【AE86改】F20C搭載レビンフェイス輸出モデルのJDM仕様

この記事は4分で読めます

【AE86改】F20C搭載レビンフェイス輸出モデルのJDM仕様

あわせて読みたい記事:【ランキング】1980年代:人気の国産名車・旧車ーBEST10

あわせて読みたい記事:【ホンダ・S2000 CR】限定59台のモデルがオークションに

あわせて読みたい記事:【DR30型:スカイライン】RS史上最強の最高速仕様スペック

「AE86型:カローラレビン/スプリンタートレノ」は、日本国内においては1980年代を代表するFRモデルであり、今では価格高騰しているものの現在でもチューニングマシンのベースとして人気です。それは、海を渡ったアメリカにおいても同様のようです。


「エクステリアデザイン:JDM仕様」

  • (出典:option.tokyo)

今回の「AE86改」は、エアロパーツを纏い、若干ワイド化されたフェンダーにホイールはレイズ「TE37V」を装着しておりエクステリアデザインは、「JDM仕様」そのもので、日本国内においては定番チューンドスタイルといえるかもしれません。しかし、この日本の定番チューンドスタイルはアメリカにとって「JDM仕様」として施されるカスタマイズということです。その理由として挙げられるのが、実はアメリカで売られた「AE86型」は、リトラクタブルライトのトレノ顔しか存在せず、この固定ライトのレビン顔は、純正では存在しないのです。それゆえに「JDM仕様」へとカスタムされていることの証なのです。フロントフェイスを「JDM仕様」として「レビン」化した他、テールレンズも「JDM仕様」へチェンジしています。

  • (出典:option.tokyo)

カーボンフードはD-MAX製、リアスポイラーはTRD製と、ボディパネルはJDMパーツの使用率が高いといえます。美しさへの追求はシャシー部分にも及んでおり、なんとデフにもペイントを入れているということです。HKSのタービンファンネルの色と合わせて、差し色的にパープルを使っているのです。


「パワーユニット:F20C型」

「AE86」には、オリジナルでは名機4A-Gが搭載されていますが、このカスタムマシンはボンネットを開けると、「ホンダ・S2000」用のユニットの「F20C」型エンジンが搭載されているのです。しかもターボが装着されており、各補機類のレイアウトはひたすらに美しく、「見せる」エンジンルームとしてハイレベルに作り込まれているのです。余分な配線を隠す「ワイヤータック」を施しているのはもちろん、余分な物を省いた時に出来た穴を全てスムージングする「シェイブドベイ」と呼ばれる作業も行い、「目を奪われる」究極のエンジンルームを作り上げています。

  • (出典:option.tokyo)

またメタルパーツは全て美しくポリッシュ仕上げで、「Rywire」製ハーネスキットでワイヤーを纏め、エンジンの造形を際立たせるファブリケーションを行っています。そしてエンジンについていうならば、縦置き4気筒エンジンの中では最もパワフルということで、今アメリカのJDMシーンでは「F20C」型エンジンがベースエンジンとして人気ということです。

  • (出典:option.tokyo)

この「AE86」のように、車体とメーカー違いでもエンジンスワップする事例が増えているということです。そして、アメリカにおいてはエンジンスワップの際にターボ化するというのが定番スタイルとなっているようです。この「AE86」のポテンシャルは、ダイノの実測で最高出力:400psを発生させています。


「インテリアデザイン:JDMオマージュ」

  • (出典:option.tokyo)

ナルディ製ステアリング、ブリッド製のシートにタカタ製のハーネスという、「JDM仕様」ならではの定番のアイテムを組み合わせたインテリアが特徴的です。トランスミッションを「ホンダ・S2000」の6速をそのまま移植しています。

  • (出典:option.tokyo)

そのためにシフト出口の位置周辺は綺麗に作り直されています。ECUはハルテック製で、それに合わせてメーターもハルテックもクラスタータイプに交換されています。追加メーターにはAEMなどUSパーツも使用しているようです。


「カーショー受賞カスタムマシンの今後」

この「AE86」は、日常的に走りを楽しむようなクルマでは無く、カスタムカーとしてその存在をカーショー等でアピールするのが主目的とはいえ、この作り込みは他を圧倒しています。いまアメリカの「JDM」系カーショーでは、ただ綺麗なだけのクルマではトロフィーを獲得できない時代に入っているようです。このカスタムマシンのようにエンジンを始めとするメカニカルパートにもしっかりと手を入れ、チューニング度合いの高さもしっかりアピールすることが重要なのです。最近ではそこにパワーチェックの実測グラフを添えるのも定番化していて、「本物」であることのアピールは不可欠になっているということです。この「AE86」も、エンジンパートを手掛けたのは『フォーミュラD』のマシンも製作するショップということです。またこの「AE86」は、カーショーに出せば必ずアワードをゲットする有名車となり、瞬く間に30個近くのトロフィーを獲得しているということです。しかし、ここまで仕上げてもまだ完成ではなく、今後も仕様変更をプランニング中だというで、この後のカスタマイズがきになるところです。


スペック」:詳細

(出典:option.tokyo)

◾️エンジン:F20C換装、HKS・GT3037タービン、HKS・GT2ウェイストゲート、JSP・カスタムパイピング、HKS・インタークーラー、Setrab・オイルクーラー、ハルテック・ECU

◾️ドライブトレイン:S2000用6速ミッション、OS技研・ツインプレートクラッチ、カスタムドライブシャフト、スープラ・マーク1リアエンド、OS技研・2wayスーパーロックLSD

◾️フットワーク:グレッディ・タイプS車高調、ナギサオート・シャキットプレート、植尾スタイル・コントロールアーム、クスコ・テンションロッド、タナベ・スタビライザー、F:エンドレス・ビッグブレーキキット、R:スープラ・マーク1

◾️ホイール:ボルクレーシング・TE37V(F:15X9J-15、R:15X9.5J-25)

◾️タイヤ:NITTO・NEO GEN(F:205/50/15、R:215/50/15)

◾️エクステリア:JDM後期レビン顔移植、D-Max・カーボンフード、D-MAX・Fフェンダー、TRD・リアウィング、JDMテールデンズ、リアディフューザー

◾️インテリア:ダッシュ&内装スエード張り替え、ブリッド・シート、タカタ・ハーネス、クスコ・6Pロールケージ、ハルテック・レースパッククラスターメーター

Related Post


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

管理人:CIMASHIMA

管理人:CIMASHIMA

幼い頃に近所にあったDR30スカイラインのスーパーシルエット仕様に衝撃を受けて、車の魅力に取りつかれる。その後、行きつけの駄菓子屋のオバちゃんが910ブルーバードnismoバージョンを購入し車好きが加速。そして、憧れだったDR30を免許取得後に購入し、イジって乗り回すもエンジンブローで最期を迎えてしまう。今となっては思い出となるも旧車やカスタムマシンなど、今も気になるマシンは数知れず。そんな世界の名車やカスタムマシンたちの情報をお届けするブログです。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。