【007 ゴールデンアイ】ボンドカー「DB5」がオークションに

この記事は2分で読めます

【007 ゴールデンアイ】ボンドカー「DB5」がオークションに

あわせて読みたい記事:【ベイビードライバー】 映画に登場のインプレッサWRXが競売に

あわせて読みたい記事:【西部警察】マシンX:初代大門軍団特殊車両スカイラインジャパン

あわせて読みたい記事:【ダニエル・クレイグ】愛車の「アストンマーティン」の競売結果は

映画「007」シリーズは、世界中の映画ファンに加え、モーターファンも魅了してきた名作です。その「007」の中で活躍する「ジェームズ・ボンド」が、ヘアピンカーブが連続するモナコの危険な山腹の道を駆け抜けたクルマ、1965年型の「アストンマーティン・DB5」がオークションに出品されるとのことです。

  • (出典:twitter.com)

「アストンマーティン」は、オークションに出品されると、高値で落札される車として有名ですが、今回のオークションに出品される個体は、1995年に公開された『007 ゴールデンアイ』で「ジェームズ・ボンド」を演じた「ピアース・ブロスナン」氏は、この個体を操り、悪役の「ゼニア・オナトップ」との3分におよぶカーチェイスを演じました(このシーンの最後は、助手席のボンドガールとの意外なラブシーンでした)。その「アストンマーティン・DB5」は、一部で「究極のボンドカー」とも呼ばれています。競売会社の「ボンハム」によれば、現在のオーナーは2001年に「20万ドル(約2,180万円)」でこの自動車を購入したとのことです。これは、ボンド映画に関連するアイテムとしては過去もっとも高額な一品ではないかと思われます。それは50年にわたって長きにわたり、25作もの作品がある「007」シリーズの歴史のなかでも鮮明なる印象を与えた功績とも言えるでしょう。

そして「ボンハム」は、2018年7月に行われる今回のオークションで、「この名車の落札額は160万~210万ドル(約1億7,400万円~約2億2,900万円)の高値になるのでは?」と予想しているようです。

  • (出典:hypebeast.com)

この「アストンマーティン・DB5」は6気筒4リッターエンジンを搭載し、ブラックレザーのインテリアや美しいデザインが特徴となっており、現在でも最高時速240kmを誇るスペックの状態のようです。ちなみに、このオークションの収益がチャリティに回らされることはなさそうです。「ランボルギーニ・ウラカン RWD」をチャリティ・オークションに出品したローマ法王の落札分はチャリティーで寄付されたようです。オークションがうまくいけば、現在のオーナーは大喜びすることでしょう。はたしていくらで落札されるのか、「007」ファンと「DB5」のファンは注目していることでしょう。

Related Post


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

管理人:CIMASHIMA

管理人:CIMASHIMA

幼い頃に近所にあったDR30スカイラインのスーパーシルエット仕様に衝撃を受けて、車の魅力に取りつかれる。その後、行きつけの駄菓子屋のオバちゃんが910ブルーバードnismoバージョンを購入し車好きが加速。そして、憧れだったDR30を免許取得後に購入し、イジって乗り回すもエンジンブローで最期を迎えてしまう。今となっては思い出となるも旧車やカスタムマシンなど、今も気になるマシンは数知れず。そんな世界の名車やカスタムマシンたちの情報をお届けするブログです。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。