【アルファロメオ・P3】価格7億以上?グッドウッドの競売に登場

この記事は2分で読めます

【アルファロメオ・P3】価格7億以上?グッドウッドの競売に登場

あわせて読みたい記事:【グッドウッドフェスティバル】 ブリットのマックイーン車が登場

あわせて読みたい記事:【テスタロッサケーニッヒ】外観、馬力でフェラーリに訴えられた?

あわせて読みたい記事:【ポルシェ959】パリダカ参戦車とプロトタイプがオークションに

「アルファロメオ・P3(ティーポB)」がグッドウッドフェスティバル2018において開催されるオークションへと登場予定とのことです。このマシン設計は「ヴィットリオ・ヤーノ」で、一人乗りの「モノポスト(シングルシーター)」としてはかなり早い時代、もしくは最初に設計されたものだと言われています。車体重量は680kg、エンジンは過給機スーパーチャージャー付きの8気筒が搭載されています。。

  • alfa5

この「アルファロメオ・P3」はアルファロメオのレーシングチーム「アルファコルセ」によって実戦投入され、1932年にはイタリアGP含めて6つのGPで勝利するもその後にアルファロメオの経済的事情によって1933年のレースには不参加となっています。なお、この次期にフェラーリ創業者、「エンツォ・フェラーリ」氏は「アルファコルセ」のマネージャーとして活動しており、1932年までは自身もドライバーとして走っていました。しかし、「アルファコルセ」がレース活動を行わなくなったことから、それまで自身で運営していたチーム「ソシエタ・アノニーマ・スクーデリア・フェラーリ」をアルファロメオのセミワークスとしてレースへと参加させたのがフェラーリの起源です。

  • alfa4

1933年にはセミワークスとしてです「アルファロメオ・P3」を投入したスクーデリア・フェラーリですが、1933年には11、1934年には18、1935年には16のレースで勝利しています。ドライバーの中には「タツィオ・ヌヴォラーリ」、「ルイ・シロン(ブガッティ”シロン”の由来となった人物)」も含まれ、「アルファロメオ・P3」全体で見ると46もの勝利をあげた、という記録が残っています。

  • alfa3

今回、グッドウッドフェスティバル2018のオークションに登場する個体はシャシーナンバー「5007」もしくは」「50007」で、「リチャード・シャトルワース」によってドライブされたマシンです。「エンツォ・フェラーリ」がアルファロメオ在籍時代にセミワークスチームとして走らせたレーシングカーとして知られるだけに自動車史上高い価値を持つとされ、予想落札価格は最高で7億3,000万円となっています。

  • alfa

ちなみに「エンツォ・フェラーリ」の運営していたセミワークスチームははアルファロメオへと1938年に吸収され、翌1939年に「エンツォ・フェラーリ」はアルファロメオを退社します。その後4年はレース活動を法的にアルファロメオによって封じられており、その後の1947年に「エンツォ・フェラーリ」はようやくフェラーリを立ち上げてレースにカムバックすることになりますが、1950年から始まったF1グランプリにてアルファロメオを破ることになり、その際に「エンツォ・フェラーリ」が口にしたという「私は母親を殺してしまった」という言葉はあまりに有名です。

  • alfa2

Related Post


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

管理人:CIMASHIMA

管理人:CIMASHIMA

幼い頃に近所にあったDR30スカイラインのスーパーシルエット仕様に衝撃を受けて、車の魅力に取りつかれる。その後、行きつけの駄菓子屋のオバちゃんが910ブルーバードnismoバージョンを購入し車好きが加速。そして、憧れだったDR30を免許取得後に購入し、イジって乗り回すもエンジンブローで最期を迎えてしまう。今となっては思い出となるも旧車やカスタムマシンなど、今も気になるマシンは数知れず。そんな世界の名車やカスタムマシンたちの情報をお届けするブログです。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。