置:ミクニ製ソレックス N40PHHキャブレター ×3
  • トランスミッション:5MT
  • 駆動方式:FR
  • サスペンションシステム:F ストラット / R セミトレーリングアーム
  • ブレーキシステム(F/R):ディスク / ドラム
  • 最高速度:200km/h
  • 0-400m加速:16.1秒

「スカイラインHT 2000 GT-R(KPGC10:ハコスカ)」:スペック

  • 年式:1969年(昭和48年)1月
  • 型式:KPGC10
  • 全長:4,330mm
  • 全幅:1,655mm
  • 全高:1,370mm
  • ホイールベース:2,570mm
  • トレッド(F/R):1,370mm / 1,365mm
  • 車両重量:1,100kg
  • エンジン型式:S20
  • エンジン形式:直列6気筒 DOHC 24バルブ
  • 排気量:1,989cc
  • ボア × ストローク:82.0mm × 62.8mm
  • 圧縮比:9.5
  • 最高出力:160ps / 7,000rpm
  • 最大トルク:18.0kgf-m / 5,600rpm
  • 燃料供給装置:ミクニ製ソレックス N40PHHキャブレター ×3
  • トランスミッション:5MT
  • 駆動方式:FR
  • サスペンションシステム:F ストラット / R セミトレーリングアーム
  • ブレーキシステム(F/R):ディスク / ドラム

「No.39:スカイラインGT-Rレーシング(PGC10型)」

あわせて読みたい記事:【C10型ハコスカ】スカイラインGT-R伝説を築いたヒストリー

今回の「AUTOMOBILE COUNCIL 2019」の「日産ブース」に展示されるのは、4ドアモデルの「PGC10型:スカイライン2000GT-R」です。

そして、展示車両は2代目モデルの「スカイライン」の「GT-R」が打ち立てた未曾有の記録「レース49連勝」の初勝利を獲得した1969年JAFグランプリ優勝仕様車 No. 39となっています。


「ニュルで量産車世界最速の座を獲得したR35」

あわせて読みたい記事:【ニュルブルクリンク最速ランキング】2018年ベストバージョン

そして日産ブース」で、もう一台の展示されるGT-Rは現行モデルのR35型です。しかし、ただの市販車ではないところがポイントです。この展示車両は、2013年9月にドイツ・ニュルブルクリンクサーキットの北コース(Nürburgring Nordschleife)で、当時の量産車世界最速周回タイム=7分8秒679を記録した「Nissan GT-R NISMO N-Attack Package」の実車なのです。

それゆえ、テスト車両らしい偽装のラッピングが施された状態で展示されるということです。


「1年かけてレストアしたフェアレディZを初披露」

あわせて読みたい記事:【日産:フェアレディZ432R】限定生産レーシング仕様スペック

初代モデルの「フェアレディZ(S30型)」は、ロングノーズ・ショートデッキの特徴的なフォルムを採用していました。しかも、フレーム構造だったオープンカーの「フェアレディ(SR311)」とは異なり、モノコックボディと進化しました。そして北米市場で大成功したモデルとしても有名です。搭載エンジンは排気量:2,000ccの直列6気筒SOHCの「L20」型エンジン。展示されるのは「Z-L」という標準グレードモデルです。そして、組み合わされるのはトランスミッションは5速MTでした。ちなみに廉価グレードのZは4速MTでした。同年には、「PGC10型:スカイラインGT-R」で採用した「S20」型エンジンを搭載した「432」も追加されています。

発表当初からアメリカなどの海外向け仕様には排気量:2,400ccのエンジンを搭載したモデルもありましたが、日本で追加されたのは1971年のことでした。このときGノーズと呼ばれるフロントバンパーの設定もされました。ちなみに1974年に2/2(ツーバイツー)という4人乗りが追加されましたが、それまでは2シーターのみというスポーティモデルでした。なお、「日産ブース」で展示される、この「フェアレディZ-L」は、日産が50周年記念のために約1年の歳月をかけてレストアした個体です。そして、「AUTOMOBILE COUNCIL 2019」で初お披露目となります。


「ダットサン(日産):フェアレディZ(S30)」:スペック

  • 年式:1972年モデル
  • 型式:HS30H型
  • 全長 × 全幅 × 全高:4,305mm × 1,690mm × 1,285mm
  • ホイールベース:2,305mm
  • トレッド(F/R):1,355mm / 1,345mm
  • 車両重量:1,010kg
  • エンジン型式:L24(240Z/240ZG) / L20(Z/Z-L) / S20(Z432)
  • エンジン形式:直列6気筒 SOHC SUツインキャブ / 直列6気筒 DOHC ソレックス製3連キャブ(Z432)
  • 排気量:2,393cc(L24)/ 1,998cc(L20) / 1,989cc(S20)
  • ボア×ストローク:87.0mm×73.7mm(L24)/ 78.0mm×69.7mm(L20)/ 82.0mm×62.8mm(S20)
  • 圧縮比:8.8(L24)/ 9.5(L20/S20)
  • 最高出力:150PS / 5,600rpm (L24)130PS / 6.000rpm(L20) / 160PS / 7,000rpm(S20)
  • 最大トルク:21.0kgm / 4,800rpm(L24)17.5kgm / 4.400rpm(L20) / 18.0kgm / 5.600rpm(S20)
  • 駆動方式:FR
  • トランスミッション:5MT
  • サスペンション(F/R):マクファーソンストラット / マクファーソンストラット
  • ブレーキ(F/R):ディスク / LTドラム
  • タイヤ(F/R):175HR14
  • 最高速度:210km/h
  • 0-400km/h加速:15.8秒
  • 0-100km/h加速:8.5秒

Related Post


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

特集・まとめ

ランキング記事

エンターテイメント

カテゴリー

管理人:CIMASHIMA

管理人:CIMASHIMA

幼い頃に近所にあったDR30スカイラインのスーパーシルエット仕様に衝撃を受けて、車の魅力に取りつかれる。その後、行きつけの駄菓子屋のオバちゃんが910ブルーバードnismoバージョンを購入し車好きが加速。そして、憧れだったDR30を免許取得後に購入し、イジって乗り回すもエンジンブローで最期を迎えてしまう。今となっては思い出となるも旧車やカスタムマシンなど、今も気になるマシンは数知れず。そんな世界の名車やカスタムマシンたちの情報をお届けするブログです。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。