【A60型スープラ】500PSの2JZ搭載の輸出仕様セリカXX

この記事は3分で読めます

【A60型スープラ】500PSの2JZ搭載の輸出仕様セリカXX

あわせて読みたい記事:【ランキング】1980年代:人気の国産名車・旧車ーBEST10

あわせて読みたい記事:【ワイルドスピード】劇中車両のインテグラGSRのスペック・価格

あわせて読みたい記事:【湾岸ミッドナイト】S30悪魔のZの仕様・ベースモデルS130

1980年代を代表する日本の名車「トヨタ・セリカXX(A60)」。北米市場では初代モデルから「スープラ」の名が与えられ、セリカよりもグレードの高いクルマとして人気でした。


「トヨタ・セリカ XX 2800GT」:スペック

  • 全長×全幅×全高:4660mm×1685mm×1315mm
  • ホイールベース:2615mm
  • エンジン:直列6気筒DOHC
  • 排気量:2759cc
  • 最高出力:170ps/5600rpm
  • 最大トルク:24.0kgm/4400rpm
  • 10モード燃費:9.0km/L(5MT)
  • サスペンション:ストラット/セミトレ
  • 車重:1235kg
  • 当時の価格:232万3000円
  • 登場年:1981年
  • 0-400m加速:16.09秒
  • 0-100km/h加速:9.98秒

「アメリカでのA60型セリカXX」

あわせて読みたい記事:【セリカLBターボ グループ5】伝説のシュニッツァー仕様の軌跡

アメリカのユーザーは40/50系を「マークⅠ」、60系を「マークⅡ」と呼んで区別しており、とりわけスタイルのいいマークⅡはファンが多いモデルです。日本仕様の60系セリカXXと北米仕様のスープラ・マークⅡを識別するポイントはいくつかあるが、最も目に付くのはファイバー製のフレアフェンダー。このフレアフェンダーはスープラの中でもPタイプと呼ばれるグレードの専用装備(もう一つのグレードであるLタイプは、日本仕様と同じノーマルフェンダー)。ちなみにPタイプとは「パフォーマンス・タイプ」の意味を持ち、ホイールも専用のPタイプホイールと呼ばれるデザインの物が装着されています。


「トヨタ:A60型スープラ改」:エクステリア

あわせて読みたい記事:【DR30型:スカイライン】RS史上最強の最高速仕様スペック

今回、紹介するカスタムマシンはPタイプホイールにこだわった特別なモディファイを施しています。純正Pタイプホイールのデザインをそのまま大径ホイールとして特注オーダーホイールとしています。

この特注ホイールを製作したのは、ホットロッドの世界で頂点に君臨するボイド・コディントン。フロントが17インチの8J、リアにいたっては18インチの10Jというサイズ。

このホイールによってフレアフェンダーを持つPタイプのボディに綺麗に収まっています。前後異径サイズとすることによって日本製GTスポーツというより、アメリカン・マッスルカーのスタイルに。

鍛造アルミから削り出された贅沢なホイールはスポークとアウター側のリムはポリッシュ加工され、スポークの側面はあえて荒い切削感を残しているのがポイント。センターキャップまで削り出しで作られている。ブレーキはトラック用のアダプターを流用し、前後ともウィルウッドのキャリパーを装着。


「インテリア」:オリジナルを残したカスタム

あわせて読みたい記事:【トヨタAE86ブラックリミテッド】限定車のスペック・特徴・価格

インテリアは、ステアリングや追加メーター、スポーツシートなどのカスタマイズが見られるもののオリジナルを残したカスタム。スピードメーターはマイル表示とキロ表示が刻まれています。


「パワーユニット:2JZ」:500PS仕様

あわせて読みたい記事:【トミーカイラ・M30】日本初コンプリートのR31スカイライン

このカスタマイズされたスープラのボンネットの下に収まるパワーユニットは、北米モデルには設定のない2JZ型ターボです。

さらに最高出力は、500psを発するチューンド・ユニットとなっています。そして、チューニングはオーナー自ら施しており過去にスープラ・マークⅡへの7M型換装を行った経験を活かして、2JZ型換装を行なったようです。配線作業に苦労し、その完成には1カ月を要したということです。足回りやブレーキ部分は流用パーツを駆使し、エンジンチューンも北米系メーカーのパーツを数多く投入。

本来カリフォルニアでエンジンスワップは違法だが、このスープラは異なるエンジンの搭載が認可されており、コーションラベルにもそれに関する記述がある。


「トヨタ:A60型スープラ改」:スペック

  • 年式:84年式 
  • エンジン型式:2JZ-GTE型
  • エンジンチューニング内容:HKS264度カム/680ccインジェクター/BOSCHフューエルポンプ/TIALウェストゲート/プレシジョンターボPT6266DBBタービン/MAP-ECU2コンピューター/KOYOラジエター/ワンオフインタークーラー/マグナフローマフラー
  • 駆動系:R154ミッション/OS技研STRツインクラッチ/トゥルートラックデフ
  • 足回り:F:MR2用KYBストラット改&QA-1コイルオーバー/R:フォード・フォーカス用KYBショック&強化スプリング/強化スタビライザー/ウレタンブッシュ/Kmacキャンバープレート/キャンバー調整済みリアクロスメンバー
  • ブレーキ:ジム・キングブレーキアダプター/ウィルウッドキャリパー
  • タイヤ:ハンコック VENTUS V12 evo F:245/40/17 R:295/35/18
  • ホイール:ボイド・コディントン製Pタイプホイール F:17×8J R:18×10J (※特注品)
  • インテリア: INNOVATE A/Fメーター/バキュームメーター/ターボタイマー/ブーストコントローラー/ボストン・アコースティック・スピーカー/ロックフォードアンプ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

特集・まとめ

ランキング記事

エンターテイメント

カテゴリー

管理人:CIMASHIMA

管理人:CIMASHIMA

今となっては思い出となる旧車やカスタムマシンなど、今も気になるマシンは数知れず。そんな世界の名車やカスタムマシンたちの情報をお届けするブログです。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。