【アスパークOWL】日本製EVハイパーカー価格5億円のスペック

この記事は3分で読めます

【アスパークOWL】日本製EVハイパーカー価格5億円のスペック

あわせて読みたい記事:【Apple】 EVカーは5年以内には実現しないという理由とは

あわせて読みたい記事:【ポルシェ935EV仕様】Bisimoto935モビーXで登場

あわせて読みたい記事:【マスタング・マッハE 1400プロトタイプ】1400PSのEVマッスルカーがデビュー

1月からアメリカで発売された日本製EVハイパーカー「アスパークOWL」がフランスの高級車ディーラーにはヨーロッパ第一号として販売されています。大阪のアスパークが発売するフルエレクトリックハイパーカー「アスパークOWL」ですが、0-100km/hは世界最速の1.9秒を誇り4つの電気モーターは2012馬力を発揮します。大阪のショールームの他に、アメリカ市場では唯一マイアミにあるGables Sportscars社で取り扱いが始まりました。

既にディーラーには展示されており、ヨーロッパ市場20台、アジアと中東で20台、北米市場で10台、合計50台が3億5000万円で発売されます。電気自動車なので車重は1900kgとありえないくらい重いですがその弱点を克服する為に最高馬力2012馬力/2000Nmというガソリンエンジン車では到底無理なパワーを発揮し0-100km/hの加速はわずか1.9秒とロケット並みの加速性能を持つ日本一のEVハイパーカーです。

フランスにあるアスパーク正規ディーラーアブソルートカーズコンサルティングでの価格は5億3200万円。マイアミのディーラーと値段が違う謎。


「アスパークOWLのライバル車」

あわせて読みたい記事:【ニュルブルクリンク最速ランキング】2020年ベストバージョン

今後、アスパークOWLがカーアクション映画の「ワイルド・スピード」シリーズなど映画に登場の可能性もあるかもしれません。またニュルブルク最速を考えると現在のEV最速記録は中国のNIO EP9が7分5秒120という記録を持っていますがアスパークOWLには7分以下が必須かもしれません。

ポテンシャルとしては2012馬力を誇り、車重1900km、航続距離は400 kmということなので、性能は間違いなくトップクラスですが、宣伝費をそんなに掛けていないのか多くの人は、ほぼしか知らない車でほぼ同スペックのロータスエヴァイヤやリマックC_two、テスラロードスターIIなど強力すぎる車があるのでもっともっとPRにお金掛けた方が良さそうです。
今後は0-100だけの記録ではなく、まだまだブルーオーシャンのニュルブルクリンクEV世界最速に挑戦するでしょう。


「アスパークOWL」:スペック/価格

重量と寸法
長さ:4791 mm
幅:1935 mm
高さ:993 mm(910 +ライドハイト)
ホイールベース:2750 mm

車両性能
加速性能(ロードリーガルタイヤ)
0-60 mph *:1.69秒
0-300 km / h *:10.6秒
最大速度:400 km / h(248.55 mph)
走行距離:450 km(280マイル– NEDC)

電気系統
バッテリータイプ:リチウムイオン
容量:64 kWh
バッテリー電力:1300 kW
電圧:800 Vdc
充電(44 kW):80分

シャーシ
カーボンモノコック:シングルカーボンピース
ユニークな運転位置
ハニカム構造
中央に取り付けられたバッテリーパック

ブレーキ
フロント&リアカーボンセラミックディスク
ブレーキキャリパーフロント:10ピストン
ブレーキキャリパーリア:4ピストン

サスペンション
油圧
ダブルウィッシュボーンフロントおよびリアアクスル
自動および手動ライドハイトコントロール

ボディ
ファルコンウィングドア
2人乗り
左ハンドル
ボディ:フルカーボンファイバー
乾燥重量:1900 kg
地上高:低、標準、高(80 – 160 mm)
荷物容量:50リットル(850 x 530 x 130 mm)

4つのドライブモードをサポートします:スポーツダイナミック、雨雪、都市の快適さ、ハイブースト
0-100 km / hレコード設定の加速
全ホイールトルクベクターシステム

エアロダイナミクス
アクティブエアロダイナミック
可動式リアウィング
低抗力構成
ライドハイト調整

パワートレインデータこれまでで最もパワフルなEモーター
4輪駆動
ゼロエミッション
車両コントロールユニット(VCU)
モーター:4PMSM
総出力:2012 bhp(1480 KW)
トルク:2000 Nm

最速加速用に最適化されたホイールとタイヤ
フロント:265/35 ZR20ミシュランパイロットスポーツCUP2-Rおよび/またはピレリ265 / 35ZR20 XL Pゼロリア:325/30 ZR21ミシュランパイロットスポーツCUP2-Rおよび/またはピレリ325 / 30ZR21 XL Pゼロ
リムサイズフロント:9.5×20
リムサイズリア:11.5×21

安全装置
ABS(アンチロックブレーキシステム)
TCS(トラクションコントロールシステム)
ESP(電子安定システム)
HBS(油圧ブレーキシステム)
BMS(バッテリー監視システム)
TPMS(タイヤ圧力監視システム)
ESS(緊急停止信号)
ステアリングアシスタンス

4つの永久磁石同期モーター(PMSM)を搭載し2012馬力/2000Nm
フォーミュラEの3倍、フォーミュラ1の2倍のパワーを持っています。
最高速度は400km/h
航続距離は450km
車重1900 kg
世界限定50台
価格は3億4800万円(デポジットに600万円)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

芸能人

特集・まとめ

ランキング記事

管理人:CIMASHIMA

管理人:CIMASHIMA

今となっては思い出となる旧車やカスタムマシンなど、今も気になるマシンは数知れず。そんな世界の名車やカスタムマシンたちの情報をお届けするブログです。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。