「スター・ウォーズ」 1作目は1977年の今日、公開されました

この記事は1分で読めます

遠いはるか彼方の銀河系で…。

A Long time ago in a galaxy far,far away…

というテロップから始まるジョージ・ルーカス監督の名作「スター・ウォーズ」の記念すべき第1作目は、1977年5月25日に初公開されました。

圧倒的なスケールで描かれる映像に目が向きがちですが、家族の在り方を描いた作品でもありました。

広大な大宇宙を舞台に父と子との関係、若者の成長なども描かれていますよね。

スポンサーリンク

 

でも、なぜ「エピソード1」からではなく、「エピソード4」から公開されたのか?と思いますよね。

x-wing-fighter-1141376_640

  • 「エピソード4」から公開の理由

1:まずは1作目の映画としての商業的な成功がなければ、シリーズ化できないという点にありました。

2:「冒険活劇」は、失敗しないという映画界の定説をうけ、完成度が高かった「エピソード4」は、成功するという革新という点です。

3:「エピソード1」「エピソード2」「エピソード3」は、当時の映像技術と予算で制作不可能だったためです。

これらの理由によって「エピソード4/新たなる希望」から公開をはじめたのでした。

シリーズとしては、2005年公開の「エピソード3/シスの復讐」をもって完結しました。

 

toy-930614_640

  • なぜ続いているのか?

2012年10月に「スター・ウォーズ」シリーズを制作していた「ルーカスフィルム」を「ウォルト・ディズニー・カンパニー」が買収したからです。

これによって配給会社も「20世紀フォックス」から「エピソード1-6」は、「ウォルト・ディズニー・スタジオ・モーション・ピクチャーズ」となりました。

star-wars-1084773_640

しかし、制作は「ルーカスフィルム」が担当し「スター・ウォーズ」シリーズの流れは、そのままとなっています。

この買収や制作方針によって「エピソード7/フォースの覚醒」が2015年に公開され、「エピソード8」は2017年公開予定、「エピソード9」は2019年公開予定となり全9部作の予定となっています。

 

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

NEWS そうだったのか!

まとめ記事

ランキング記事

旧車

プロフィール

プロフィール

名前:シマシマ 
出身:福岡(1979年生)

博多の豚骨ラーメンと博多明太子で育ち、自然界に興味を持ち、島の生活に憧れ、国境の島「対馬」に移動。現在、「自営」を行なっており、家族で島の美しい海や山、面白い動植物に囲まれ、島のライフスタイルを楽しんでいます。車やバイクも好きなので趣味で遊んでいます。島のライフスタイルや気になる情報などをご紹介しています。