【25年ルール解禁車】2021年から価格高騰の日本車のスペック

この記事は3分で読めます

【25年ルール解禁車】2021年から価格高騰の日本車のスペック

あわせて読みたい記事:【ランキング】1980年代:人気の国産名車・旧車ーBEST10

あわせて読みたい記事:【ニスモ 400R】R33型GT-R限定モデルのスペック・価格

あわせて読みたい記事:【ホンダ・S2000】走行距離54kmの新車の今の購入価格とは

アメリカの25年間の輸入規制、通称「25年ルール」でクラシックカーとして認められた右ハンドル車が輸入解禁されるという事で「日産・スカイラインGT-R(R32型)」などアメリカで日本の80年~90年代のスポーツカーがフェラーリ並みの扱いを受けて大人気ですが、2021年1月1日からこの25年ルールが新たに適応される日本車が出てきました。流石に「スカイラインGT-R」の様な価値は付かないと思いますがアメリカではとても貴重なクラシックカーなので価値は上がる事が予想されます。


「日産・ステージア」

あわせて読みたい記事:【ワイルドスピード3】劇中車両のR33GT-Rのスペック・価格

スカイラインのステーションワゴン版とも言われるステージア。R33スカイラインと多くの共通パーツを使用し、一部モデルではスカイラインGTS-Tの2.5リッターシングルターボエンジンの5速MTモデルもあります。


「日産・ステージア」:概要

あわせて読みたい記事:【R33スカイラインGT-R】ヴェイルサイド仕様・価格スペック

日産ローレル系のシャシーコンポーネンツをベースにしたステーションワゴンがステージア(STAGEA)。高性能シャシー&エンジンによる高レベルの走りと、かっちりとしたボディワークによる高いユーティリティ性を合わせ持つ。スポーティ性を強調したRSシリーズと、カジュアルなX&Gシリーズの3タイプに大別できる。今回新たに、木目調コンソールパネルやアルミホイールを標準装備しているX系グレードに2Lエンジンを採用した「20X」と、25RSにシンクロモードが付きフルタイム4WDシステムを搭載した「25RS FOUR」が追加された。また、「オーテックバージョン260RS」は280馬力の2.6Lターボエンジン(RB26DETT)、ブレンボ製ブレーキなどを採用し走行性能を高めたほか、専用のBBS製鍛造アルミホイールやエアロパーツを装備した特別チューニング車である。5速マニュアルのみ。


「ロータスエリーゼ(フェイズ1)」

あわせて読みたい記事:【雨宮ロータスヨーロッパ20B】3ロータリー搭載のマシンスペック

コンセプトは、徹底した軽量化によって走行性能を高めることです。そのため、エアコン、パワステなどは装備せず、室内も内張シートなど簡素化して、僅か690kgを実現しました。ローバー・18K4Fエンジンを搭載した右ハンドルモデル。当時はトヨタではなくローバーのエンジンを積んでいました。


「トヨタ・MR2スパイダー(MRスパイダー)」

あわせて読みたい記事:【MR2ブラックリミテッド】100台限定モデルのスペックと価格

トヨタテクノクラフトが作った超希少車で多分一番盗難率が上がる車です。TRD=トヨタ・レーシング・ディベロップメント。かつては、赤の地に白の抜き文字のステッカーを貼ったトヨタ車をよく見かけたもの。いやむしろトヨタ車オーナーなら、TRDステッカーはマストだった。そんなTRDが1996年2月に限定100台で発表・発売したのが、SW20型MR2をフルオープン化した「MRスパイダー」でした。MR2にはタルガトップがラインアップされていたが、TRDによって完全なオープントップにモディファイされた特別なMR2がごく少量製作・販売された。それが「MRスパイダー」。エンジンはノーマル(NA)だが、フルオープン製作には特装車を作り慣れたTRDのノウハウが存分に注ぎ込まれた。5速MTのほか4速AT車もラインアップ。前後のタワーバーやマフラーなどもオプション設定された。総生産台数は92台と言われている。92台のみ作られた貴重なスパイダーモデルでMT仕様はわずか20台しか作られませんでした。ちなみにMRスパイダーは、完成車両をトヨタテクノクラフトに持ち込んでルーフをカットするという作業を実施。生産台数はプロトタイプ3台、III型74台、IV型7台、V型8台の計92台で、プロトタイプを除く89台が販売。そのうち2台だけターボチャージャーモデルだったようです。

「MRスパイダー」:スペック

  • ボディサイズ:全長4170×全幅1695×全高1235㎜
  • 車両重量:1260kg
  • 乗車定員:2名
  • エンジン型式・形式:3S-GE・直4DOHC
  • エンジン総排気量:1998㏄
  • エンジン最高出力:170ps/6600rpm
  • エンジン最大トルク:19.5kgm/4800rpm
  • 駆動方式:MR
  • サスペンション形式:前後ストラット
  • ブレーキ形式:前後Vディスク
  • タイヤサイズ:前195/55R15・後225/50R15
  • 販売価格(当時):307万円

「三菱・ランサーエボリューションIV」

あわせて読みたい記事:【さかなクン】愛車は三菱の旧車という車マニアその経歴もすごい!

日本のスポーツカー、ランエボIVも25年ルールが解禁されます。「ランエボIV」に搭載エンジンは4G63型 2L直4DOHC+ツインスクロールターボで、280馬力/36.0kgmを発揮。トランスミッションはクロスレシオ5速MTに加え、さらに各ギアレシオを接近させたクロスレシオ5速MTを設定する。フロントはトレッドを拡大したストラット、リヤはダブルウィッシュボーンタイプのマルチリンク式を採用している。競技用ベース車両となるRSは、世界初のトルク感応式ヘリカルLSDを装備する。また、トルクを左右にアクティブに配分する制御方式のAYC(アクティブヨートルクコントロール)をリヤデフに備える。5ナンバーサイズに収まるボディに、GSRエボIVはサイズアップされた、16インチホイールを装着する。

「三菱・ランサーエボリューションIV」:スペック

  • 全長×全幅×全高:4330×1690×1415mm
  • ホイールベース:2510mm
  • 車重:1350(1260)kg
  • エンジン型式・種類:4G63インタークーラーターボ・DOHC[16V]直列4気筒
  • 排気量:1997cc
  • 最高出力:280ps/6500rpm
  • 最大トルク:36.0kgm/3000rpm
    ※( )内はRS

他にもトヨタクラシックなど25年ルールが解禁される車が出てきます。日本ではゴミみたいな価値しかなくてもアメリカではクラシックカーとして価値がある車が沢山あるようです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

芸能人

特集・まとめ

ランキング記事

管理人:CIMASHIMA

管理人:CIMASHIMA

今となっては思い出となる旧車やカスタムマシンなど、今も気になるマシンは数知れず。そんな世界の名車やカスタムマシンたちの情報をお届けするブログです。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。