【アレスデザイン:パンサー・プロジェットウノ】 スペック・価格

この記事は3分で読めます

【アレスデザイン:パンサー・プロジェットウノ】 スペック・価格

あわせて読みたい記事:【アレスデザイン】マセラティオマージュProject Wami

あわせて読みたい記事:【アレスデザイン】フェラーリ412のオマージュモデルのスペック

あわせて読みたい記事:【令和に残すスーパーカー】1980年代~1990年代編・その1

近年においてヴィンテージカーの高騰が世界的にも目覚ましい。それに加えてEVモデルが各自動車メーカーから発表されたり、開発が進んでいることもありヴィンテージカーをEV仕様にするカスタマイズや現行モデルをヴィンテージモデルをオマージュして発表するといったことも見かけるようになりました。例えば、現代の新車をベースに往年の名車を再現した「アレス・デザイン」社のクルマもその中に含まれることでしょう。「アレス・デザイン」社は、2014年に創立された新しい会社ですが、歴史的に多くの名車が生まれたイタリアのモデナにスタジオと工房を持つ”カロッツェリア”です。イタリア語のカロッツェリアとは、英語で言えばコーチビルダー、すなわち馬車の車体を顧客の注文に合わせて架装していた業者のことを指して用いられています。彼らの多くは20世紀になると自動車のボディ製作やデザインを手掛けるようになりました。イタリアのカロッツェリアに優れた技術とセンスを持つ職人がたくさんいたことは、数々の名車が証明しています。そんなカロッツェリアの技術と伝統を受け継ぐ場所で、「アレス・デザイン」社は1970年代の「デ・トマソ・パンテーラ」を現代に蘇らせることになりました。


「ベースモデル:ランボルギーニ」

車体のベースモデルは、ランボルギーニの現行モデル「ウラカン」となっています。販売価格は2500万円もするスーパーカーのボディを惜しみなく剥ぎ取り、カーボンファイバーで新たなボディに作り替えています。1970年代のイタリアン・スーパーカーが持つ特徴を上手く捉えながら、現代に合わせて絶妙なアレンジが加えられている「パンテーラ」となっています。

アルミにカーボンファイバーを組み合わせたウラカンのシャシーと、そのミドシップに搭載されたV型10気筒エンジンは、ランボルギーニの親会社であるアウディがドイツの工場で生産しているものです。しかもV10エンジンのパワーは、「ランボルギーニ・ウラカン」の最新仕様よりさらに10馬力引き上げられており、最高速度は325km/h以上というポテンシャルです。インテリアはオーナーの好みに合わせてナッパ・レザーやアルカンターラで張り替えられる。クラッチペダルはないからオートマ限定免許で乗れるのも、本物のパンテーラとの大きな違いといえます。


デ・トマソ・パンテーラ

「デ・トマソ・パンテーラ」は、アルゼンチンからイタリアに単身で渡ってきた「アレハンドロ・デ・トマソ」氏が、米国の巨大自動車メーカーであるフォードと提携して作り上げた、イタリア製の車体に米国製V8エンジンを搭載したスポーツカーでした。

アルゼンチンの大牧場主一族で有力政治家の息子として生まれたアレハンドロは、当時の富裕層の子息がたしなむ最先端のスポーツ、すなわち自動車レースに熱中する若者でした。しかし、次期大統領候補とも目されていた父親が急死すると生活は一変。フアン・ドミンゴ・ペロンの軍事革命政権に私有財産を奪われたという説もあるようです。この頃、若き日のチェ・ゲバラと知り合ったアレハンドロは、独裁政権色を強めていたペロン大統領官邸の襲撃を画策するが失敗。国外退去を命じられて先祖の故郷であるイタリアに渡り、そこで知り合った女性レーサーと結婚するのだが、彼女の一族は米国の大富豪だった。妻の実家から資金援助を受け、アレハンドロはイタリアのモデナでレーシングカーの製作を行う会社を設立。さらに市販車の製造販売にも乗り出す。開発資金(とエンジン)を提供したフォードによって米国中のディーラー網で販売されたパンテーラは、その最大にして唯一のヒット作だった。一方、アレス・デザイン創設者の1人であるダニー・バハールはトルコのイスタンブールで生まれ、F1チームのレッドブルからフェラーリのブランディング担当副社長を経て、30代で英国ロータスの社長に抜擢されるという輝かしい経歴を歩んでいた人物だ。しかし、軽量スポーツカーの評判が高いロータスで高級化路線を推し進めようとしてファンを戸惑わせ、最終的には親会社の不信を買って解雇されてしまう。これが不当解雇であるとして一時は法廷で争っていたが、その間にもバハールはアレス・デザイン設立の準備を進めていたという。祖国を追われたデ・トマソと、社長の座を追われたバハール。2人の野心が半世紀の時を超え、モデナという地で結びつく。そして誕生したクルマは、イタリア語の「パンテーラ」を英語読みした「パンサー」と、プロジェクト第一弾という意味のイタリア語を合わせて「Panther ProgettoUno(パンサー・プロジェットウノ)」と名付けられた。

  • 価格は、「61万5000ユーロ(約7670万円)」となっています。実にウラカンの3台分に相当する販売価格です。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

特集・まとめ

ランキング記事

エンターテイメント

カテゴリー

管理人:CIMASHIMA

管理人:CIMASHIMA

幼い頃に近所にあったDR30スカイラインのスーパーシルエット仕様に衝撃を受けて、車の魅力に取りつかれる。その後、行きつけの駄菓子屋のオバちゃんが910ブルーバードnismoバージョンを購入し車好きが加速。そして、憧れだったDR30を免許取得後に購入し、イジって乗り回すもエンジンブローで最期を迎えてしまう。今となっては思い出となるも旧車やカスタムマシンなど、今も気になるマシンは数知れず。そんな世界の名車やカスタムマシンたちの情報をお届けするブログです。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。