【アレスデザイン】フェラーリ412のオマージュモデルのスペック

この記事は2分で読めます

【アレスデザイン】フェラーリ412のオマージュモデルのスペック

あわせて読みたい記事:【アレスデザイン・フェラーリ250GTO】限定モデルのスペック

あわせて読みたい記事:【ポルシェ・935】新型モデルのモビーディックの価格・スペック

あわせて読みたい記事:【NSX HSCコンセプト】ホンダがNSX後継モデルとして発表

イタリアの「ARES Design(アレス・デザイン)」社が、1985年~1989年に製造された「フェラーリ・412」のデザインをモチーフにし、エンジンは「フェラーリ・GTC4ルッソ」をベースに製造した特別モデルを公開しました。ちなみに「ARES Design(アレス・デザイン)」社とは元「ロータス」社のCEO、「ダニー・バハール(Dany Bahar)」氏が「ARES Design」社として設立し、高級コレクター市場向けに一流の自動車を製造しているコーチビルダーです。また今回のデザインモチーフとなった「フェラーリ・412」というモデルは、1985年~1989年まで生産され排気量:4.9リッターV型12気筒エンジンを搭載していました。生産台数は576台しか生産されていませんが、最初のデビューではほとんど所有者がほとんどいなかったモデルです。それでも今日では、コレクターの世界で最も人気のあるモデルの1つです。

今回の特別モデルは、過去と現代を融合させた2+2シータの実用性に加えて、2ドアのスタイリッシュなシューティングブレーキ風のスタイリングを採用しています。外装には多くのカーボンファイバパーツを採用し、レトロな雰囲気を醸し出すスター形状ホイール、シャープ且つ滑らかなボディライン、そして通気口のあるフードやポップアップヘッドライトに加えて、「フェラーリ・GTC4ルッソ」をイメージしたフロントグリルとテールライトパターンを採用しています。

ダッシュボードは綺麗に改装され、ブラックとブラウンのバイカラーレザーにホワイトのコントラストステッチ、円形のステアリングホイールを装備します。

なお、パワートレインについては上記の通り「フェラーリ・GTC4ルッソ」がベースとなっているため、排気量6.3L V型12気筒自然吸気エンジンを搭載し、最高出力690ps/最大トルク697Nmを発揮する仕様のようです。パフォーマンスについては、0-100km/hの加速時間が3.4秒、最高時速は335km/hにまで到達します。

車両本体価格は約9,000万円~と「GTC4ルッソ」の約3,500万円の2倍以上となる価格となりますが、販売台数等は全くの未定とのことです。以前に発表された、「デ・トマソ・パンテーラ」の復活モデル「プロジェクト・パンサー」も約1億円と非常に高額でありながら完売しているという経緯があります。

Related Post


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

管理人:CIMASHIMA

管理人:CIMASHIMA

幼い頃に近所にあったDR30スカイラインのスーパーシルエット仕様に衝撃を受けて、車の魅力に取りつかれる。その後、行きつけの駄菓子屋のオバちゃんが910ブルーバードnismoバージョンを購入し車好きが加速。そして、憧れだったDR30を免許取得後に購入し、イジって乗り回すもエンジンブローで最期を迎えてしまう。今となっては思い出となるも旧車やカスタムマシンなど、今も気になるマシンは数知れず。そんな世界の名車やカスタムマシンたちの情報をお届けするブログです。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。