【アレスデザイン・フェラーリ250GTO】限定モデルのスペック

この記事は3分で読めます

【アレスデザイン・フェラーリ250GTO】限定モデルのスペック

あわせて読みたい記事:【フェラーリ・250GTO】最高落札の約53億円のモデルとは?

あわせて読みたい記事:【デ・トマソ・パンテーラ・パンサー】スペック・価格・発売時期は

あわせて読みたい記事:【ポルシェ・935】新型モデルのモビーディックの価格・スペック

イタリアの「コーチビルダー・アレスデザイン(ARES Design)」が、世界で最も高額と言われるクラシックスポーツカーの「フェラーリ・250GTO」をベースモデルとしたスペシャルモデルを開発していることがわかりました。「コーチビルダー・アレスデザイン(ARES Design)」といえば、「ランチャ・ストラトス」や「フェラーリ・412」、「デ・トマソ・パンテーラ」などの往年の名車を復活させることを発表し注目されているメーカーです。

今回の「フェラーリ・250GTO」といえば、超有名な「フェラーリ」のクラシックモデルであり、オリジナルは超高額なことでも知られています。少し振り返ると、「フェラーリ・250GTO」の車名の由来ついては、数字は、1シリンダー当たりの排気量。「GTO」は「Gran Turismo Omologato(ホモロゲーション)」の頭文字で、GT選手権用公認モデルを意味します。そして、1962年から1963年にかけて36台製造された「GTOはシリーズI」、または単に「GTO 62-63」と呼ばれていますが、国際マニュファクチャラーズ選手権では1962年・1963年に連続してGT-IIIクラス(排気量2L以上)のチャンピオンを獲得しています。また「GTOシリーズII」は、1964年初旬のデイトナ24時間レースに勝利し、ライバルと目された「シェルビー・デイトナ」が、ホモロゲーションの取得が遅れるのを尻目に、その後もGTクラスで勝ち続け、フェラーリにGT-IIIクラスの3年連続チャンピオンをもたらしました。こうして、「フェラーリ」として最も価値あるモデルとして名を残しました。


「フェラーリ 250GTO」:スペック

  • 乗車定員:2名
  • 駆動方式:FR
  • 変速機:5速MT
  • 全長×全幅×全高:4,320mm×1,675mm×1,195mm
  • ホイールベース:2,400mm
  • エンジン種類:V型12気筒SOHC
  • 冷却方式・バンク角:水冷・60度
  • 総排気量:2,953cc
  • 最高出力:300ps
  • 車両重量:1,000kg
  • 最高速度:280km/h以上

「アレスデザイン・フェラーリ250GTO」:概要

「アレスデザイン」が発表した今回のモデルは、世界限定10台未満しか作られず、今現在も開発進行中とのことです。

フロントヘッドライトやフロントエンドのデザインは、まさに現代に蘇らせた「フェラーリ・250GTO」という感じで、レトロなシルエットを反映させた優雅なデザインです。「フェラーリ」の現代的なスタイリングも取り入れており、「アレスデザイン」のデザインクオリティの高さがうかがえます。ボディサイドから見たスタイリングも滑らかでエレガントな流麗さが際立っています。

パワーユニットとなるエンジンは、「フェラーリ・250GTO」と同様にフロントマウント式かと思われ、ロングノーズ・ショートデッキのGTスタイルを採用しています。

リヤデザインも縦型二眼のリヤテールランプはまさに「フェラーリ・250GTO」そのものです。両サイドからの2本だしとなっているクワッドエキゾーストパイプは「812スーパーファスト」を取り入れています。そして給油口は、ボディサイドではなくリヤトランク付近に設けられています。これも「フェラーリ・250GTO」のデザインを残したものとなっています。

そして、スペックは明らかにされていませんが、ホイールや全体のスタイリングが「フェラーリ・812スーパーファスト」を取り入れているとのことから、エンジンはV型12気筒自然吸気エンジンが採用される可能性があるでしょう。ちなみに「フェラーリ・812スーパーファスト」のパワーユニットであれば、下記のようなスペックと同等のマシンに仕上がるでしょう。


「フェラーリ・812スーパーファスト」:スペック

  • 全長x全幅x全高:4,657×1,971×1,276mm
  • ホイールベース:2,720mm
  • 車両重量(乾燥重量):1,525kg
  • 前後重量配分:(前)47%(後)53%
  • エンジン種類:V型12気筒ガソリンエンジン
  • 総排気量:6496cc
  • 最高出力:800ps(588kW)/8,500rpm
  • 最大トルク:718Nm/7,000rpm
  • トランスミッション:7速デュアルクラッチトランスミッション
  • 0-100km/h加速:2.9秒
  • 最高速度:340km/h
  • タイヤサイズ:(前)275/35ZR20 10J(後)315/35ZR20 11.5J

「アレスデザイン・フェラーリ250GTO」:価格

「アレスデザイン」の開発するオリジナルモデルは、基本的に数千万円から数億円レベルのコストがかかっているとのことなので、今回の「アレスデザイン・フェラーリ250GTO」のモデルは最低でも1.1億円は超えてくると言われています。

Related Post


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

管理人:CIMASHIMA

管理人:CIMASHIMA

幼い頃に近所にあったDR30スカイラインのスーパーシルエット仕様に衝撃を受けて、車の魅力に取りつかれる。その後、行きつけの駄菓子屋のオバちゃんが910ブルーバードnismoバージョンを購入し車好きが加速。そして、憧れだったDR30を免許取得後に購入し、イジって乗り回すもエンジンブローで最期を迎えてしまう。今となっては思い出となるも旧車やカスタムマシンなど、今も気になるマシンは数知れず。そんな世界の名車やカスタムマシンたちの情報をお届けするブログです。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。