【アストンマーティン】ザガートとDBZ 100周年モデルが登場

この記事は3分で読めます

【アストンマーティン】ザガートとDBZ 100周年モデルが登場

あわせて読みたい記事:【アストンマーティンDB5】1964年仕様ボンドカーが限定生産

あわせて読みたい記事:【アストンマーティンDB4GT ザガート】グッドウッドの競売に

あわせて読みたい記事:【フェラーリ・ミトス】ベースモデルよりワイド&ローなコンセプト

イギリスの高級スポーツカーブランドの「アストンマーティン」とイタリアの名門デザイン・ハウスである「ザガート」は、長年のパートナーシップを記念して、2台組の限定モデル・セットとなる「DBZ 100周年コレクション」を販売すると発表しました。これは19台ずつ製作される「アストンマーティン・DB4 GT ザガート コンティニュエイション」と「アストンマーティン・DBS GT ザガート」を2台1組で販売するというものです。つまり、購入者は1960年代のレース用車両を復刻生産した「DB4 GT ザガート」と、「アストンマーティン」の最新モデル「DBS スーパーレジェーラ」をベースに「ザガート」が新たにデザインした「DBS GT ザガート」の2台を一緒に手に入れることになるということです。どちらか1台のみを個別に注文することは不可能となっています。


「DB4 GT ザガート コンティニュエイション」

今回の両社によるコラボレーションは、「ザガート」が2019年に創業100周年を迎えることを記念して計画されたものです。2018年前半に「アストンマーティン」が25台限定で「アストンマーティン・DB4 GT」を復刻生産したことは話題となりました。それと同じアイディアに、今回は「ザガート」が参加してこのプロジェクトが企画されました。「アストンマーティン」と「ザガート」は、つい最近発表された「ヴァンキッシュ・ザガート」の「スピードスター」や「シューティングブレーク」に至るまで、数々の美しいモデルを製作してきたことはご存知でしょう。その協業の歴史における最初のモデルが「アストンマーティン・DB4 GT ザガート」でした。1960年、「アストンマーティン」は「フェラーリ」にレースで対抗するため、「アストンマーティン・DB4 GT」に軽量な「ザガート」製ボディを架装した19台の「DB4 GT ザガート」を製作しました。

  • (出典:jp.autoblog.com)

今回の「DB4 GT ザガート コンティニュエイション」が19台限定生産となるのはそれが理由となっています。生産はイギリスのニューポート・パグネエルにある「アストンマーティン・ワークス」で行われ、オリジナルと同様に職人の手作業によってチューブラー・フレームの上に薄いアルミニウム製のアウター・パネルが装着されるが、本物を忠実に再現するだけでなく、最先端のデジタル・スキャン技術を使うことで、パネルの精度と均一性は1960年代当時より向上するということです。「タデック・マレック」製の直列6気筒エンジンはツイン・スパークプラグを備え、最高出力380bhpを発生する仕様です。4速マニュアル・トランスミッションとリミテッド・スリップ・ディファレンシャルを介して後輪を駆動します。最高出力340bhpの「DB4 コンティニュエイション」よりパワフルな仕様です。この「DB4 GT ザガート コンティニュエイション」も、「DB4 GT コンティニュエイション」と同じくサーキット専用車であり、公道走行は不可となっています。しかし、これはまだ1台目に過ぎません。


「DBS GT ザガート」

「DBZ 100周年コレクション」を購入できる裕福な方はもう1台、「DBS GT ザガート」と呼ばれるクルマも所有することになります。

  • (出典:jp.autoblog.com)

こちらは公道走行可能ということですが、現在は簡単なスケッチが公開されているだけで、全貌は明らかにされていません。「アストンマーティン」によれば、そのデザインは「ダブルバブル・ルーフを新たに解釈し直した新しいプロポーションを特徴」とし、「印象的なフロントグリルの処理と、ダイナミックに切り落とされたテールエンドによって、力強いボディがさらに強調され、類まれな存在感」を示すとされている。その一方で「非常に魅力的な新しいシグネチャー・デザインとともに、伝統的なザガートの美しさ」も備えているということです。エンジンについても発表はないが、ベースとなる「DBS スーパーレジェーラ」から変更がなければ、最高出力725psと最大トルク900Nmを発生する5.2リッターV12ツインターボ・エンジンが搭載されるでしょう。


「販売価格」

気になる価格は、2台セットで税別600万ポンド(約9億円)となっています。前述の通り、どちらか1台のみを購入することはできません。日常的な移動には公道走行可能な「DBS GT ザガート」に乗り、「DB4 GT ザガート コンティニュエイション」は休日にサーキットへ持ち込んで走りを楽しむということになるでしょう。ただし、これらの2台が同時にオーナーの元に届くというわけではなく、納車は「DB4 GT ザガート コンティニュエイション」が2019年第4四半期、遅れて「DBS GT ザガート」が2020年第4四半期から開始される予定だということです。

Related Post


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

管理人:CIMASHIMA

管理人:CIMASHIMA

幼い頃に近所にあったDR30スカイラインのスーパーシルエット仕様に衝撃を受けて、車の魅力に取りつかれる。その後、行きつけの駄菓子屋のオバちゃんが910ブルーバードnismoバージョンを購入し車好きが加速。そして、憧れだったDR30を免許取得後に購入し、イジって乗り回すもエンジンブローで最期を迎えてしまう。今となっては思い出となるも旧車やカスタムマシンなど、今も気になるマシンは数知れず。そんな世界の名車やカスタムマシンたちの情報をお届けするブログです。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。