【ワイルドスピードX2】ホンダS2000スーキー仕様のスペック

この記事は3分で読めます

【ワイルドスピードX2】ホンダS2000スーキー仕様のスペック

あわせて読みたい記事:【ワイルドスピード】登場車ダッジ・チャージャーのスペック・価格

あわせて読みたい記事:【湾岸MIDNIGHT(ミッドナイト)】悪魔のZに挑んだ名車1

あわせて読みたい記事:【ワイルド・スピード シリーズ】 劇中車両のスペック・車両価格

「ワイルド・スピードX2(原題: 2 Fast 2 Furious)」は、2003年に公開の「ワイルド・スピード」シリーズ第2作。マイアミを舞台に前作『ワイルド・スピード』と同じくストリートレース及びスポーツコンパクトを題材にした車好きを魅了した映画ですが、多くの日本国産のスポーツカーがカスタマイズされており、この映画に登場した車種は、大変人気となっています。そのため、現在は日本から海外へ輸出される中古車も多いようです。


「ワイルド・スピードX2」:あらすじ

以前、LAにて強盗団の潜入捜査をしていたブライアンだったが、彼らとの交流から生まれた友情と、警察官という職業、どちらを取るかに悩み、最終的には、強盗団のリーダーであったドミニクを故意に逃がした上、警察官の職を放棄して逃亡した為、追われる身となっていた。各地を逃亡しつつ、流れ着いた先のマイアミで、ストリートレーサーとして、カリスマ的存在になっていたブライアンであったが、ある夜のレース後に、警官隊によって連行されてしまう。連行された先には、LAでの強盗団捜査の指揮を執っていたFBI捜査官がおり、ブライアンの検挙は、この捜査官の指示によるものであった。これまでの罪を免除する見返りとして、貿易会社を装う麻薬組織の囮捜査を強要されてしまい、ブライアンは、旧友のローマン・ピアースをパートナーとして捜査に乗り出すのだった。


「ホンダ S2000」:概要

ホンダの50周年記念モデルとして発売されたのがS2000。9,000回転回る直列4気筒VTECエンジンをフロントミッドシップに搭載。最高出力は250psを発揮し、リッターあたり125psというレーシングエンジンに匹敵するエンジンを搭載しました。これがS2000専用に設計されたF20Cエンジンになります。ミッションは6速で、36mmという超ショートストロークシフトを実現。これもS2000専用設計です。ボディもこれまたS2000専用設計。「ハイXボーンフレーム構造」という手法を取り入れ、フロア部分にて十分な剛性を確保。オープンカーであるS2000の弱点を補うために開発されたボディで、当時はクローズドボディと同等以上の剛性を確保していました。

9,000回転まで回るNAエンジンとショートストロークミッション、そして高い剛性のボディに前後重量バランス50:50の理想的なレイアウトにより、S2000は過去のどのFRよりも軽快で楽しいスポーツカーとして発売されました。スポーツカーでここまでの専用設計は当時も今も珍しく、各種安全基準や環境基準の規制強化により、今後はさらにこのような専用設計のスポーツカーが国産で発売されるのは難しいことでしょう。エンジン開発者は「もうこんなエンジンは二度と作れません」と語り、回すほどに快感を覚えるエンジンに仕上がっていました。デビューから1年後、S2000にはクイックなハンドリングを提供する可変ステアリングギアレシオ(VGS)を採用した「タイプV」が追加設定されました。その後、2回の小変更を受け、発売から6年後には輸出モデルで先行していた2.2Lエンジンに換装。最高出力こそ10psダウンの240psとなったものの、低速トルクが太くなって扱いやすさは向上。これと同時に、派手なエアロパーツをまとった「タイプS」を追加設定された。そんなとても希少なスポーツカーがS2000なのです。


「ホンダ S2000(AP1型)1999年式」:スペック・価格

  • 全長×全幅×全高(mm)4,135×1,750×1,285
  • ホイールベース(mm)2,400
  • 車重(kg)1,240
  • エンジン:F20C 水冷直列4気筒DOHC16バルブ DOHC VTEC
  • 排気量:1,997cc
  • 最高出力:250馬力 / 8,300rpm
  • 最大トルク:22.2kgm / 7,500rpm
  • 乗車定員:2
  • 駆動方式:FR
  • ミッション:6MT
  • サスペンション形式:(FR)ダブルウィッシュボーン
  • 中古車相場(各型全て):125.0万~732.0万円

「ワイルドスピード×2 / ホンダ・S2000 スーキー仕様」

「ワイルド・スピードX2」に登場した、スーキーがドライブしている、「ホンダ S2000」は、初期型の「AP1型」がベースモデルとなっているようです。

ド派手なピンク色は全米No.1のカスタムペイント フィニッシャー「House of Kolor」社の特注色とのことです。ピンク、スーキーの愛車。エクステリアデザインで注目のエアロは、VeilSide製エアロパーツを装着しています。他はROJA製のアルミホイール。エンジン系統ではNX社製ナイトラス・オキサイド・システムを搭載。

そして、インテリアでは、ホワイトのシート、A’PEX製のEL式追加メーター、モニタリングコンピュータ(架空のシステム)が主なカスタマイズです。

登場シーンとしては、映画の冒頭でのバトルに登場。橋からジャンプした時にフロントスポイラーが外れるものの後に元通りに修復され、終盤でも別の女2人が運転して登場していました。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

特集・まとめ

ランキング記事

エンターテイメント

カテゴリー

管理人:CIMASHIMA

管理人:CIMASHIMA

幼い頃に近所にあったDR30スカイラインのスーパーシルエット仕様に衝撃を受けて、車の魅力に取りつかれる。その後、行きつけの駄菓子屋のオバちゃんが910ブルーバードnismoバージョンを購入し車好きが加速。そして、憧れだったDR30を免許取得後に購入し、イジって乗り回すもエンジンブローで最期を迎えてしまう。今となっては思い出となるも旧車やカスタムマシンなど、今も気になるマシンは数知れず。そんな世界の名車やカスタムマシンたちの情報をお届けするブログです。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。