【911カレラ2.7RS】ポルシェ史上最も人気・価格が高い秘密

この記事は2分で読めます

【911カレラ2.7RS】ポルシェ史上最も人気・価格が高い秘密

あわせて読みたい記事:【湾岸ミッドナイト】S30悪魔のZの仕様・ベースモデルS130

あわせて読みたい記事:【日産:C10型・ハコスカ輸出仕様】 2400GTの価格・仕様

あわせて読みたい記事:【ランボルギーニ・ミウラ】映画ミニミニ大作戦の劇中車のスペック

1972年、ポルシェは史上最も高い人気を誇ることとなる911をデビューさせた。それが「ポルシェ・911カレラ2.7RS」。クラシックカー・ディーラーである「ヘクサゴン・クラシック」の「ジョナサン・カイザー」氏は次のようにコメントしています。「2.7RSの世界的な需要はとてつもなく大きなものです。ついこの間、2.7RSツーリングを45万ポンドで売ったばかりで、それでも標準的な開始価格に過ぎません…」「ポルシェ」のスポーツカーにカレラの名が最初に使われたのは、1950年代終わりから60年代初めのことです。カレラは「レース」を意味するスペイン語で、1954年のカレラ・パナメリカーナでポルシェ550がクラス1、2フィニッシュを果たしたことにちなんでいます。「RS」は、モータースポーツを意味するドイツ語の「Rennsport」から来ている。「カレラRS」というのは、まさに最高の車にふさわしい名前と言えるでしょう。
そもそも「RS」は、「ポルシェ」のGTレース参戦のため、ホモロゲーション取得を目的に開発されました。それにはロードカーとして500台を製造・販売する必要があった。当初ポルシェAGのマーケティング部は、通常より装備の簡素な911に大枚をはたく者などいないと考え、計画に反対した。しかしありがたいことに、最終決定権を持っていたのはエンジニアとモータースポーツのチームだった。「カレラRS」は、当時の911Sをベースに、それを大きくモディファイして誕生しています。まず、2.4Sのエンジンを排気量:2687ccに拡大。シリンダーが太くなり、ニカシルメッキによって摩擦を現象。出力も、Sの190bhpから210bhpに向上させています。
しかし、「RS」を真に生まれ変わらせたのは、パワーではなく徹底した軽量化でした。ルーフ、フェンダー、ボンネットはより薄いスチール製になり、窓ガラスも薄いものになった。車内も、後部座席を排除し、フロントは軽量のバケットシートに。ドアパネルもシンプルなものに変わった。ボディは、ホイールアーチにわずかなフレアがつき、ダックテールスポイラーをオプションで装備。「Carrera」のサイドデカールも人気のオプションでした。
マーケティング部が間違っていたことはすぐ証明された。RSが1972年9月に発表されると、500台はすぐに完売。そのため、1973年7月まで生産が続けられ、総計1580台が製造された。後期の車には、ボディパネルやガラスが標準仕様のものもあるが、これは軽量なパーツが底をついてしまったための苦肉の策。「ジョナサン・キーツ」は次のようにコメントしています。「このモデルの市場は小さく、購入者はスポーツカーに精通しています。ですから、完璧な状態で、ナンバーが合致し、経歴も良いものでなければなりません。価格は今後も上がり続けると思います。」

その言葉を裏付けるように、最近のオークションでは「ポルシェ・911カレラ2.7RS」が140万ドルで落札されています。

RelatedPost


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

特集・まとめ

ランキング記事

エンターテイメント

カテゴリー

管理人:CIMASHIMA

管理人:CIMASHIMA

幼い頃に近所にあったDR30スカイラインのスーパーシルエット仕様に衝撃を受けて、車の魅力に取りつかれる。その後、行きつけの駄菓子屋のオバちゃんが910ブルーバードnismoバージョンを購入し車好きが加速。そして、憧れだったDR30を免許取得後に購入し、イジって乗り回すもエンジンブローで最期を迎えてしまう。今となっては思い出となるも旧車やカスタムマシンなど、今も気になるマシンは数知れず。そんな世界の名車やカスタムマシンたちの情報をお届けするブログです。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。